九々の運命

 
 たとえば、9×9=81 の数値を疑うことは、日常生活を煩雑にし、
きわめて不能率なので、すべての国民に“九々”を教えます。
 ただし、欧米では、ほとんど教えず、丸暗記もしないそうです。
 
 インドでは数学の能才を育てるため、3ケタの“九々”まで教えます。
 ふつうに予想すれば、ソロバン同様いずれ無用になるはずです。
 未来人にとって、何ケタの“九々”までが有効でしょうか。
 
 過去回答
http://q.hatena.ne.jp/1171762957#a682041
 比喩としての“九々”
 
 過去質問
http://q.hatena.ne.jp/1085083249
 数の風景

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2007/02/25 23:30:03

回答21件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
おつりの計算 hidaritomigi2007/02/18 23:50:32ポイント2pt

が電子マネーなどの普及によって将来必要なくなれば、九九も必要なくなるのでしょう。

だって、日々の生活での九九の活用先ってそれくらいしかないですから。

 釣銭の運命 adlib2007/02/19 00:11:36

 単純計算では、釣銭は売上の15倍も用意しなければならないので、

とても厄介な必要悪なんです。おなじ店でも、レジごとに清算すると、

とても複雑な計算をくりかえします。さらにまた検算したりして……。

 

 過去質問

http://q.hatena.ne.jp/1150974069

 タクシーは、いかほどの釣銭を用意すべきでしょうか?

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません