結局、どんなに仕事をしても、君の将来はこうなっているのだよ、といわれているだけのような気がします。それをぶつけるべきでしょうか、それとも、静かに去るだけなのでしょうか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:
  • 終了:2008/03/24 11:37:14

回答10件)

id:Red-Dragon No.1

回答回数33ベストアンサー獲得回数0

ポイント16pt

優越感から来る驕りというものでしょう。

ぶつけるのでもなく、静かに去るのでのもない。

驕れるものは久しからず・・・とか言うじゃないですか。

id:brooksbrothers

どういうことがもう少しおっしゃってください

2008/03/23 19:39:02
id:Red-Dragon No.2

回答回数33ベストアンサー獲得回数0

ポイント16pt

驕れるものは久しからず・・・とは、


「君の将来はこうなっているのだよ」などと威張っていても、その威張りが「久しからず」、つまりいつまで続くものか、ということ。

そうじゃないですか?

id:brooksbrothers

もちろん、もう続かない、私にしか続かないから、そうやって威張っているのですが

2008/03/23 19:49:28
id:ken33jp No.3

回答回数928ベストアンサー獲得回数13

ポイント16pt

>結局、どんなに仕事をしても、君の将来はこうなっているのだよ、

それよりひどい将来がある可能性もあります。

可能性の幅はありますし、人生何処で何がありるかはわかりません。

結婚でもしたらどうでしょうか?

仕事人間だから、仕事が人生にとって必要以上の価値を持ってくるのだと

思います。

>それをぶつけるべきでしょうか、それとも、静かに去るだけなのでしょうか。

10回に1回はぶつけてください。

去るときは、未練たらしく去ってください。

id:brooksbrothers

去るときは、未練たらしく去ってください。どういうことでしょうか

2008/03/23 20:08:55
id:itss No.4

回答回数171ベストアンサー獲得回数1

ポイント16pt

Hi,

>静かに去るだけなのでしょうか

去るのも選択肢の1つです。

id:tonkatsuwo No.5

回答回数69ベストアンサー獲得回数3

ポイント16pt

とりあえずぶつけときましょう。

その反応で次を決めましょう。

id:X-04 No.6

回答回数119ベストアンサー獲得回数2

ポイント15pt

ぶつけてから去ることはできます

去ってからぶつけることはできません

そういうわけで、どうせ去るのならぶつけてみましょう。

id:KairuaAruika No.7

回答回数6926ベストアンサー獲得回数97

ポイント15pt

去った方がいいですね,所詮他人です。

人間の数だけ,色々な出会いがあります。

一生掛かっても,全ての人に会うことはできません。

自分の可能性やフィーリングを信じて,見切りをつけたら次の人脈や組織へ飛び込んでいきましょう。

id:brooksbrothers

でもその前に確認しておくべきことは何でしょうか。Qちゃんみたいにならないために

2008/03/23 22:41:03
id:KairuaAruika No.8

回答回数6926ベストアンサー獲得回数97

ポイント15pt

確認すべきは,次の会社を決めてから前職を退職すること。

id:brooksbrothers

2008/03/23 22:45:46
id:Dia-Bro No.9

回答回数11ベストアンサー獲得回数0

ポイント15pt

その様な気がするだけではないですか。

そんなに仕事をしているなら道は開けるのではないでしょうか。

id:brooksbrothers

そうであってほしい...

2008/03/23 23:11:10
id:mododemonandato No.10

回答回数760ベストアンサー獲得回数77

ポイント10pt

 先生に依存するのは止めるべきでしょう。

 それは先生のためでもあります。

 共依存状態を解消するのです。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E4%BE%9D%E5%AD%98

 先生にもカウンセリングを勧めましょう。

 カウンセリングを勧めてから去りましょう。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません