現在、正社員として働いている会社(N社)から「出向」という形でJ社で勤務しているのですが、どうも業務実態として「派遣」のようなのです。


労働条件通知書も無く、社員規則も「帰社しないと見せない&コピーを渡すことも出来ない」と言われ、確認も出来ません。

要すると、「派遣として雇われたくて雇用された訳ではない」として雇用契約を即時破棄したいのですが、どうなのでしょうか?

労働基準法第十五条及び第百六条の不履行を理由に雇用契約の解除を求められるかが知りたいです。宜しくお願いします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 100 ptで終了
  • 登録:2007/04/12 19:58:26
  • 終了:2007/04/19 20:04:34

回答(7件)

ただいまのポイント : ポイント7 pt / 100 pt ツリー表示 | 新着順
 

何か都合の悪いことがあるのでしょう ponntann2007/04/16 11:23:28

労働条件通知書や、社員規則の開示がないのは、

何か都合の悪いことがあるのでしょう。

偽装派遣の疑いがあるので、労働基準監督署に

相談に行かれたほうが良いと思います。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.html

J社で taoo242007/04/15 00:35:55

仕事したくないという気持ちが 強いんだと思います

J社での 仕事内容や 職場の雰囲気が 良ければ 

毎日が 楽しくて そんなこと 考えないばず

楽しくするには どうしたらいいか 考えるか

N社に 戻りたい希望を 出すか

しました?

派遣事業者なんでしょうか? uzura2007/04/14 00:14:31

労働条件を開示しないのはおかしな話ですが、業務として派遣を行うケースを制限するのは難しいと思います。派遣を行う場合は会社が派遣事業者として登録されていて、対象業務も決められているはずですがこれを確認してみたらどうでしょうか? 登録されているならこれを前提とした就業規則が作られていて、社員にも当然開示されて、労働監督署にも届出しているはずです。

派遣云々を問題とするのではなく、雇用時の労働条件と異なるとか、就業規則が明確化されていない、ということを問題点として手続きを労働相談所(ハローワークとかに併設されてます)に確認してみるといいです。会社から懲戒解雇とかいやがらせがあると困るので、事前にそういうところに問い合わせておくといやがらせも起きないと思います。

それは偽装請負では? GOLA2007/04/13 16:45:05

最近何かと話題になりがちな、偽装請負という状況ではないでしょうか?出向という形で顧客の現場で働いていて、業務指示が顧客からあれば、おそらく偽装請負でしょう。やめてしまう前に、きちんと状況を確認した方が、物事は何かと有利に働くのではないかと思います。やめるのは簡単ですが、不正を正したいのであれば、労働基準監督署に相談してみてください。

私も出向経験がありますが・・・ inthegroove2007/04/13 12:50:58

派遣か出向かという話では、あなたと今の勤務先の問題より、今の勤務先と所属会社の問題であると思います。

あなたが所属会社(正社員)からもらっている給料が月給であれば、あくまでも正社員として出向でしょうし、万が一時給でもらっているのならば、あなたと所属会社、所属会社と勤務先も派遣で扱われているかもしれません。

辞めるのは簡単 seble2007/04/12 23:48:46

労働者側から雇用契約を破棄する事は比較的簡単です。

民法627条あたりを参考にして下さい。

契約期限なしの雇用契約なら14日前の通知で一方的に辞められます。

(逆は不可)

期限が定まっている、ないしは年俸制などの場合は少し違いますが、いずれにしろ雇用契約に大幅な相違があるならそれを理由にできるでしょう。

また、即日退職でも、法的には会社が損害を立証しない限り、損害賠償の必要はありません。

で、普通は損害額より訴訟費用の方がよほど高くなりますので、あまりそういう事態になる事はありません。

道義的には問題ですけどね・・・

派遣かどうかは指揮命令をどこから受けるかなどの就労実態で判断されます。

詳細がわからないと何とも言えません。

出向の場合は、両社に資本関係がなければなりません。

でも、派遣と思うだけで、もしかしたら名実ともに出向かもしれませんけどね。

そもそも有効な労働契約が存在しないんじゃないでしょうか studioes2007/04/12 21:02:57

 労働基準法第十五条規定によれば、労働契約の締結に対して労働条件を明示しなければならないとあります。

 労働基準法施行規則第五条にて、この明示の方法は書面の交付によるとあります。

 従って、労働契約締結の要件を満たしていないため、労働契約自体が無効でしょう。

 なお、無効な労働契約での労働であっても、既に労働した分については賃金を請求する権利があります。

 

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません