1289364910 【イエはてな】"ディア・ライフ" #007


THEME:「これがわが家の味、幸せ料理と思い出」

“ディア・ライフ”=『親愛なる日々』。イエは暮らしと人生の舞台。「LIFE」という言葉に、生活と人生の2つの意味をこめて、イエと家族のストーリーを語り合いませんか? 心のページに刻まれた思い出も、現在のイエでの愛しいワンシーンも。毎回のテーマに沿って素敵なエピソードを、豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドで投稿ください!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿くださいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20101110

※ピックアップ受賞メッセージは、〈みんなの住まい〉サイトにて記事紹介させていただきます。またメッセージは表記統一や文章量の調整をさせていただくことがございます。
※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。投稿期間中ははてなスターのご利用を控えていただけますようお願いいたします。
※質問は11月15日(月)正午で終了させていただきます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2010/11/15 12:08:38

回答55件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
山椒の葉の佃煮 CandyPot2010/11/11 15:30:52ポイント2pt

正確には佃煮とちょっと作り方が違いますが、わが家のやり方をご紹介しますね。材料は、山椒の葉、お醤油、そして味醂です。

1.山椒の葉を摘み、固い軸を取り除きます。

2.大きなお鍋に湯を沸かし、山椒の葉をどばっと入れて、再び沸き立ってきたらすぐにザルに上げて冷水に放ちます。この間1~2分。

3.そのまま水に20~30分さらしておきます。

4.お鍋に山椒の葉を入れ、醤油2・味醂1の割合でふりかけながら、炒り煮のようにしていきます。熱とお醤油の塩分でどんどん水分が出てきますから、焦がさない程度に水分を飛ばしつつ、味見をしながらお醤油や味醂を足していきます。山椒は香りが強いので、味は濃く付けてだいじょうぶ。葉の量によってお醤油と味醂の量も違いますが、結構たくさん使います。

5.かさが最初の1/4くらいになったらできあがりです。


この佃煮に使う山椒は、子どものころに住んでいた家の庭にあったものでした。毎年アゲハチョウの幼虫もやってくる、大好きな木でした。山椒にしてはけっこう大きな木で、さらに雄株と雌株が1本ずつあったので、こうして佃煮にするために葉を取ってもまだ、アゲハの子の分もたっぷり残ります。あったかいごはんに、ちょっとだけ佃煮をのせてパク。山椒の葉の香りが、どこかミントにも似た清涼感になってお口に広がりました。


引っ越した新しいイエには山椒の木がなく、新たに植えることもありませんでしたが、ご近所に山椒の木が複数あり葉っぱがいただけるので、この味は絶えずにわが家に残りました。食べると、元のイエを思い出しました。

「あのおうち、まだ残ってるのかなぁ」

「どうかなぁ、そのまま住んでくれる人が買ってくれてたらいいね」

庭の山椒はどうなったかなぁ。新しく住んでくれた人が、そのまま大切にしてくれていたらいいなぁ。毎年そう思いながら食べていました。いつのまにか山椒の葉の佃煮は、生まれ育った懐かしいマチとイエを懐かしむ味になっていました。


そんな懐かしいマチに帰ることができたのは、つい最近のことでした。懐かしい友だちが出迎えてくれて、それは懐かしい時間が過ごせました。友だちに「私が住んでたイエ、今どうなってる?」とたずねてみたくなりましたが、それはやめにしました。自分の足で歩いて行って、自分の目で確かめようと思ったんです。友だちは「あなたが前に住んでいたイエ、今はね」なんて教えてくれようとしましたが、

「わー、言わないで、自分の目で確かめてみたいから」

「じゃ明日、一緒に見に行こう」

「うん!!」

そして翌日…。


懐かしい町並みを、友だちと一緒に歩きました。ここは通学路。子供のころの学校帰りを思い出します。景色は昔のままのようにも見えましたが、よく見るとけっこう変わっていました。きっとあのイエも今はないんだろうな。そう思いながら懐かしいイエの近くまでいくと…。あれ、あれれれれ。友だちはパパパッと駆けていって、庭にいたおじさんに「連れてきたよー」なんて声をかけています。


聞いてみたら、なんと今そこに住んでいるのは、友だちのご親戚の方でした。一度売れたイエがまた売りに出て、三度目の住人になったのは、退職して元のマチに戻ってきた友だちのおじさんだったんです。

「こんな田舎に新しい人なんて引っ越してこないよ、イエを買う人がいるとしたらみんな誰かの縁続き」

「うわぁぁ」

イエはきれいにリフォームされていましたが、玄関の場所も窓の位置も昔のままでした。お庭もきれいに手入れされていて、懐かしい山椒の木もそのままの場所にありました。


また会えた。きっとその時、私は泣きそうな顔をしていたと思います。おじさんが、ためしに挿し木にしてみるかいと声をかけてくれました。

「できるんですか?」

「山椒の挿し木は難しいし時期もずれてるからうまくいかんかもしれんけど…、持ち帰りやすいように団子挿しでやってみよう、準備しておくからまた帰りにでも寄ってくんないかい」

思わぬプレゼントに、私は本当に泣いてしまいました。こうして持ち帰ってきた山椒、ちゃんと根付くか不安でしたが、なんとかうまくいったようで、今わが家の庭で育っています。まだ葉を取るには早すぎるチビ山椒ですが、きっといつか大きくなって、わが家の味を支え続けてくれると思います。

佃煮 eiyan2010/11/11 22:42:46ポイント1pt

 佃煮の材料は何でも良い。

 色んな材料を使えば尚バラエテー豊富で美味しい。

 ”山椒は小粒でピリリと辛い!”

 

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:28
      「ハタチからの揚げ出し豆腐&簡単お手軽揚げ出し高野豆腐」 by id:YuzuPON 父親が息子に対して抱く夢の代表例は、少年時代のキャッチボールと、二十歳を過ぎてからの一緒に一杯でしょ
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:29
      「むいた皮でもう一品、母の作るきんぴら」by id:TinkerBell 病気で入院していた時、食べたくて仕方がなかった料理は、母が作るきんぴらでした。 母の作るきんぴらは、いわば野菜屑のリ
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:29
      「山椒の葉の佃煮」by id:CandyPot 正確には佃煮とちょっと作り方が違いますが、わが家のやり方をご紹介しますね。材料は、山椒の葉、お醤油、そして味醂です。 1.山椒の葉を摘み、固い
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:30
      「父が好きだった鰹の角煮」by id:lCatnip 鰹は安い切り落とし。これを見つけると、父は嬉々として買って帰ってきます。そしてさっさと台所に入って角煮を作り始めるのでした。鰹は一
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:30
      「高菜チャーハン」by id:Fuel 母が体調を崩して伏せっていたころ、父が作ってくれた料理です。材料はその時々で変わりますが、基本は高菜漬けのみじん切り。熱した中華鍋に高菜を入
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:30
      「手作り餃子は家族の味」by id:maruiti これぞ我が家の思い出の料理と言えば餃子!!です。 自分が子供の頃、家で皮から餃子を作りました。 皮からつくる餃子は手間はかかりますが、味
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:30
      「覚弥の香々」by id:sumike  小さい頃は匂いが苦手だったけど、大きくなるにつれ母の手作りが本当に美味しい!というものがあります。 それは糠漬けです。  忙しい中でも母は糠床を毎
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:30
      「いつも食卓にあるわが家の味、ひじきと油揚げの煮物」by id:tough わが家の常備菜的なものに、ひじきと油揚げの煮物があります。子供のころはこれが苦手でした。嫌いではないのです
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:31
      「なつかしのすいとん」by id:offkey 私がまだ子どもだった頃、よく食卓に並んだ料理がすいとんです。 我が家は自営業で、父が昼食を家で取ったり、外で取ったりと不規則だったので、
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:31
      「きび砂糖の優しさで作る里芋としめじの煮っころがし」by id:chairs 祖母、そして母・・・・・・ そうして受け継がれている一つが我が家の味として私の家では定番となっております。
  • イエはてな -   2010-11-16 14:16:32
      「夕食のお刺身」by id:castle 実家でよく出る料理といえば、はたはたのお刺身ですね。毎朝業者の方が魚を売りにくるので、その新鮮なはたはたをお刺身にしたものが頻繁に夕食に上がり
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません