1188883041 【イエはてな】イエ・ルポ#037お泊り


毎週実施“イエ・ルポ”のお泊りいわし!本編いわしのつづきを語らう場所です。
毎回の本編を読んで、新しいメッセージや気になったツリーのつづきを書き込んで下さいね。
“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事をミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。〈今週のお題〉に沿って、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい!

イエ・ルポ #037 THEME「さぁ困った!あなたのイエのお悩み&解決談」

→本編いわしはコチラ http://q.hatena.ne.jp/1188795426

※今回の「お泊りいわし」ご投稿は9月6日(木)正午で終了とさせて頂きます。
※「お泊りいわしへのコメント」は通常の【いわしポイント】のみとなります。
→詳しくはコチラ http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070325#q13
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。

回答の条件
  • 1人50回まで
  • 1000 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2007/09/06 13:24:42

回答73件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
深夜でも思いっきり楽器演奏を楽しみたい!! サイレントスタジオ計画!! TomCat2007/09/05 02:44:42ポイント2pt

音楽好きにとって、自宅で思いっきり楽器演奏を楽しむことは夢ですよね。でも、防音室など簡単に実現できるはずもありません。

 

とりあえず思いっきりピアノを弾きたいと、電子ピアノを買いました。色々比較検討した結果、ヤマハのClavinovaが最も生ピアノとタッチが近いということで、これに決定。しばらくヘッドフォンをかけてちまちまと弾いていましたが、だんだん欲が出てきて、CDなどをかけながらそれに合わせて弾きたいと思うようになってきました。

 

で、急遽ミキサーを製作。ミキサーというのは、複数の入力をひとつにまとめて出力する装置のことです。PCのボリュームコントロールを開くと、マスタ音量、WAVE、CD、シンセ、外部入力、マイク等々、色々なスライダーが動かせると思いますが、ちょうどそれと似たようなことをするオーディオ機器と考えてください。

 

で、作ったミキサーに電子ピアノとオーディオプレーヤーを接続。ヘッドフォンもつないで、これで深夜でも心おきなくプロの演奏に合わせてピアノを弾ける環境が整いました。

 

さらに欲が出て装置を拡張。ミキサーの入力チャンネルを増やして、ギター、ベース、キーボード、リズムマシン、ついでにMIDI用に古いノートPCも用意してそれも接続。拡張したミキサーは全12チャンネルの入力を持っているので、必要があればまだまだ色んな電子楽器が接続できます。

 

ヘッドフォンアンプも、最大12人分同時接続可能、音量調整もそれぞれ独立して出来るように作りました。これで仲間を集めて深夜セッションが可能な「ヘッドフォン式仮想音楽スタジオ」の完成です(^-^)

 

これ、面白いですよ。ヘッドフォンをかけると、そこはもうギンギンに音が鳴らせる仮想スタジオ。でもヘッドフォンを外すと、ただエレキギターなどの弦を弾く生の音が小さくピキピキ鳴っているだけ。この落差が何とも楽しいんです。

 

さすがにドラムは、パッドを叩くドラムシンセを使っても、バタバタと叩く音がうるさいですから無理ですが、とりあえず、かなり遊べるシステムになりました。

 

いつかは隣近所が全くない広大な農園のど真ん中に、思いっきり生音が出せるスタジオを作りたいですが、それまでは、狭い部屋で友達同士肩を寄せ合いながらヘッドフォンでセッションという、このちまちまさ加減を楽しみたいと思っています。

防音からサイレントへ発想転換、実現しちゃうとは! ie-ha-te-na2007/09/05 10:55:18

これはオドロキ!音楽スタジオは防音室と決まったものだと思ってましたが、サイレントスタジオという発想がすごいです!!電子楽器だとこういうことが可能なわけですね。さっそく実現してしまうのも素晴らしい。ヘッドホンセッションも楽しそうだなー。私はドラムなので打ち込みしかムリかもだけど、音をサンプリングしてキーボード上で演奏できるようにしたりとかできたら、参加したいです~!

もちろん、農園計画実現の時には生音スタジオも期待です!

〈ハザマ〉

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません