【初心者大歓迎・人力検索の常連もOK】あなたの素朴な疑問はなんですか? (2009年版Part.1)


あなたが思っている素朴な疑問をお書き下さい。
素朴な疑問とはわざわざ「人力検索」を使わなくても「いわし」で解決できる様な小さな疑問です。

専門的な知識・法律問題・トリビアについては「人力検索」をご利用下さい。

ルール

1.質問者は素朴な疑問をわかりやすく書いて下さい。
2.回答者の皆様は質問にできるだけやさしく答えてあげて下さい。
3.人力検索初心者の方は、質問・回答の練習として使って下さい。
4.回答・質問に慣れてきたら「人力検索」にもチャレンジしてみて下さい。
5.質問・回答に直接関係のない書き込みは、他の質問者・回答者の方の書き込み機会を奪う事になりますのでご遠慮下さい。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 300 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2009/04/22 10:29:12

回答113件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
「OKWave」等なら無料なのに、どうして、「はてな」を使うのでしょうか? angel_ring2009/04/16 16:12:57ポイント4pt

「両方使っている」という人は「どういう基準で、どちらに質問するか?」を判断しているのでしょう。

回答の質と量が今のところ比較的優れていると思えるからです。 miharaseihyou2009/04/20 19:53:49ポイント3pt

無料のサイトは屑回答や無回答になりやすい。

特に広範囲な専門知識の必要な質問では、そういった傾向が強いようです。

有料のはてなではポイントゲッターという弊害もありますが、少ないポイントでも秩序をもたらしている。

おかげでアラシも少ないようです。

元々はてなでも質問のための費用は僅かなのですが、どちらを使っても同じだけの手間は掛かります。

ポイントで評価を示すことができます 松永英明@ことのは2009/04/21 21:55:48ポイント3pt

わたしははてなだけ使っています。

無料サイトは「よくわかりませんが○○じゃないでしょうか」「○○だと聞いたことがあります」「○○かもしれません」程度の思いつきで回答している例をよく見かけます。それだけでも使う気が失せます。

はてなの場合は、そういう回答に対してはゼロポイントにしたり、回答拒否にすることも可能です。


何か事実関係や正解を知りたいのではなく、みんなの意見や気持ちや思いつきを訊きたいのであれば、無料質問サイトでもいいかもしれないと思います。

無料サイトの方が「上」の場合もあります。 angel_ring2009/04/21 22:32:58ポイント2pt

無料サイトの方が参加者は圧倒的に多く、非常に詳しい人も参加しています。だから、質問が詳しい人の目に止まり、回答してもらえると有益な回答が得られる事もあります。非常識な回答は「通報」すると、すぐに削除してくれます。判断基準が厳しすぎて(一部)削除され、やりにくい事もありますが、「はてな」は残念ながら「嫌がらせの書き込み」を通報しても何もしてくれず、その辺は無料サイトの方が「上」です。「はてな」では「回答拒否」はできますが「いわし」には嫌味を書くのは野放しで「ヤフーの掲示板並み」と言えるでしょう。「はてな」はポイント欲しさに文章を読む人が多いので、そのメリットを活用して上手に使えば良いと考えています。

どのような分野でどのサイトが優れているのでしょうか?どなたでも構いません。教えてください。 miharaseihyou2009/04/21 23:41:56ポイント1pt

私の場合、正確な情報が得られればサイトは問いません。

ただし、情報が不足しています。

例えばメーカーや公的機関に聞くほどの事ではないけれど、アウトラインだけでも掴みたいと思って質問する事が多い。

ただ、削除が多いと言う事は2ch並の泥仕合が多い事の裏返しのような気がする。

手間暇掛かるだけの不毛な質問はしたくない。

その辺の情報もお願いします。

 

ついでに別件ですが、ポイント目当てに見えてもポイントゲットするよりもバイトに励む方が遙かに実入りが良い。

ポイント目当てと言うよりもネタ目当てな人が多いようです。

あらゆる書き込みは情報の固まりなので、そういう見方をする私としては「いわし」の中身が泥仕合だったとしてもある程度は放置して欲しい。

何故なら、クレーマーにも色々あって、ネタとして見れば情報が得られるからです。

クレームの付け方や表現のパターンなど、その人のパターンがモロに現れて哀れなほどです。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません