1289364910 【イエはてな】"ディア・ライフ" #007


THEME:「これがわが家の味、幸せ料理と思い出」

“ディア・ライフ”=『親愛なる日々』。イエは暮らしと人生の舞台。「LIFE」という言葉に、生活と人生の2つの意味をこめて、イエと家族のストーリーを語り合いませんか? 心のページに刻まれた思い出も、現在のイエでの愛しいワンシーンも。毎回のテーマに沿って素敵なエピソードを、豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドで投稿ください!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿くださいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20101110

※ピックアップ受賞メッセージは、〈みんなの住まい〉サイトにて記事紹介させていただきます。またメッセージは表記統一や文章量の調整をさせていただくことがございます。
※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。投稿期間中ははてなスターのご利用を控えていただけますようお願いいたします。
※質問は11月15日(月)正午で終了させていただきます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2010/11/15 12:08:38

回答55件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
祖母のおにぎり sayonarasankaku2010/11/10 22:37:29ポイント4pt

小さな頃、祖母が作ってくれるおにぎりが好きでした。


家では商売をしていて両親が忙しかったので、私が夕方にお腹を空かしているようだと祖母がおにぎりを作ってくれることがありました。


たぶん手にしょうゆをつけて握っていたのだと思うのですが、ご飯にしょうゆがしみて茶色くなったおにぎりでした。

自分で、こんな感じかなと真似してみたこともあるのですが、どうも祖母が作ったようにはなりませんでした。


どうやって作っているのか、祖母が元気な頃に聞いておけば良かった。

でも聞いたとおりにつくっても、祖母と同じ味にはならないような気もします。

おにぎり eiyan2010/11/11 22:40:10ポイント4pt

 日本人が一番オーソドックスで好まれるのが”おにぎり”ですね。

 今は”おむすび”とか”寿司”っていうらしいですね。

 やはり日本人は”おにぎり”が一番美味しく好まれますね。

 あ~!

 そんな話題を出したら食べたくなったので、明日にでも即興で作って食べようかな?

おにぎり gtore2010/11/14 12:55:28ポイント3pt

うちのおにぎりは、いつも俵型でした。懐かしいですね。

いまは、おにぎりといえば、コンビニのおにぎりで、

ビニールで仕切られてはいっている海苔がパリパリの状態で食べられますが、

母のつくってくれるおにぎりは、アルミホイルでくるまれていて、

海苔は水をすってしまっていましたが、それが私は大好きでした。

おにぎりはいつの時代も《イエの味》であってほしい TomCat2010/11/14 20:07:55ポイント2pt

手水の代わりにお醤油を使って握ったおにぎりなんて、すごい独特ですよね。ちょっと前まではどこのイエにも、そういうそのイエ独特のおにぎりがあったと思うんです。

 

形だけ見ても、三角型、扁平な丸形、球形、俵型などなど、地域により、イエにより、ほんと様々。大きさも、握り加減も、味の付け方も、海苔を巻く時はその巻き方も、百のイエがあれば百通りのおにぎりがあったのが、日本の食文化だったと思うんですよね。

 

だから、彼女が出来て全く違った流儀のおにぎりを握ってきてくれたりすると、うわーこれがこの子のイエのおにぎりなんだとビックリする。そういうバラエティ豊かな「おにぎり文化」が、この国にはあったと思うんです。

 

それが今は、おにぎりというと機械が成型して包装した物、って時代に変わってしまった。おばあちゃんが子供におにぎりを握ってあげると、これ違う、なんて言われる時代になってしまった。それはとても残念なことだと思うんです。

 

イエ独特のおにぎりを食べると色んな思い出が蘇ってくる、そういうおにぎりを大切に受け継いでいく、そういう食文化を大切にしたいと思います。

 

id:sayonarasankakuさん、ぜひお祖母様のおにぎり、研究して再現してくださいよ。おにぎりは、握り加減一つで食感だけでなく味わいまで変わっていく、けっこう微妙な料理なんですよね。ですからほんと、作る手順を聞いただけでは再現は難しかったと思います。だから、今から研究を始めても、条件はお祖母様がお元気でいらした頃と同じです。ぜひ再現して欲しいなあ。そしていつか機会があったら、私にも食べさせてください(´q`)じゅる

そうですね! sayonarasankaku2010/11/14 23:06:52ポイント1pt

祖母のしょうゆのおにぎり、実は今回の「これがわが家の味、幸せ料理と思い出」のサプリで『我が家の味はなんだろう?』と考えたときに、ふっと思い出したのです。

サプリがなければ、まだまだ忘れていたかもしれません。


id:TomCatさん、そうですよね。

ちょっと試して同じ味にならないからって、すぐ駄目と思うのは早いですね。

ぜひ、また作ってみようと思います。


ちなみに母がつくるおにぎりは、たたいた梅肉をごはんに混ぜて握るおにぎりで、たたいて混ぜると梅干の酸っぱさが優しくなって、それもまた美味しいおにぎりでした。

このおにぎりは私もマスターしました。(笑)


みんなで我が家の味のおにぎりを持ち寄ってのおにぎりパーティーなんていうのも楽しそうです。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:28
      「ハタチからの揚げ出し豆腐&簡単お手軽揚げ出し高野豆腐」 by id:YuzuPON 父親が息子に対して抱く夢の代表例は、少年時代のキャッチボールと、二十歳を過ぎてからの一緒に一杯でしょ
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:29
      「むいた皮でもう一品、母の作るきんぴら」by id:TinkerBell 病気で入院していた時、食べたくて仕方がなかった料理は、母が作るきんぴらでした。 母の作るきんぴらは、いわば野菜屑のリ
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:29
      「山椒の葉の佃煮」by id:CandyPot 正確には佃煮とちょっと作り方が違いますが、わが家のやり方をご紹介しますね。材料は、山椒の葉、お醤油、そして味醂です。 1.山椒の葉を摘み、固い
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:30
      「父が好きだった鰹の角煮」by id:lCatnip 鰹は安い切り落とし。これを見つけると、父は嬉々として買って帰ってきます。そしてさっさと台所に入って角煮を作り始めるのでした。鰹は一
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:30
      「高菜チャーハン」by id:Fuel 母が体調を崩して伏せっていたころ、父が作ってくれた料理です。材料はその時々で変わりますが、基本は高菜漬けのみじん切り。熱した中華鍋に高菜を入
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:30
      「手作り餃子は家族の味」by id:maruiti これぞ我が家の思い出の料理と言えば餃子!!です。 自分が子供の頃、家で皮から餃子を作りました。 皮からつくる餃子は手間はかかりますが、味
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:30
      「覚弥の香々」by id:sumike  小さい頃は匂いが苦手だったけど、大きくなるにつれ母の手作りが本当に美味しい!というものがあります。 それは糠漬けです。  忙しい中でも母は糠床を毎
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:30
      「いつも食卓にあるわが家の味、ひじきと油揚げの煮物」by id:tough わが家の常備菜的なものに、ひじきと油揚げの煮物があります。子供のころはこれが苦手でした。嫌いではないのです
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:31
      「なつかしのすいとん」by id:offkey 私がまだ子どもだった頃、よく食卓に並んだ料理がすいとんです。 我が家は自営業で、父が昼食を家で取ったり、外で取ったりと不規則だったので、
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:31
      「きび砂糖の優しさで作る里芋としめじの煮っころがし」by id:chairs 祖母、そして母・・・・・・ そうして受け継がれている一つが我が家の味として私の家では定番となっております。
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:32
      「夕食のお刺身」by id:castle 実家でよく出る料理といえば、はたはたのお刺身ですね。毎朝業者の方が魚を売りにくるので、その新鮮なはたはたをお刺身にしたものが頻繁に夕食に上がり
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません