【徴兵制】

1.各国の徴兵制の有無についてまとめて教えてください
  ★アメリカは「制度はあるが停止中」なんでしょうか?
  ★英仏は廃止されたんですよね?
  ★インドや中国にはあるのでしょうか?
  ★イスラエルは女子も徴兵されると聞きましたが?
  ★韓国は良心的徴兵忌避が×でドイツは○。
   では台湾・ロシア・スイスは?
  ★オーストラリア・カナダ・スペインは?

2.韓国が徴兵制を採用している限り、
  絶対に経済的に日本に追いつけないと思います。
  (若年層の有為な教育期間を無駄にするため)

  経済成長の阻害要因としての徴兵制のデメリットについて、
  ドイツや韓国では議論にならないのでしょうか?
  ドイツなどは東西統一したのですから、そろそろ徴兵制を
  廃止してもいいと思うのですが。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 50 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2006/06/15 20:15:03
※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。

回答12件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
アメリカ konchan1172006/06/08 20:38:55ポイント2pt

アメリカでは、ベトナム戦争後に徴兵制(draft)がなくなりました。しかし、のちにまた制度が変わりました。

SSS(選抜徴兵局/義務兵役サービス)への登録は18歳~26歳のアメリカ市民、永住権保持者、米国に不法滞在している全ての男性に課された義務です。

登録しないと250,000ドルの罰金、または5年間の禁固刑になる可能性があります。

しかし、登録率は90%ほどとありますので、実際に罰せられるケースは多くないか、軽微な罰金で済んでいるのでは?

また、非登録者は奨学金もうけられない(登録が受給条件とされている)ようですし、連邦政府関係への就職も不許可、31才まで市民権を取得できなくなります(市民権取得以前の5年間で法律違反を犯していると取得要件を欠くため)。

この登録は政府が「これだけの人的資源がある」ということを確認するためのモノで(かの国には戸籍制度がないので、こういう事をしないと把握ができない)、実際ここの登録者から徴兵を行う法律が整備されていません。

そのため、登録しても徴兵される可能性は現段階では全くありません(将来的にこの部分の法整備が絶対なされないという保証もありません。しかしその可能性は多数の予備役を抱えていることや社会的なインパクト、経費の面から高いモノではないと思われます)。

現段階では「将来的に徴兵制度を復活させなくてはいけないかもしれないので、その下地だけは活かしておこう」という程度のものです。

大江志乃夫氏より (1980年) takokuro2006/06/12 19:57:04ポイント1pt

1980年2月7日、関西経済連合会会長、住友金属工業会長、日向方斉が非常時に対しての徴兵制研究の必要性を発言。

6月12日、アメリカ上院が平和時の徴兵登録制度復活法案、可決、成立。ベ戦終了後、徴兵制廃止したものの、ソ連のアフガニスタン侵攻を機に復活。

伝統的に志願制をとっているアメリカが徴兵登録制(登録=待機、選抜)という実質『徴兵制』をとったことでアメリカの軍事戦略“新冷戦体制”という国家戦略路線の追求がスタートされた。

この路線に沿って、アメリカは日本の軍事力増強を性急に要求し始める。80年5月、防衛庁予算の概算要求枠を大きくとらせるため、大平首相にカーターは財政再建を国民へのフラッグにして大蔵省に厳しい抑制予算編成をたてさせ、、大蔵省と防衛庁との合意が成立された。

吉田首相が避け続けてきたが、角栄さんがアメリカに葬られたのを機に!!アメリカの日本内政干渉はあからさまになり、80年代の日本は軍備拡張へ踏み切らされた。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません