1187066858 【イエはてな】イエ・ルポ#034お泊り


毎週実施“イエ・ルポ”のお泊りいわし!本編いわしのつづきを語らう場所です。
毎回の本編を読んで、新しいメッセージや気になったツリーのつづきを書き込んで下さいね。
“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事をミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。〈今週のお題〉に沿って、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい!

イエ・ルポ #034 THEME「思い出すのもオソロシイ~!イエでの恐怖の出来事」

→本編いわしはコチラ http://q.hatena.ne.jp/1186980965

※今回の「お泊りいわし」ご投稿は8月16日(木)正午で終了とさせて頂きます。
※「お泊りいわしへのコメント」は通常の【いわしポイント】のみとなります。
→詳しくはコチラ http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070325#q13
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 1000 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2007/08/16 12:53:43

回答51件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
白い棒 obentokun2007/08/14 18:40:25ポイント3pt

子供のころは家の縁側から涼しい縁の下に潜り込んで地面に絵を描いたりビー玉で遊んだりしていました。

ある時ビー玉遊びのために地面を深く掘っていたら白い棒が出てきました。

「これはいい」と棒で穴を広げさらに掘り下げていくと、たくさん棒が出てきました。

その後は細い棒を棒倒しに使ったり、太い棒でゴムボールを打ったりして遊んでいたのですが、近所のおじさんが「その骨どこから持ってきたの?」と聞いてくるので「家の縁の下の地面にたくさんあるよ」と言いました。

それからすぐに大戦中に埋められた死体の上に建っていた築30年ほどの借家は取り壊されて引っ越しました。

その家で過ごしていたときの金縛り、多数の黒い影、壁の節穴から覗く見開いた目なんかは、きっと気のせいですが…

大変 eiyan2007/08/14 21:03:44ポイント2pt

 それは大変でしたね。

 知らない間は何でも出来る。

 知ると何も出来ない。

 あれは何だったのでしょうか?

 思い出しても怖いですね。

な、な、なんと!! TomCat2007/08/16 03:05:52ポイント1pt

そんなことが本当にあったんですね。先の大戦で犠牲になった方々のご遺骨、ということでしょうか。そんな時代があったんですね。終戦の日だけに胸にぐっと迫ってくるものがあります。

 

何かと不思議な現象も多々あったようで・・・・。今はもう成仏しておられるでしょうか・・・・。霊的な世界が実在するのかどうかは意見が分かれるところだとは思いますが、もし、死してもなお苦しみが続くようなことがあるとするならば、戦争の恐ろしさ、残酷さ、罪深さは、私達が常識で考えるよりも遥かに大きいということになりますね。

 

改めて全ての戦争犠牲者のご冥福を祈らずにはいられません。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません