「社内はてな(人力検索)」って実際の会社では運用できないのでしょうか?

 役員を含む会社と委任・雇用・請負契約を結んでいる報酬・賃金を学歴・勤続年数・年齢など無視して、同じにする。->これを「基本給」と定義しよう。
 ほんで、仕事の内容で分からない事があれば、「社内はてな(人力検索)」に質問する。当然、ポイントは、基本給から引かれる。
 勿論、質問に答えた人は、ポイント(割り増し報酬・賃金)を貰える。
 知的財産で仕事をしている職種(IT関係・大手弁護士事務所・医療関係など)では、有効に利用できると思う。
 もし、こんなシステム導入したい!って会社があれば、「株式会社 はてな」には、企業コンサルティング部門が出来てもおかしくない。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2006/06/20 11:10:03
※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。

回答21件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
カンブリでやってたよ ブラザー工業が使っています。 take4xp20062006/06/13 14:55:04ポイント2pt

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/bn/060508.html

が、URLです。ビデオで見ればわかるよ

恥ずかしいです ysskondo2006/06/13 15:40:35

 「はてな」を使っていると、ふと思い付いたんです。

 私は、プログラマーですけど、初心者とベテランでは、目的のハード、ツール、関数、クラス、クラスのプロパティーやメソッド、などを探している時間が全然違うんですね。

 これは、Webでの検索速度でもツールのオンラインヘルプ内でもです。

 ほんで、入社したときから、会社に貢献できる知的財産がある人には、正しく利益分配が出来たら面白いのになぁって思ったんです。

 やっぱ、ありましたか!

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません