高校3年女の子です。本人は名古屋大学・理学部・化学科を希望しています。就職先を調べると約70パーセントが大学院となっています。これは就職先が無いという意味でしょうか。親としては医学部に進んでほしいのですが。今後どのような学部(学科)が就職等に有利なのか悩んでいます。受験校決定まで、余り時間がありません。何か助言頂ければ非常に助かります

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 500 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2006/11/26 12:10:03
※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。

回答40件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
お嬢さんが何をしたいのかを話し合うのが一番 NON_NON2006/11/19 18:36:24ポイント6pt

理学部だからといって就職が難しいと言うことはありません。大学院進学率が高いのも

理学部では修士をとるのが一般的になっているためで、求人がないという意味ではあり

ません。

医学部の方が職を得やすいというのは一応事実ではあります。しかし、医師になったか

らといって必ずしも高収入になると言うわけではありません。また、医学部に行くと、

医者になる以外のつぶしがきかないため、将来の進路を変更することが難しく、やる気

がなくなって結果的におちこぼれるようなケースもあります。

まずは、お嬢さんと”将来どのような仕事をしたいのか”を話合われるといいのではな

いでしょうか。その時に就職がしやすいとか、生活の安定という視点は(理学部と医学

部の選択に関しては)基本的に考慮に入れなくていいと思われます。

お返事誠に有難うございました karatedou12006/11/19 22:11:16

理学部が修士を取るのが一般的だという事を知りませんでした。自分が臨床検査技師である為、病院では医師が特別な存在であり、かつ収入も2倍と高く、子供が医師になってくれるのが私の夢でした。子供の希望が第一なのか、親の意見を通すのがいいか悩みます。いざ自分の子供となると悩みます。貴重なご意見誠に有難うございます。

そういうことですね。 たーくん2006/11/19 19:49:40ポイント3pt

理学部系は、とにかく本人のヤル気が無いと続きません。

なんせ、物言わぬ自然が相手の商売ですから。

逆に、運が良いと、いろいろな賞に縁があります。

賞の一番の親玉は、何と言ってもノーベル賞ですが、

日本国内でも結構いろんな賞があります。

僕は物理系だったから、化学の賞はよく知りませんが、いろいろあったはずです。

理学部系の大学院進学率が高いのは、理系は院まで行かないと使い物にならないからです。ちなみに、医学部だって医師になるまで最低6年はかかるはずです。

就職先がないから院に進むのではありません。その点はご安心ください。

お子さんは、自分で志望校を決めたのですよね?

だったら、周囲が口を出すべきではありません。

助言は良いですが、「医学部に…」というのは親のエゴ以外の

何者でもありません。

と、K塾のチューターだったら指導していたことでしょう。

ご意見誠にありがとうございます karatedou12006/11/19 22:17:12

自分も指導的な立場にありながら、いざ自分の子供となると、収入や就職の有利な事を優先させたくなってしまいます。貴重なご意見誠に有難うございます。

堅実に生きるか夢に生きるか retorin2006/11/20 00:14:28ポイント2pt

確かに医者になればよっぽどのことがなければ堅実に生きられます。

研究者になりたいのであれば、上の人に頭をたれたりご機嫌取りをする覚悟が必要ですね(研究予算を取るにはいろんなところを駆け回る必要がありますから)。

企業の研究室に入ると、自分の研究したい事とは違う事をやらされて、自由に研究できないことも良くあるとか。

医者の良いところは、人を救えること たーくん2006/11/22 23:43:01ポイント1pt

理学部系で人を救うのは、至難の業ですから。

化学系なら、製薬会社で新薬を創り出す、という道がないわけではないが。


結局、お子さんが好きなことは何なのか、で進路を決めるべきでしょうね。

自然が好き→化学系

人が好き→医・歯・薬系


人間、本当に好きなことなら多少の無理が出来るもんです。

逆に、嫌いなことに大して周囲が「もっとやれ」などと口を出しても、大抵良い結果は生まれません。


だから、何でも、気の持ちようなんですよ。

「ものは考えよう」とも言う。

参考文献:

国家の品格

国家の品格

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません