1187585071 【イエはてな】イエ・ルポ#035

街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事をミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。
*〈今週のお題〉に沿った、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい。
*〈今週のお題〉以外の話題のイエ・ルポも常時自由に投稿して下さいね!

イエ・ルポ #035 THEME「心ポカポカ!おじいちゃん、おばあちゃんの思い出」を教えて下さい

→ルポ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070820

※今回の「いわし」ご投稿はは8月23日(木)正午で終了とさせて頂きます。
※参考にさせていただいた「いわしへのコメント」には、【いわしポイント×20pt】を差し上げます。
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。
またそのようなご投稿にはポイントの送信を控えさせて頂きますのでご了承下さい。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 1000 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2007/08/21 13:00:48

回答276件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
祖母をお母さんと呼んでしまった!! YuzuPON2007/08/20 14:45:30ポイント8pt

母の母が家にやってきた時、私はあまりに若く見えるのに驚きました。母も年のわりに若く見えますが、母の母もかなり若く見えて、そしてきれいな人です。

ちょうど季節が夏で、少し離れた所で大きなお祭りがあるということで、家族で祖母をそれに案内することになりました。せっかくだから浴衣で行こうということになったらしく、母と祖母はどこから調達してきたのか、二人揃って浴衣姿になりました。祖母は浴衣がよく似合い、さらに若く見えました。逆に母は和装のせいか、いつもより落ち着いた感じに見えました。

お祭りの雑踏の中で、まだ小さかった私は、父と母、そして祖母の三人の大人についていくのがやっとでした。あぶなくはぐれそうになって、「おかあさん」とたもとを引っ張ると、なんとそれは母ではなく祖母でした。祖母と母はよく似ていましたし、祖母が若く見えたので、思いっきり間違えてしまったのでした。

祖母は、まぁまぁうれしいことを、それじゃ今日は私がお母さんよと言って、私の手を引いてくれました。このお母さんは本物のお母さんと違って、何でもねだると買ってくれます。私はリンゴ飴や綿飴やイカ焼きなどを次々と手に持ちながらお祭りを歩きました。

それから私は祖母が帰るまで、ずっとおばあちゃんとは呼ばずに、お母さんと呼び続けました。今でもこの祖母のことは、おばあちゃんとは呼ばずに、お母さんと呼んでいます。住んでいる所の地名を付けて○○のお母さん。母方の親戚とはあまり行き来がなく、ほとんど会っていませんが、今も○○のお母さんと呼ぶと、何だかとても温かいものを感じます。

ほのぼの・・ぽかぽかですね。 H-H2007/08/20 15:41:00ポイント7pt

おあばあちゃんの優しさはお母さん以上のものを感じますね。

無邪気になんでもねだったYuzuPONさんがまたかわいくて、

おばあちゃんと孫の話ってどうしてこんなに泣きそうになってしまうんでしょうか。

ほんとにほのぼの良いお話でした。

いいなぁ、すごくいい!! momokuri32007/08/20 15:56:51ポイント6pt

間違えて呼んでしまったことから深まったおばあちゃんとの絆。いいですね。すごくいいです。本当のお母さんとまた違った優しさを見せてくれるおばあちゃんに「お母さん」と甘える、幸せそうな姿が目に浮かびます。

お祭りという特殊空間が生んだ浴衣マジック。若くて綺麗なおばあちゃん。本当にいいお話です。私もほのぼのしました。

かわいいお話♪ SweetJelly2007/08/20 16:33:29ポイント5pt

お母さんと間違えられてうれしいおばあちゃんと、やさしいやさしいもう一人のお母さんに甘えちゃったYuzuPONさん。お二人の幸せそうな笑顔が見えるようです。今でもおばあちゃん、ではなく、「○○のお母さん」と呼んでいるんですね。とってもすてきです。いつまでもお若くお健やかなおばあちゃん、いえいえ、お母様でいらっしゃいますように!

本当に心ポカポカなお話ですね Cocoa2007/08/20 23:08:44ポイント4pt

若くてきれいなおばあさまの浴衣姿。きっとすてきだったのでしょうね。本当の親子に見えたかもしれませんね。おばあさまには母親と違った種類の優しさがあると思うので、それを見ていた周りの人は、なんて仲良し親子とびっくりしていたかもしれません。

おいしいものをいっぱい買ってもらってご満悦のYuzuPONさんの姿が思い浮かびます。今でも「お母さん」と呼ぶすてきな関係が続いていることも心ホカホカです。

和やかな風景が目に浮かびます riceball2007/08/21 10:25:09ポイント3pt

微笑ましいお話ですね。お母さんに間違われるくらい若くみえるだなんて、見た目だけじゃなくて気持ちも若いのでしょうね。

YuzuPONさんがお祭りの1日、おばあちゃんを「お母さん」と慕ってくれたことが何よりも嬉しかったと思います。

いつまでも若々しいお母さんでいてください!!

なんだか温かい気持ちになれました。 akashiroki2007/08/21 10:53:34ポイント2pt

なんだか温かい気持ちになれる話ですね。それが、今でも続いているのに微笑ましさを感じました。

祖母は大変綺麗な方のようですね。私の祖母はかなり高齢でしたので見事なおばあちゃんの風格でした。

微笑ましい Fuel2007/08/21 12:10:34ポイント1pt

お祭りを優しい御祖母様と歩いたというだけでもいいお話ですが、

御祖母様ではなくお母様として歩いてもらったというところが高ポイントですね。

お母さんと呼ばれて、それじゃ今日一日この子を息子にしちゃいましょ、

ときた御祖母様のノリの良さも最高です。

見た目だけでなく心も若々しい、

本当におばあちゃんなんて呼んだら失礼なような、

すてきな方なのでしょうね。

新ジャンルおばあさま萌え、なんて書いたら叱られそうですが、

私も優しくていっぱい甘えられて、

そして若くてきれいなおばあさまに手を引かれて

お祭りを回るなんていう体験をしてみたかったです。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません