いわしですみません。

JR線で
駆け込み乗車が絶えない某ターミナル駅があります。
そこの駅員さんは「危ないのでやめてください!!」と怒鳴っていますが、
何しろそんな声を聞いていてこっちが気分が悪いですし
列車が今すぐ発車するのをわざわざ教えているみたいで
心なしか逆効果に思えてなりません。

比較的頻繁に列車がやってくる路線では
「次は○分後に参ります、しばらくお待ちください」
あるいは
「次の列車は○分後の○○行きです、しばらくお待ちください」
といったアナウンスにしたほうが目的達成のためによっぽど乗客の心理にかなっていると思うのですが、皆さんはどう思われますか?ご意見をお聞かせ下さい。
鉄道関係の方のご意見があれば特に歓迎致します!

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2006/10/20 02:20:03

回答37件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
スローライフには駆け込みがない Im_Me2006/10/13 09:10:24ポイント2pt

出張が多いので、ローカル線に乗ることが多いです。

そうすると、駆け込みがありません。

一時間の内に何本もの電車があるわけでなく、一本を逃すと1時間、2時間後なんてザラ。それなのに。

問題は、駅員さん、もしくは改札なんですよ。

ローカルや田舎の改札では、駅員さんが人手不足もあって改札を特定の時間しか空けず、締めちゃう事も多いです。

その際に、駅員さんがどこに行くのか聞いてくれて、何分後だよとか、ホームに入っていた場合、駅員さんが判断して閉まっていた改札を空け、車掌に連絡をして止めてくれていたり。

勿論全てを都会に適用はできないかもしれませんが、分かりやすい表示を心がける事はできると思うんですよね。

ましてや何本もくるなら次の時間を示せばいいだけだと思います。

問題は、「次が何時来るか」という不安感(表示の問題)と、「まだ間に合う」ですよね。

改札に次の電車の情報を表示して、改札から「駆け込み」に繋がるような時間しかない情報は表示しない。点滅なんて以ての外。

また、発車時のベルやアナウンスを必要最低限にして、音楽を流すと良いとも読んだことがあるのですが、ちょっとソースが見つかりませんでした。

(曲も選ぶ必要があるでしょうが)

乗る人の気持ちを安心させ、リラックスさせる事を前提にすれば駆け込む気もおきない…んじゃないかなぁ

同意します。心理面はずいぶんと大きいと思います。 pkb_wn2006/10/14 16:11:26

有難う御座います。

確かに、地方の駅では列車ごとに改札時間を決めている所が多いですね。

こ線橋がない駅も多いですし、都会より切迫した安全面重視もあるのかもしれません。

それから駅まで自家用車で来たり、駅までのバスの本数が少ないことも

それぞれ余裕のある時間を作ることができるのかもしれません。

お書きになられたように、都会の駅では駆け込みを煽ってしまう表示やアナウンスをいろいろ見かけます。

このような分野の心理学的研究をいろいろされていると思い(思いたい?)ですが、

最近よく実施される「社会的実験」と銘打ってぜひやってもらいたいものです。

医療と大量交通機関は、事故が怖いしなかなか保守的になってしまう業界のようですが...。

通勤通学時間を1分1秒でも短縮するサービスから

安全・安心・快適な通勤通学時間を求める質的変化を次世代に求めたいです。

個人的な例ですが、東海道新幹線の数分のスピードアップのために2階建て構造の食堂車が無くなってしまった(時代がゆとりを無くしたこと)が象徴的です。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません