1290574750 【イエはてな】"イエコト・ミシュラン" #065


THEME:「素敵な日本を発見!気楽に和の時間コンテスト」

イエで○○のスペースを作るいいアイデアありませんか?イエで○○するとしたらどんなプランにしますか?“イエコト・ミシュラン”は、暮らしの空間と時間作りをめぐるテーマ質問に楽しくオドロキ!なアイデアをご投稿いただき、★(一ツ星)~★★★(三ツ星)のミシュラン評価をしていくコーナー。豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドでご投稿ください!

*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿くださいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とアイデア例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20101124

※ピックアップ受賞メッセージは、〈みんなの住まい〉サイトにて記事紹介させていただきます。またメッセージは表記統一や文章量の調整をさせていただくことがございます。
※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。投稿期間中ははてなスターのご利用を控えていただけますようお願いいたします。
※質問は11月29日(月)正午で終了させていただきます。

回答の条件
  • 1人10回まで
  • 5000 ptで終了
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2010/11/29 12:03:14

回答53件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
気楽な古民具と共に過ごす和の時間 watena2010/11/29 01:19:51ポイント1pt

古民具。それは昔の庶民が日常生活の中で、あるいは農耕などの営みの中で使っていた道具のことです。骨董の一種ですが、高貴な人々の間で受け継がれてきた物や、美術的な価値が高い物とは違います。極論すれば、時代の変化によってうち捨てられてきたガラクタ。現代ならすぐに粗大ゴミとして捨てられてしまうような存在が、物を捨てない時代だったがゆえに現代にも残っている。そんな名も無き民の道具達です。

今もまだ、色々な道具達が現代に伝えられています。さすがに江戸時代からそれ以前の物は文化財的な扱いで一般に出回ることは少ないですが、明治以降の物なら結構、古物市場に出回っています。それらも段々現代に近い物にシフトしてきていますが、明治・大正・昭和と時代は流れても、農産漁村で使われてきた道具は、そんなに形を変えていないのです。ですから、比較的安価に手に入る数十年前程度の道具からでも、十分に庶民の歴史の再発見が可能です。

今、わが家のリビングには、昔の糸つむぎに使われた木製の糸車が飾ってあります。骨董品屋で見つけて、1個1000円で3個買ってきました。綺麗に磨いて和風の布の上に無造作に乗せていますが、なかなか素敵な和のインテリアとなって、家族にも好評です。

玄関では、おそらく何らかの農機具か水車などに用いられていた物だと思うのですが、木製の歯車が花瓶を置く台として使われています。しかしそれは見事にパカッと割れてしまっています。これも割れている状態のまま埃を被っていたのを安価で買ってきた物でした。丹念に磨いて2回ほど蜜蝋を擦り込んで仕上げたら、年代を経た木の肌の綺麗なこと。割れた片方を花瓶の台に、もう片方を花瓶の後ろに立てかけて使っています。これも和の雰囲気が満点です。

これらは今はもう使い道が無い物を飾り物として使っている例ですが、今まで何度かイエはてなでも話題になっている鉄瓶や火鉢といったものは、現代でもそのまま使っていける道具ですね。陶器の食器類などもそうです。庶民が使っていた陶器類は数物と呼ばれる量産品でしたから、古い物でもそれなりに安価に出回っています。こういう物は現代の私たち庶民の実用にも適した古道具です。

先日手に入れたのは、棹の上で分銅を動かして釣り合った所の目盛りを読んで重さを量る棹秤です。下皿も分銅も紛失した状態の半端物で、つまりは棹だけしか無い状態。これも大変お安く買ってきました。今、銅板を打ち出して下皿を作り終え、これから分銅の復刻(製作)に取りかかっていくところ。棹が作られた時代に合った形に作りたいと、ネットで色々な画像を検索して調べている所です。手仕事好き、物作り好きの人は、こんな半端ものや破損品のリペアーを通じて日本を再発見していく時間も楽しいと思います。

以上いずれの例にしても、元々相場が安いもの、傷ものや半端ものなどを上手く活用して、お小遣い程度の気楽な出費で楽しんでいく所に主眼があります。古民具が醸し出す和の雰囲気は、「和風」ではない本物の「和」ですから、皆さんもちょっと興味を持って、古い庶民の道具について調べてみてください。そこから模倣ではない本当の和に、手軽に触れていけると思います。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 素敵な日本を発見!気楽に和の時間コンテスト #065テーマ 「素敵な日本を発見!気楽に和の時間コンテスト」 さて、今日は“イエコト・ミシュラン”#065の語らいのスタートです。今回のお
  •  ★★★(三ツ星) 「石で和の時間を楽しむ」by id:Catnip 日本には昔から、石や、石のある景観を楽しむ文化がありました。その代表例が日本庭園ですね。日本庭園には様々な様式がありま
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:37
      「気楽な古民具と共に過ごす和の時間」by id:watena 古民具。それは昔の庶民が日常生活の中で、あるいは農耕などの営みの中で使っていた道具のことです。骨董の一種ですが、高貴な人々
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:37
      「風呂敷で楽しむ日本の美」by id:Fuel 風呂敷は、それらしい物が正倉院にも見られるほどの歴史を持つ、由緒正しき日本の伝統的アイテムです。平安中期の辞書的書物「和名類聚抄」に
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:37
      「千代紙で遊ぼう」by id:Cocoa 気楽に和の時間を楽しむなら、千代紙を使った遊びはいかがですか。千代紙には、素材にも、刷られ方にも、模様にも、和の伝統が息づいています。 まず最
  •  ★★(二ツ星) 「琴や尺八・三味線などの音で和を楽しむ」by id:TomCat 箏曲「春の海」(宮城道雄作曲)が流れてくると、季節にかかわらずお正月気分に浸ってしまう人は少なくないと思
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:38
      「手書き文字を見直そう」by id:ekimusi 現代では会社や学校、家庭でもパソコンや携帯での文書作成、メールでのやりとりが急速に普及しています。 とっても便利ですが、その反面、活字
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:38
      「「江戸しぐさ」を生活に取り入れてみる」by id:offkey 少し前から「江戸しぐさ」という言葉を聞くようになりました。 これは江戸時代の商人たちが商売繁盛の秘訣とした心得とも、当
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:38
      「普段、日常的に抹茶を飲む」by id:iijiman うちは、珈琲や紅茶や「柿の葉茶」といったものも大いに飲みますが、「抹茶」も普段から飲みます。 一応抹茶用の茶碗はありまして、といっ
  •  ★(一ツ星) 「香りで楽しむ日本の心」by id:SweetJelly 香りを楽しむ文化は洋の東西を問わず存在しますが、日本の伝統文化では、香木の香りを楽しむことがその中心です。しかもそれを
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:40
      「和菓子で和!!」by id:momokuri3 大人になって、和菓子っておいしいものだなと感じるようになりました。おいしいだけでなく、よくできた和菓子には、日本文化の根底をなす季節の美し
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:41
      「時を自然に感じてみよう」by id:maruiti 昔、人は今とは異なる時の感覚で生活をしていました。 日の出は卯の刻。 日暮れは酉の刻。 季節は変わっても、常に太陽が生活の基準なのです
  • イエはてな -   2010-11-30 13:51:42
      「お部屋の雰囲気にあわせて生け花を飾る」by id:castle 和室のイメージといえば、ひとつは仏壇に神棚があるお座敷。もうひとつは、生け花に掛軸がるお座敷といったものが私の中では定
  • 12月のダイジェスト&アマゾンギフト券当選者発表 本格的な冬のはじまりに、あたたかな語らいを存分に楽しんだ12月の〈イエはてな〉。シーズン・サプリでは、お庭の赤い実をはじめとす
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません