1290574750 【イエはてな】"イエコト・ミシュラン" #065


THEME:「素敵な日本を発見!気楽に和の時間コンテスト」

イエで○○のスペースを作るいいアイデアありませんか?イエで○○するとしたらどんなプランにしますか?“イエコト・ミシュラン”は、暮らしの空間と時間作りをめぐるテーマ質問に楽しくオドロキ!なアイデアをご投稿いただき、★(一ツ星)~★★★(三ツ星)のミシュラン評価をしていくコーナー。豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドでご投稿ください!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿くださいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20101124

※ピックアップ受賞メッセージは、〈みんなの住まい〉サイトにて記事紹介させていただきます。またメッセージは表記統一や文章量の調整をさせていただくことがございます。
※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。投稿期間中ははてなスターのご利用を控えていただけますようお願いいたします。
※質問は11月29日(月)正午で終了させていただきます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2010/11/29 12:03:14

回答53件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
香りで楽しむ日本の心 SweetJelly2010/11/28 15:56:52ポイント1pt

香りを楽しむ文化は洋の東西を問わず存在しますが、日本の伝統文化では、香木の香りを楽しむことがその中心です。しかもそれを煙を出さないように慎重にくゆらしながら、立ち上る香りを楽しむのです。その香りを感じることを、日本では「香を聞く」と表現します。この繊細な香りの文化は、華道や茶道とほぼ同じ室町時代に、香道として大成されていきました。この日本独自の美意識によって育まれてきた香りを、現代生活にも生かしていきませんか。


香木を本格的に香らせるには、専用の炭を熱源にして灰で温度調節をするという香炉が用いられますから、炭を熾したり灰を整えたりと、かなり手間がかかります。また、上手に焚けるようになるには少しの慣れも必要です。でも最近はいい物があるのです。


たとえば蝋燭を熱源にした香炉。蝋燭に火を付けて、上に香木を乗せるお皿をかぶせれば、それだけで手軽に、平安時代の姫君も楽しんでいたであろう香木の香りが楽しめます。香木は、くゆらす温度が大切ですが、それは蝋燭と香木を乗せたお皿との距離で調節します。蝋燭ですから燃えていけば短くなって温度が一定しませんが、香道の聞香(もんこう)のような掌の香炉からほのかに立ち上る香りを直接楽しむデリケートな焚き方ならいざ知らず、室内に香らせる空薫(そらだき)なら、こんな簡易な方法でも結構楽しめます。欠点は、蝋燭の燃焼の匂いが混ざってしまうこと。特に火を消した時の匂いは目立ちますから、消火は室外で行うようにいたしましょう。


さらに簡易で欠点も少ない現代的な香炉として、電気を熱源に使った物もあります。これは温度調節もしやすいですし、熱源の匂いもありませんから、とても簡単に香木の香りが楽しめます。私が持っているのは、伝統的な香炉と同じように銀葉(雲母の薄片)を乗せて使用する物なので、香り方もなかなか本格的です。欠点は、ちょっと価格が高いことと、熱源が地球温暖化につながるエネルギーに依存してしまう点。


伝統的な香炉は熱源が炭ですし、蝋燭の香炉も木蝋など植物由来原料の蝋燭を使えば、どちらも二酸化炭素の発生と固定の均衡を崩しません。が、電気ではそうはいきませんね。些細な排出とはいえ、やはり四季の自然の美しさを尊んできた和の心を楽しもうとする時に、それに逆行する二酸化炭素の排出は胸が痛みます。電気香炉は、日頃から省エネに努めて、それでお金と二酸化炭素排出量を節約して買ってください。こういう自然環境を尊ぶ配慮も、和の心のひとつだと思います。


さらにお香と環境について書いておくと、上質な香木として珍重された伽羅(きゃら)は、今はワシントン条約希少品目第二種に指定され、容易には輸出入が出来なくなっています。植物その物が絶滅の危機にあるということではないと思いますが、お香のお店のサイトにこんな説明がありました。

http://www.yoshihashi.co.jp/shop/kotoba/soboku/soboku.html#san

沈香のとれる産地はベトナム、カンボジア、インドネシア等です。

  沈香のある場所は、ジャングル。しかも戦争があり地雷が沢山。

  よって人が入っていける場所にはもう沈香はありません。

  しかも、木にバクテリアが作用して樹脂化したものなので人工的に作る事はできません。

  ですから、今現在使用しているものがなくなればもう沈香はありません。

  沈香のなかでも伽羅は最良のものです。だからとても高価なのです。

どうやら長く続いたベトナム戦争の傷跡が、今も尾を引いているようです。


日本の伝統の香りとはいえ、その原料は遥か昔から、海を渡って日本にもたらされてきた物でした。その貴重な香木を大切に大切に、少しずつ少しずつ使って香りを楽しんできたのが、千数百年にわたって日本で育まれてきた香の文化だったのです。


今私達が容易に入手できる香木も、やはり産地の多くは東南アジア諸国です。香は心を落ち着け、安らげてくれますが、その香を聞く時には、戦争なんて必要のない世界の安らぎと安定も願っていきたいものですね。


ちなみに香の楽しみを道にまで高めた香道も、足利将軍家の近臣であった志野宗信(香道および茶道の志野流初代)が、戦乱による世相の悪化を憂い、将軍に香や茶や連歌などをすすめ、武家政治の中にも温雅な思想を打ち立てようとしたことに始まると言われています。香はただ香りを楽しむだけでなく、世の中の平和安定を願う心の文化でもあったのです。

http://www.okou.or.jp/manabi.html


そうしたことも踏まえながら、繊細な和の香りの美を、まずは手軽な道具で楽しんでみてください。忙しさに紛れて温雅さを忘れがちな毎日の中に和の香り。煙を立てて焚くお線香や洋風のアロマオイルとはまた違った伝統の香りが、ゆったりとしたくつろぎをもたらし、心も体も癒してくれると思います。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 素敵な日本を発見!気楽に和の時間コンテスト #065テーマ 「素敵な日本を発見!気楽に和の時間コンテスト」 さて、今日は“イエコト・ミシュラン”#065の語らいのスタートです。今回のお
  •  ★★★(三ツ星) 「石で和の時間を楽しむ」by id:Catnip 日本には昔から、石や、石のある景観を楽しむ文化がありました。その代表例が日本庭園ですね。日本庭園には様々な様式がありま
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:37
      「気楽な古民具と共に過ごす和の時間」by id:watena 古民具。それは昔の庶民が日常生活の中で、あるいは農耕などの営みの中で使っていた道具のことです。骨董の一種ですが、高貴な人々
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:37
      「風呂敷で楽しむ日本の美」by id:Fuel 風呂敷は、それらしい物が正倉院にも見られるほどの歴史を持つ、由緒正しき日本の伝統的アイテムです。平安中期の辞書的書物「和名類聚抄」に
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:37
      「千代紙で遊ぼう」by id:Cocoa 気楽に和の時間を楽しむなら、千代紙を使った遊びはいかがですか。千代紙には、素材にも、刷られ方にも、模様にも、和の伝統が息づいています。 まず最
  •  ★★(二ツ星) 「琴や尺八・三味線などの音で和を楽しむ」by id:TomCat 箏曲「春の海」(宮城道雄作曲)が流れてくると、季節にかかわらずお正月気分に浸ってしまう人は少なくないと思
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:38
      「手書き文字を見直そう」by id:ekimusi 現代では会社や学校、家庭でもパソコンや携帯での文書作成、メールでのやりとりが急速に普及しています。 とっても便利ですが、その反面、活字
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:38
      「「江戸しぐさ」を生活に取り入れてみる」by id:offkey 少し前から「江戸しぐさ」という言葉を聞くようになりました。 これは江戸時代の商人たちが商売繁盛の秘訣とした心得とも、当
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:38
      「普段、日常的に抹茶を飲む」by id:iijiman うちは、珈琲や紅茶や「柿の葉茶」といったものも大いに飲みますが、「抹茶」も普段から飲みます。 一応抹茶用の茶碗はありまして、といっ
  •  ★(一ツ星) 「香りで楽しむ日本の心」by id:SweetJelly 香りを楽しむ文化は洋の東西を問わず存在しますが、日本の伝統文化では、香木の香りを楽しむことがその中心です。しかもそれを
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:40
      「和菓子で和!!」by id:momokuri3 大人になって、和菓子っておいしいものだなと感じるようになりました。おいしいだけでなく、よくできた和菓子には、日本文化の根底をなす季節の美し
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:41
      「時を自然に感じてみよう」by id:maruiti 昔、人は今とは異なる時の感覚で生活をしていました。 日の出は卯の刻。 日暮れは酉の刻。 季節は変わっても、常に太陽が生活の基準なのです
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:42
      「お部屋の雰囲気にあわせて生け花を飾る」by id:castle 和室のイメージといえば、ひとつは仏壇に神棚があるお座敷。もうひとつは、生け花に掛軸がるお座敷といったものが私の中では定
  • 12月のダイジェスト&アマゾンギフト券当選者発表 本格的な冬のはじまりに、あたたかな語らいを存分に楽しんだ12月の〈イエはてな〉。シーズン・サプリでは、お庭の赤い実をはじめとす
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません