1189399639 【イエはてな】イエ・ルポ#038

街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!“イエ・ルポ”とは、実際に見たり聞いたりしたイエの話、またはご自分の家の暮らしの中で生まれたユニークな工夫やアイデア、習慣や出来事をミニルポ感覚で書き込んでもらう“イエ・ルポタージュ”コーナーです。
*〈今週のお題〉に沿った、みなさんが知っている面白いイエの話を教えて下さい。
*〈今週のお題〉以外の話題のイエ・ルポも常時自由に投稿して下さいね!

イエ・ルポ #038 THEME「あなたの街で出会った心に残る出来事」を教えて下さい

→ルポ例はコチラ
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20070910

※今回の「いわし」ご投稿はは9月13日(木)正午で終了とさせて頂きます。
※参考にさせていただいた「いわしへのコメント」には、【いわしポイント×20pt】を差し上げます。
※お願い
モラルのない一行投稿などはご参加者の皆様に大変ご迷惑となりますので、ご遠慮下さい。
またそのようなご投稿にはポイントの送信を控えさせて頂きますのでご了承下さい。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 1000 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2007/09/10 19:48:42

回答219件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
ビニール傘 vivisan2007/09/10 15:01:31ポイント4pt

当時私は客先に出向いて教える仕事をしていました。

そのときは住宅地にあるお店に出向き、無事に仕事を終えました。

そこから最寄の駅にいくには、バスを使わねばならなかったのです。

すると、突然土砂降りの雨が降ってきたのです。

すごくよいお天気だったので、傘など持ってはいませんでした。

そこはまだ住宅地の真ん中で、たまたまシャッターがしまったお店の屋根が出ている部分を見つけて避難しました。雨宿りをする場所もすぐには見つからなくて・・かなり濡れてしまいました。

すぐに雨はやむだろうと思っていたのですが、30分たってもやみません。とほうにくれたまま雨宿りをしていました。だれも通る人はなく、私一人が待っていました。

もうしばらく待ってみましたが、そうもいきません。

雨に濡れてもいいからでようか?と思っていたときに声をかけてきたのが隣の家に住むおばちゃんでした。

「この傘、いらないから使いなさい。どこかで捨てればいいから」

とビニール傘をくれたのです。

どうやら車で帰ったときに私を見たらしく、傘を持ってきてくれたのでした。

「え?本当にいただいてよいのですか?」

「この雨はまだやみそうにないよ。いいからもって行きなさい」

本当にうるうるときました。

傘のおかげでそれからは濡れることもなく、バス停でバスを待ち、ことなきを得ました。

あの時は何も考えられず、お礼だけしかいえませんでした。

でもせっかくいただいた傘は捨てるにはしのびなくて、持ち帰りました。

私もこういうおばちゃんになりたいと思いました。

その傘はそれからも使って、台風のときに風で壊れてしまいましたが、車には自分達の傘だけでなく必ず予備のビニール傘を入れてあります。

人情ここにありですね YuzuPON2007/09/10 15:33:47ポイント3pt

見ず知らずの他人の姿を見て、それを案じて、わざわざ傘を持ってきてくれるなんて。通りすがりならまだしも、わざわざなのですから、その心遣いには大変なものがありますね。

私は念のためにいつもカバンには折りたたみ傘を入れていますが、それはvivisanさんの車の中の傘と同じように、他人のために持つ気持ちになろうと思いました。近所のディスカウント店の在庫一掃セールで買った傘ですから、あげてしまっても惜しくありません。

すてきなおばちゃん♪ CandyPot2007/09/10 16:16:36ポイント2pt

きっとそのおばちゃん、いつも当たり前のように人のことを気遣っていらっしゃるんでしょうね。すてきなおばちゃんです。ちょっとした心遣いで、一本の傘がこんなにも人を喜ばせる物に変わるなんて。私もそんなことのできる人になりたいです。

駅には置き傘が数本 odorukuma2007/09/10 18:01:32ポイント1pt

傘のない人のためなのか、電車の忘れ物なのか、

いつも駅には数本ビニール傘があり、<ご自由にお持ち下さい>とあります。

急に降られたときなど、とても助かります。

皆持っていって返さなければなくなってしまうはずなんですが、逆に少しずつ増えているような気がします(笑

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません