1187844576 【イエはてな】リブ・ラブ・サプリ#037おかわり


毎週実施“リブ・ラブ・サプリ”のおかわりいわし!本編いわしのつづきを語らう場所です。
本編を読んで、新しいメッセージや気になったツリーのつづきを書き込んで下さいね。
いつもの時間を素敵に変える暮らしのサプリ。季節、食、洋服、健康、リラックス、雑貨・インテリア、家事、日本や外国の文化、おまじない…などなど、家ですることならなんでもOK!テーマに沿って、思わず試したくなっちゃう♪おすすめサプリを教えて!

#037 THEME:「紙でできること」「あかりを楽しむ」「健康食」

→本編いわしはコチラ http://q.hatena.ne.jp/1187758044

※今回の「おかわりいわし」ご投稿は8月27日(月)正午で終了とさせて頂きます。
※「おかわりいわしへのコメント」は通常の【いわしポイント】のみとなります。
→詳しくはコチラ http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070325#q13
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 1000 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2007/08/27 13:38:21

回答79件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
紙粘土工作は楽しいです Oregano2007/08/25 11:23:20ポイント2pt

以前もちょっと触れたことがありますが、紙粘土は簡単に作れます。適当な紙を水でふやかして、適当なノリを混ぜて練れば、もうそれで紙粘土になります。

市販の紙粘土はノリのかわりに鉱物性の粘土素材が混ぜ込まれています。使われている紙素材も、たとえば牛乳パックに使われているような繊維の長い物が使われています。

こういう紙粘土を作るには、まず牛乳パックを開いて2枚にはがし、水に漬けて数日おきます。十分にふやけたら表面のコーティングをはがし、細かくちぎって水とともにミキサーにかけてどろどろにし、布巾をかけたザルにあけて軽く自然に水を切ります。こに鉱物性の粘土素材としてベントナイトやカオリンクレイなどを、紙に含まれた水の分も合わせた重量比でほぼ等量加え、全体に均一に混ざるようによく練り上げれば、市販品のような紙粘土になります。

ベントナイトはノリ代わり、カオリンクレイは質感を出す素材と考えてください。ですからベントナイトは必須です。ベントナイトとカオリンクレイを両方加えるなら、ベントナイトは紙1に対して最低でも重量比1/8くらいは加えます。そして残りの分量をカオリンクレイにします。

ちなみにベントナイトというのは海底などに堆積した火山灰や溶岩が長い時間をかけて粘土状になったもの、カオリンクレイは中国カオリン産の粘土のことで、チャイナクレイとも呼ばれコスメ材料などにもされている物です。どちらも自然の鉱物素材ですから安全性は十分です。こういう鉱物性粘土素材は陶芸材料などを扱っているお店に行けば手に入ると思います。

こうして作った紙粘土は、工夫次第で様々な物に変身します。木枠に木工用ボンドを塗って紙粘土を盛って造形すれば絵画を飾る額縁になどに。丸い枠を用意すればクリスマスのリースなども作れます。さらに色々な道具を駆使すれば、ちょっとした樹脂製のフィギュアに負けない人形などを作ることもできます。

http://item.rakuten.co.jp/lovely/nendo-hairb/

たとえばヘアメーカーという道具を使うと、髪の毛などの表現が手軽にできて作れる作品の幅が広がります。

木板で紙粘土レリーフづくりも楽しいですよ! ie-ha-te-na2007/08/25 15:20:04

牛乳パックから紙粘土が出来る!作り方を詳しく教えて下さって、読んでいるだけで楽しいです。

紙粘土は手で触っていても気持ちいいし、どんなものでも思いのままに気軽に作れますよね。私は市販の紙粘土しか使ったことがないのですが、ハガキ大くらいのベニヤ板や油彩用カンバスを土台にして、簡単レリーフを作ったことがあります。知人の美術家さんがやっていたのをマネして。ベニヤ板の全体をまずうすく紙粘土で覆い、上から粘土を盛りながら、竹ヘラを使って花や葉を半立体に描いたり、盛った粘土の上から平たいガラス玉を埋め込んだり、型模様のあるボトルキャップなどをハンコのように押してみたり…。特に絵が描けなくても遊びながらなかなかのレリーフが出来ました。あと、型模様のあるキャップや樹脂の器などを紙粘土で型取りするだけでも、コロンと可愛いオブジェになります。紙粘土を一度作ると、一度に色々遊べそうですね!

〈ハザマ〉

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません