【理屈パズル・僕の小説はどうだった?】

理屈パズルのルールは http://d.hatena.ne.jp/lionfan/20060715 を参照。

F吉「短編小説を書いたんだ。読んでくれる?」
B美「喜んで」

B美は原稿を読み終えるとにっこり笑った。
B美「予想をはるかに超えてたわ!」
F吉はうれしそうに尋ねた。
F吉「B美は読書家だし、良い小説を書くコツを教えてくれないか?」

B美はすこし考えた。
B美「一般的に小説は導入が大事なの。『始め良ければ終わり良し』って言うでしょ?」
F吉「うん」
B美「結末も重要よ。『終わり良ければすべて良し』ってことわざもあるしね」
F吉は相づちをうった。
F吉「なるほどー」
F吉は興味津々で尋ねた。
F吉「で、僕の小説はどうだった?」
B美は小声で答えた。
B美「ちょっと中だるみしてたけど、でも全体として、F吉の個性がにじみ出てたと思う」
F吉は満足気に頷いた。

そのとき後ろから楽しそうな声がした。
「へーB美、そういうこと言っちゃうんだー」
B美はビクッとして振り返った。
B美「I穂!」
(この続きを書くことで回答することを歓迎。締め切りは2/13 00:00以降)

回答の条件
  • 1人2回まで
  • 登録:
  • 終了:2008/02/13 00:51:26

ベストアンサー

id:honzuki No.2

回答回数63ベストアンサー獲得回数2

ポイント100pt

「理屈パズル」大変面白いですね。

しかし、30分考えてみましたが、どうも部分的にしかわかりませんでした。

わかったところを書いてみます。


「なにが『そういうこと』なんだい?」

F吉は訝しげにI穂に尋ねる。

「B美が言ったことよ。F吉、あなた別に褒められてないじゃない」

「どうしてだよ」

「まずね、B美が言った『良い小説の条件』を覚えてる?」

「えっと…

『始め良ければ終わり良し』

と、

『終わり良ければすべて良し』

だろ?」

「そう。じゃあ、ここでもし『すべてが良いわけじゃない小説』ってのはどうなると思う?」

「『すべてが良いわけじゃない小説』? うーん、『終わり』が良かったら『すべて』がよくなるんだろ? ってことは、『すべてが良いわけじゃない』ってことは、『終わり』が良くないんだろ」

「ご名答。じゃあ、『終わりが良くない小説』ってのは?」

「それは、最初のB美が言った『始め良ければ終わり良し』に当てはめると、『始め』が良くなかったってことになるな」

「その通り。じゃあ、ここでB美はあなたの短編になんて評価を下した?」

「F吉の個性がよく出てた、って」

「違う、その前」

「ちょっと中だるみしてた?」

「そう、つまり…『すべてが良いわけじゃない』」

「え…? じゃ、じゃあまさか…」

「そう。F吉の短編は、『始め』も『終わり』も『すべて』良くないのよ!!」

「う、嘘だ!! じゃあ、僕の個性が良く出てたってのはどう説明する気だ!」

「さぁ…F吉の個性はすべて駄目ってことじゃないの?」

「…うぐぅ…、い、いや、でも、B美は最初『予想をはるかに超えてた』って言ったぞ!」

「でも、それも褒めたわけじゃないわよね。さすがにそこまで言いたくなかったけど、『予想をはるかに超えるつまらなさ』ってことだったんじゃないの? ねぇ、B美? あら? B美? どこいったの?」

id:lionfan

honzuki様、部分的どころか完全な正解です。おめでとうございます。

黙って逃げるB美萌えー!!

2008/02/13 00:06:12

その他の回答4件)

id:wens31 No.1

回答回数114ベストアンサー獲得回数7

ポイント80pt

そこには顔中に笑みを浮かべたI穂が立っていた。

I穂「面白いのなら私もF吉さんの小説読んでみたいなー。ねえB美」

F吉「あ、それならぜひ読んでみてください」

I穂はなおも微笑みを絶やさないまま言った。

I穂「ええ、いつかたっぷり時間がとれるときに読ませてもらいますねー」

さらに言葉を続けようとするI穂をB美が遮った。

B美「I穂!ちょっと向こうで話ましょう」

I穂「えーいいじゃない。私ここでもっとお話したいな」

始業のベルがなって、F吉は思い出したかのように時計に目をやると慌てて言った。

F吉「いけない!僕次も授業なんだった。I穂さん、読んだらちゃんと感想下さいね。じゃあまた」

F吉の姿が見えなくなってから、I穂は喜々として言った。

I穂「B美、ちょっと聞きたいことがあるんだけど良いかしら」

B美は諦めたような顔で黙っていた。

I穂「『始め良ければ終わり良し』と『終わり良ければすべて良し』そしてこの2つから導ける『始め良ければすべて良し』

あと、後半二つの対偶『全てが良いのでなければ終わりもよくない』『全てが良いのでなければ始めも良くない』は一般に成り立つのよね。B美が言ったんですもの。

ところでB美『中だるみ』という言葉を使ったわよね。つまりは少なくとも彼の小説の中盤は良く無かった。

あれ?ということは始めも終わりも良くなかったのね。彼の小説は全然良くなかったんだ。

たしかに『F吉の個性がにじみ出て』るわね。

それにしてもそんな小説が『予想をはるかに超えて』るなんてB美のF吉に対する評価はよっぽど低かったのね。

私もF吉さんの小説を読んで『ちゃんと』正直に感想を言うべきかしら?」





--------------------------------------------------

お久しぶりです。一番かな。

なるべく文体を真似ようと思ったのですがぐだぐだになってしまったのでボロがこれ以上でないうちに投稿させていただきます。

id:lionfan

wens31様、おみごと、正解です。小説書きお疲れ様ですー。

I穂の嫌らしい感じが出ていて良かったです!!

2008/02/13 00:04:22
id:honzuki No.2

回答回数63ベストアンサー獲得回数2ここでベストアンサー

ポイント100pt

「理屈パズル」大変面白いですね。

しかし、30分考えてみましたが、どうも部分的にしかわかりませんでした。

わかったところを書いてみます。


「なにが『そういうこと』なんだい?」

F吉は訝しげにI穂に尋ねる。

「B美が言ったことよ。F吉、あなた別に褒められてないじゃない」

「どうしてだよ」

「まずね、B美が言った『良い小説の条件』を覚えてる?」

「えっと…

『始め良ければ終わり良し』

と、

『終わり良ければすべて良し』

だろ?」

「そう。じゃあ、ここでもし『すべてが良いわけじゃない小説』ってのはどうなると思う?」

「『すべてが良いわけじゃない小説』? うーん、『終わり』が良かったら『すべて』がよくなるんだろ? ってことは、『すべてが良いわけじゃない』ってことは、『終わり』が良くないんだろ」

「ご名答。じゃあ、『終わりが良くない小説』ってのは?」

「それは、最初のB美が言った『始め良ければ終わり良し』に当てはめると、『始め』が良くなかったってことになるな」

「その通り。じゃあ、ここでB美はあなたの短編になんて評価を下した?」

「F吉の個性がよく出てた、って」

「違う、その前」

「ちょっと中だるみしてた?」

「そう、つまり…『すべてが良いわけじゃない』」

「え…? じゃ、じゃあまさか…」

「そう。F吉の短編は、『始め』も『終わり』も『すべて』良くないのよ!!」

「う、嘘だ!! じゃあ、僕の個性が良く出てたってのはどう説明する気だ!」

「さぁ…F吉の個性はすべて駄目ってことじゃないの?」

「…うぐぅ…、い、いや、でも、B美は最初『予想をはるかに超えてた』って言ったぞ!」

「でも、それも褒めたわけじゃないわよね。さすがにそこまで言いたくなかったけど、『予想をはるかに超えるつまらなさ』ってことだったんじゃないの? ねぇ、B美? あら? B美? どこいったの?」

id:lionfan

honzuki様、部分的どころか完全な正解です。おめでとうございます。

黙って逃げるB美萌えー!!

2008/02/13 00:06:12
id:hokuraku No.3

回答回数533ベストアンサー獲得回数98

ポイント80pt

F吉「やぁ、I穂さん、こんにちはー」

能天気にF吉の頬が緩む。

I穂「こんにちは。B美は今日もF吉さんと一緒なのね。D菜さん、この前すっごく怒ってたわよ。」

さっと不安そうな顔になったF吉の横でB美の頬がぴくっとひきつった。

I穂「そんなことより、F吉さん小説を書いたんですって?なにやらすごいユニークなお話だって聞きましたよ。」

F吉「え、そ、そう?いや、なんか恥ずかしいなぁ。もうそんなに噂になってるなんて…。」

I穂「ううん、そんなことないと思います。B美があぁ言うんだから間違いないですよ。ね、B美?」

そういうとI穂はにっこりとB美に微笑んだ。

I穂「え、その小説を私にも見せてくれるんですか?

  私、小説読むの好きなんです!小説読んでたら、あっという間に時間が経っちゃうくらい。

  うーん、でも、やっぱり遠慮しておきます。なんか私、もったいないですから。

  あ、そろそろ講義が始まっちゃう!私、次の講義はイタリア語なんです。

  お先に失礼しますね。」

去っていくI穂に緩んだ顔で手を振りながら、F吉はつぶやいた。

F吉「いやぁ、I穂さんって可愛いよね~、小悪魔的っていうかさぁ…。」

B美「…そうね、それは間違いないわね。」


参考文献:http://q.hatena.ne.jp/1159722386#c67405


ちなみに、文章中には明示しませんでしたが、

中だるみしている

→すべてがいいわけではない

→→でも「終わり良ければすべて良し」のはず

→→→すべてが良いわけではないので終わりが良いわけではない

→→→→「始め良ければ終わり良し」のはず

→→→→→終わりが良いわけではないので始めも良いわけではない

→→→→→→結局、始めも中も終わりも良くない

ですよね?

id:lionfan

hokuraku様、ありがとうございます。

I穂が

「なんか私、F吉の小説を読むなんて時間がもったいないですから。」

って言っているのが小憎らしいですね!!

ところでパズルのほうは、もちろんそれでOKです。

2008/02/13 00:11:20
id:takanoha No.4

回答回数20ベストアンサー獲得回数7

ポイント80pt

こんにちは。いつも楽しいパズルをありがとうございます。

チャレンジさせて頂きます。

--------------------------------------------

F吉「I穂さんお久しぶり。『そういうこと』ってどういうこと?」

I穂「聞かない方がいいと思うんだけどなー」

F吉「そんなこと言われるとますます気になるよ。教えて。」

I穂は困り果てて何も言えないB美をちらっと見ていたずらっぽく笑った。

I穂「そんなに聞きたいのなら教えてあげる。」

F吉「うん。教えて。」

I穂「F吉さんは対偶って知ってる?」

F吉「ああ、以前B美から聞いたことがあるよ。」

F吉「『PならばQである』が成り立つとき『QでないならPでない』もつねに成り立つってことだよね。」

I穂「そうそう。知ってるなら話は早いわ。」

I穂「B美は『始め良ければ終わり良し』、『終わり良ければすべて良し』って言ったわよね。」

F吉「うん。それで?」

I穂「それぞれの対偶は何か分かる?」

F吉「えっと『終わりが良くなければ始めは良くない』、『すべてがよくなければ終わりは良くない』かな。」

I穂「そう。ところでB美、F吉さんが『僕の小説どうだった?』て聞いたときあなたは何て言ったかしら、」

B美「・・『ちょっと中だるみしてたけど、でも全体として、F吉の個性がにじみ出てたと思う』って言ったわ。」

I穂「つまり中盤はよくなかったってことよね。」

B美「・・・・・」

I穂「中盤が良くないってことは『すべてがよくなければ終わりは良くない』から終わりもよくない。」

I穂「終わりが良くないってことは『終わりが良くなければ始めは良くない』から始めもよくない。」

I穂「つまり始めも中盤も終わりも良くないってことは、全部が良くなかったってB美は言いたかったのよ。」

F吉「えーそんなー!!『予想をはるかに超えてたわ!』『F吉の個性がにじみ出てたと思う』って誉めてくれたのに。」

B美「・・・・『F吉の個性がにじみ出て』『予想をはるかに超えて』良くなかったの」

B美「嘘はつけないけど、以前『ストレート過ぎる』って言われたから。」

id:lionfan

takanoha様、こちらはだいたい正解の小説を書き上げてしまったのですが、

>I穂「聞かない方がいいと思うんだけどなー」

の嫌らしさぶりはすごく気に入りました!!

正解編に組み入れさせていただきます。

2008/02/13 00:13:49
id:ttamo No.5

回答回数175ベストアンサー獲得回数29

ポイント80pt

I穂「F吉さん、B美は『終わり良ければすべて良し』と言ったわね。 だからその対偶も真だと思っているのよ。つまり、 『すべてが良いわけでない小説は終わりが良くない』わけ。 同じようにして、『始め良ければ終わり良し』と言ったんだから、 『終わりが良くない小説は始めも良くない』とB美は思っているの。 この二つの条件から考えると、 『どこかに少しでも良くない点があれば、終わりと始めも良くない』 ということになるわ」

F吉は、以前にB美がI穂に負かされたというエピソードを思い出しながら、 なんとか納得できたようだった。

F吉「ああ、そういうことになるかな」

I穂「そのあとB美はF吉さんの小説を評価して、 『ちょっと中だるみしてた』と言ってるのだから、 始めと終わりに比べて、中盤が良くないと感じたのね。 ということは、良くないところがあるのだから、 終わりと始めも良くないことになるわ。 中盤はそれよりさらに良くないってことね」

F吉「じゃあ全然だめってことじゃないか」

B美「そうじゃないわ、たしかにF吉のは『良い小説』では なかったけど、『だめ』とは思わない。プロじゃないんだし、 そんなに『良い小説』である必要はないわ」

F吉「う、まあいいか」

I穂「そうね、『個性がにじみ出てた』ということはF吉さん らしさが出てたってことだから、B美はF吉さんのことを 『良くない』と思っていて、それに見合った小説だと言ってるわ。 それどころか、『予想をはるかに超えてた』のだから、 本当はF吉さんのことをもっと低く評価してたのね」

B美「そこは違う。予想を超えていたのは長さのことよ」

id:lionfan

おお、ttamo様の性格の良さがにじみ出てますな。

ttamo様のI穂はすごく優しいですー。

2008/02/13 00:15:40
  • id:hokuraku
    わかる…けど答えられない…。(おそらく20人以上に拒否されてる私)
  • id:lionfan
    hokuraku様、失礼しました。ただいま設定を変更しました。
  • id:hokuraku
    おぉ、ありがとうございます。
    問題は文章をいかに書くか、ですね。夜中に考えることにします。
  • id:lionfan
    -------------- 理屈パズル「僕の小説はどうだった?」解答編 --------------

    I穂は満面の笑みを浮かべながらF吉に話しかけた。
    I穂「F吉、あなた今、自分の小説をどう言われたのか、わかってる?」
    F吉は怪訝そうに頷いた。
    F吉「期待を大幅に上回る良い出来で、オリジナルな個性にあふれてて、
       ちょっと中間にムダが多かったけど、
       でも小説は最初と最後が重要なんだから、それは大して問題じゃないんだろ?」

    I穂はニヤニヤした。
    I穂「B美、あなたはそう言いたかったの?」
    B美は俯くと、かすかに首を振った。
    F吉は不思議そうに尋ねた。
    F吉「え? じゃあどう言いたかったの?」

    I穂は意地悪な顔をした。
    I穂「聞かない方がいいと思うんだけどなー」
    F吉「そんなこと言われると、ますます気になるじゃないか。教えて」

    黙りこむB美を見ながらI穂が答えた。
    I穂「F吉の小説には最初・真ん中・終わりのどこも、良いところなんか全然なくて、
       いや、あのF吉のことだから、ある程度ひどいとは思っていたけど、
       その予想をはるかに超えるお粗末ぶりで、小説全体からF吉のダメダメ感が漂ってて、
       そのあまりのひどさが、かえって面白かった・・・ってところ?」

    F吉は仰天した。
    F吉「B美、まさかそんなことを言いたかったんじゃないよね?」
    B美は顔を真っ赤にして、長いこと黙った後、つぶやいた。
    B美「・・・ごめんなさい・・・」
    B美は鞄を取ると、逃げるように部屋を出て行った。

    呆然とするF吉に、無情にもI穂は解説を続けた。

    I穂「どうしてそういう結論になるのか、解説してあげる。

       いま短編小説は最初・真ん中・終わりの3部分でできている、と仮定するわよ。
       そして小説の各部分に対しては良いか、良くないか、
       今は良くないことを ダメ と言わせてもらうけど、
       つまり良いとダメの2種類しかない、とも仮定する。
       そうなると可能性は8通りあるわね。わかる?」

    I穂はチョークを取って黒板に次のような図を書いた。

      始 中 終
    1 ○ ○ ○
    2 ○ ○ ×
    3 ○ × ○
    4 ○ × ×
    5 × ○ ○
    6 × ○ ×
    7 × × ○
    8 × × ×

    F吉は黙って頷いた。I穂は続けた。

    I穂「B美は『始めよければ終わり良し』って言ってた。
       つまり初めが○なのに終わりが×の選択肢は抜いていい、ってことね。
       だから2と4の選択肢を消していいの」
    I穂は黒板消しで2行目と4行目を消した。

      始 中 終
    1 ○ ○ ○
    3 ○ × ○
    5 × ○ ○
    6 × ○ ×
    7 × × ○
    8 × × ×

    I穂「次にB美は『終わり良ければすべて良し』って言ったわ。
       つまり終わりが○なのに始めや中間が×の選択肢も消していい、ってこと。
       だから3、5、7も消していい」

      始 中 終
    1 ○ ○ ○
    6 × ○ ×
    8 × × ×

    F吉は頷いた。I穂は続けた。
    I穂「そしてB美は『ちょっと中だるみしてる』って言った。
       つまり真ん中はダメだったってことよ。
       で、いま残る可能性1、6、8のうち、真ん中が×のものは?」

    F吉は叫んだ。
    F吉「8しかないじゃないか!」

    I穂は断言した。
    I穂「そう。つまりF吉の小説は、最初も真ん中も最後も、全然ダメって言いたかったのよ!」

    F吉はしょげながら、弱々しく抗弁した。
    F吉「でもB美は、僕の小説を楽しんでたようだったけど・・・」

    I穂は怒ったように言った。
    I穂「どうしてだか知らないけど、なぜだかB美はあなたに甘いの。
       あまりのダメっぷりが、B美の乏しい母性本能をくすぐるのかしらね?

       いい? F吉。今回はたまたまあなたの小説の予想をはるかに超えたひどさが、
       B美の独特すぎる感性にクリーンヒットしちゃったんだと思うけど、

       これは一流のソムリエが風邪ひいたときに、
       自宅で安ワインを暖めて飲んで
       『ホッとするなあ』ってつぶやいたようなものなんですからね。
       あんまりいい気にならないでちょうだい」

    I穂はそう言い終わると教室を出て行った。
    F吉は不思議そうにつぶやいた。
    F吉「なんでI穂さんは、やたら僕につっかかるのかなあ?」

    ---------- 理屈パズル「僕の小説はどうだった?」解答編 終わり ----------
  • id:hokuraku
    そうか…そういう仲だったのか(違)


    ちなみに私の文はこんな感じで書いてみました。

    I穂「こんにちは。B美は今日もF吉さんと一緒なのね。D菜さん、この前すっごく怒ってたわよ。」
    (以前にもI穂はB美がF吉と一緒にいたところを見たことがある。が、いつも一緒にいる、とは言っていない。さらに、D菜がすごく怒っていた事実はあっても、この事と関係あるとは限らない)

    I穂「そんなことより、F吉さん小説を書いたんですって?なにやらすごいユニークなお話だって聞きましたよ。」
    (もちろん、たった今B美が言っているのを聞いている。)

    I穂「ううん、そんなことないと思います。B美があぁ言うんだから間違いないですよ。ね、B美?」
    (ううん、「噂になっているなんて」そんなことないと思います。(すごいユニークなお話だということは)B美があぁ言うんだから間違いない…)

    I穂「なんか私、もったいないですから。」
    (lionfanさんの予想通り!「私の時間が」もったいないですから。)

    「あ、そろそろ講義が始まっちゃう!」
    (どこかで、なんかの講義は始まってるでしょうよ、そりゃ)

    「私、次の講義はイタリア語なんです。」
    (自分が次に受ける講義はイタリア語、だけど今から始まるとは言っていない…)


    う、うーん、性格悪すぎたか。
  • id:lionfan
    hokuraku様、何かI穂のセリフには裏が有りそうだと思ったのですが、
    「なんか私、もったいないですから。」以外は見抜けませんでした・・・お恥ずかしい。

    ところで、「B美の歌」解答編で、I穂が登場するシーンで
    http://q.hatena.ne.jp/1167868236

    I穂の次のセリフを言うのですが、実はI穂は二人を人知れずからかっています。

    「今日は私、B美と映画を観たいと思ってるの。
     (B美「と」映画を観るつもりなんてない。
      B美「を」鑑賞し、かつ自分1人で映画も観たい、というだけ)

     一時間後に噴水で待ち合わせにしたかったんだけど、
     (まるで噴水で待ち合わせる約束があったかのような言い方だが、
      「そうしたかった」と言うだけで、約束なんて全然してなかった)

     早めに着いたから、まっすぐ講義室に来ようと思ったのね。
     (どこかで曲がる必要があるので「まっすぐ」来ることなど不可能だが、
      思ってただけで結局無理だった、というのでセーフ)

     ところでここにはB美がいないけど、どこ?」
     (B美はどこに消えたの? と言うと人体は消失しない、
      と言うツッコミもあるので、あえて「ここには」と入れている)

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません