【はてな改革案】

先日、あるユーザー様が推定約16万ポイントを持って退会、という事態が生じ、特に回答者の皆様の間で波紋が生じています… 
http://q.hatena.ne.jp/1157720943 

それでこの件のシステム上の解決策を含め、はてな様も潤い回答者皆も潤い質問者皆も納得、のような、はてな改革案を募集します。:-) 

【以下のルールを注意深くお読みください】
・お一人様一いわしです。よくよくお考えの上お書き込みをお願いいたします。
・誰かの意見を同意/敷衍ないし拡張という場合は返信でお願いいたします。
・絶対条件は、はてな様が潤う、ということです。それ以外のご意見は所詮机上の空論でしょう… 
・改革は不可ないし無意味、というご意見は今回はご遠慮いただければ助かります…
・最低100ユーザー、できれば1000ユーザー以上の声を提示できないものかと考えています。
・小生は言いだしっぺとして100Pを投げ銭します。心ある皆様の乗っかりをどうぞ宜しくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2006/09/15 13:40:14

回答34件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
【はてな民意評議会】 ElekiBrain2006/09/12 17:44:22ポイント1pt

(1) はてなにスタッフ側に採用してもらいたい案件を、まず金権が絡まない掲示板タイプの「はてな評議会掲示板」によって協議。この協議掲示板はいるか賞が5個以上~10個以上の人間が参加できるものとする(即ち、ある程度のバランス感覚や、要点を絞る観点を持てる人物のみが参加できる)。なぜ少数に絞るかというと、多数決やあらゆる意見を取り込みすぎて重点がが絞られなくなる問題を回避するためである。

(1) の問題点。協議が冷静な目を持つ方々だけで行われるのは好ましいが、裁ききれない件数が上がったときの負担増は計り知れない。また、この意見自体が一般ユーザーと「いるか」の多いユーザーの差別化を図っているような印象を与える。


(2) あらかじめ選出された筆記係が「はてな評議会掲示板」の「評議会意見書まとめサイト」を作成。

(2) Wikiで行うのが好ましい。しかし、Wikiの場合だと、今のはてなには採用されていないため、完全にはてな外での作業となる。これは「はてな」という会社の立場からするとあまり好ましいことではない。もし「はてな」サイドがWikiを提供してくれるのであれば話は別。このときにポイント消費で書きこめるようにする手もある。

逆に、個人が「まとめサイト」を構築するにしても、検閲機構が働かなければならず、度重なる評議会の検閲を通すことによって作業効率が低下する。


(3) 更に出来上がった意見書を詰めるために一般ユーザーに意見書の是非を問う。URL参照として「評議会意見書まとめサイト」を参考にして頂く。協議した内容に対してあまりに批判的な意見が集中した場合は、スタッフに挙げるまでもなく、すぐにでも却下。

(3) ここは当然あって然るべき。ただし、意見書がまとまった時点で骨子がブレることがないため、民意が繁栄されにくい(あまりユーザーの声を取り入れすぎると、意見書が白紙に戻る)。


(4) はてなスタッフに出来上がった案を上げる。

しかし、私独自の意見を言うならば、ユーザーが即座に実行できそうな件に関しては、ユーザーが対応してゆくようにする。新参の方で、こうしたユーザー間の暗黙ルールが分からない方がいらっしゃったら、「意見書まとめサイト」のURLを参考にして頂くように誘導する(複数人で、副管理人扱いとして活動)。

(4) ここが一番きつい。基本的にボランティアでどこまで参加する人がいるのか、という疑問がまず一番最初に頭をもたげる。


全体の問題点:

このやり方ですと、一部の人が相当な負担を負わなければなりません。またお気づきだと思いますが、文中には最初からはてなの承認が必要なものがいくつか存在します。

また、このような「はてなユーザー共同体(労働組合的集合体)」ともいえる内容が、「はてな」とユーザーの更なる分離をもたらすことも否定できません。

これらが「はてな」管理下で行われる場合でも、企業としての「はてな」の意図が介入しないとは限りません。即ち、管理しきれないから却下、など(今でもそういう面はありますが)。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません