1255409602 【イエはてな】"イエコト・ミシュラン" #045


THEME:「教えるなら、学ぶなら…暮らしのワークショップ・アイデアコンテスト」

日々の暮らしとイエの中で、こんな時どうしてますか? “イエコト・ミシュラン” は、暮らしに楽しいサプライズアイデアを語らい、★(一ツ星)~★★★(三ツ星)のミシュラン評価をしていくコーナーです。ハウスキーピング、ハンドメイド、エコロジー、ヘルスライフ…毎回の質問に、あなたのアイデアをご投稿下さいね!
豊かな暮らしをつくっていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!


*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20091013

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は10月19日(月)正午で終了させて頂きます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2009/10/19 12:01:55
※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。

回答248件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
隙間歴史講座 teionsinonome2009/10/13 15:24:16ポイント10pt

歴女とか城マニアとかが今話題ですが、そこまで色々興味があるわけじゃないけどちょっと歴史を学びたい人向けの隙間歴史講座はどうでしょう

タモリさんの番組で、「坂道は昔から変わらずそこにあるから、昔の人の生活が垣間見える」と仰っていたのが興味深くて、坂道研究ってのもおもしろいなと思いました

また、「のぼうの城」という忍城の水攻めについての小説を読んで水攻めという時間も人手もお金もかかる気の長い戦法に興味を持ち、高松城の水攻めと本能寺の変の関係がまた面白かったりで只今水攻め研究中です

そんな感じで、歴史といえば歴史だけどちょっと隙間っぽい存在の歴史を興味本位でちょっと学んでみるっていう軽いノリの歴史講座、面白そうじゃないですか?

隙間歴史講座 meizhizi872009/10/13 16:52:05ポイント9pt

隙間歴史面白そうですね。私もよく「タモリ倶楽部」見ています。先日はお城に焦点が当たっていました。なぜこういう作りにしたのか、岡山城は黒いのか等々。都内でも普通の公園に見えるのに、石垣があって実は城の跡だったというのはとても興味深かったです。また、今放送している大河ドラマ「天地人」は上杉家の家臣を主役にしたドラマです。なぜ上杉の殿様ではなくて家来が主役なのだろうと思いましたが、ドラマを見ているうちに引き込まれていきました。教科書には出てこないけれど、こういう歴史があったのだと感慨深くなりました。私もテレビやドラマのおかげで日本史に興味が出始めたので、ビギナー向けでちょっとマニアックな講座があったらいいなと思います。

歴史 powdersnow2009/10/13 17:34:30ポイント8pt

詳しければ詳しいほど面白いかも知れませんが、少し知っているだけでも、旅先で訪れた場所がとても興味深くなったりしますね。

現地の解説に書いてある人物について、大まかにでも知っていれば、その場所の感じ方が全く違ってきます。

最近は、携帯電話で簡単に調べることもできますし、興味を持った名前があれば、その場で調べてみるのも面白いかも知れませんね、

展示物 tunamushi2009/10/13 21:21:20ポイント7pt

美術館や博物館に行っても、展示物にちょっとした豆知識を持っていたり歴史的な背景を知っていたりすると、興味深くなります。一つの作品についてじっくりと教えてくれる教室に行ってみたいです。

歴史講座 lepremierpas2009/10/13 22:02:42ポイント6pt

今になって学生のころにもっと歴史を学んでいれば良かったと後悔しています。

大人になってから急に過去の歴史をもっと知りたいと興味が出てきてます。

自分が生きている今を作りだした過去の歴史は奥が深いと感じます。

是非歴史講座開講してほしいですね

地元をブラ~り aekie2009/10/13 22:35:17ポイント5pt

遠くの山から川に沿った地元の道をゆっくり歩いてみると、史跡があったり歌碑があったりします。

言いたいことは大凡分かりますが、歌心がないために全然鑑賞できません。

地元の自然、何百年も前から変わらない風景を少しでも「見る」ことのできる歴史の目を養いたいです。

ブラタモリは都内だけですが、古地図さえあれば地元でもできそうですよね。

地元ながら Rytandrezone2009/10/13 22:48:26ポイント4pt

タモリ倶楽部の歴史探索は面白ですね。

地元ながら、史跡巡りをあまりしたことがないです。

地元の隠れた歴史を知れば、もっと興味がもてるでしょうね。散歩もかねて、散策するのはいいですね。

歴史探訪:地元を知る、見る、感じる fwap2009/10/14 06:03:46ポイント3pt

豪華な海外旅行より、自分の住むところの事情を知る。

気候、地域の成り立ち、特産品、観光地、有名な出身者などなど。。

軽薄な「まちづくり」、「地域再生」プロジェクトの多くは、街全体からのアプローチに掛けていると思われます。実は、街全体を見れていない。マチの調和を理解していない。

他の良いところを真似ることを否定しているわけではありません。でも、真似ることではオリジナリティに欠けてしまい、結局の所二番煎じとなり、競争力や魅力に欠けてしまうのは当然です。

だからこそ、どんな木々が生えているのか、どんな道が残されているのか?当たり前のことから調べてみるといいかもしれません。

調べ物が出来、なおかつ地域への愛着を持てる、それに何より安上がり!そんな地元探訪はこれからの社会の学び合い、教え合い、そしてマチの暮らしをいま以上のモノになると思います。

生活「誌」の提案~人と人との織りなすマチ~ wacm2009/10/14 08:53:05ポイント2pt

歴史講座というと何か仰々しく感じてしまいますが、実は生活と密着した生活「誌」でも構わないんです。「誌」とは人と人とが織りなす生活の営みの歴史。歴史の年表のように年代でぴったり、ざっくりと分断できるものではないのです。そもそも、今と昔では時間の感覚も異なっていたでしょうし。

私の義父の家では、刃物を作る工場が街全体に広がっています。

廃刀令から、刀職人が生活のために包丁やハサミと生活に密着した調理器具や工具を作るようになりました。

歴史の変わり目には大きな仕事の変化があり、そのとき地域の特質も変わることを義父の町で感じました。

地元で学び、人と交流する sidewalk012009/10/14 09:19:29ポイント1pt

おそらくどの地域にも、歴史的なつながりがあるので、高齢の方などの先輩達に、自分達のくらす街について教えてもらうことは大切だと思いますね。そこで生まれる交流が、コミュニティを豊かにしていくことにもつながるのではないでしょうか?

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません