星新一さんが、昭和20年の終戦の日に皇居に行った話を「物見高き男」などのエッセイで度々書いていたと評伝「1001話をつくった人」に書いてありましたが、それらのエッセイは何の本で読めるのでしょうか? 

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:
  • 終了:2008/10/31 16:30:02

回答2件)

id:kanan5100 No.1

回答回数1469ベストアンサー獲得回数275

ポイント35pt

「物見高き男」は『きまぐれ星のメモ』で読めます。

きまぐれ星のメモ (角川文庫 緑 303-2)

きまぐれ星のメモ (角川文庫 緑 303-2)

  • 作者: 星 新一
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

id:maruseppu

ありがとうございます。ところで、このエピソードは「物見高き男」以外でも「たびたび言及していた」と『1001話をつくった人』にありましたが、それはどのエッセイなのか、もしご存知でしたらお教えいただければ幸です。

2008/10/24 20:06:16
id:nawatobi_penguin No.2

回答回数697ベストアンサー獲得回数99

ポイント35pt

物見高き男は「きまぐれ星のメモ」(角川文庫)に収録されているようです。

http://www.f3.dion.ne.jp/~kujyou/kima.htm

amazonでは在庫がないようですがとりあえずお近くの図書館で検索されることをお勧めいたします。(あとは古本屋で)

id:maruseppu

ありがとうございます。読んでみます。

2008/10/24 20:06:48

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません