【福島原子炉事故】女川原発は火災が発生したけど13日までに1~3号まで全てが冷温停止状態になりました。福島第2の1~4号も冷温停止状態になってるとの事です。すると残念ながら設計上の安全率、事故の発生してからの対応か何らかの違いがあったと思います。原子炉事故も収束に向かっていますから、これから設計する原子炉に何が求められるか話しませんか?


日本経済新聞の「巨大地震4つの誤算 ガソリン・原発・停電・政治」には
http://www.nikkei.com/news/headline/archive/article/g=96958A9C93819696E3EBE2E0838DE3EBE2E1E0E2E3E39FE3E2E6E2E2;df=2
女川原発の想定津波高さが9.1メートル。福島第1と2は5.7メートル、5.2メートルと違います。
少なくとも想定津波高さをあげる。非常用発電施設を防水にする。
長期間の電力のロスに対応出来るように燃料を蓄えるとうは必要だと思います。

女川と福島の違いを検討していかないといけないと思います。
>東北電力 女川原発 緊急情報
http://www.tohoku-epco.co.jp/emergency/8/index.html

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 200 ptで終了
  • 登録:
  • 終了:2011/03/29 21:30:02
※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。

回答19件)

<前のツリー | すべて | 次のツリー>
いっそ、ウラニウム炉ではなくトリウム炉を開発した方が安全かもしれない。 miharaseihyou2011/03/22 22:04:45ポイント3pt

http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_Key=03-0...

 炉心溶融温度を比較的高くできるので、安全性に勝る可能性が高い。

とりあえず、生産国のインドとの仲も良好だし、高速増殖炉が頓挫している現状からも、トリウム炉の将来性は高いと思う。

現実問題として、ウラニウム炉へのアレルギーは各県とも高すぎて、今後の開発が難しいと思う。

トリウム炉は勉強してないのでわかりません。 pascal72011/03/25 22:13:43

将来の話ではないのですか?

炉を冷温停止状態にして何年かの調査期間、問題点の解決、再設計

次の原子炉を作るのがいつになるかはわかりませんが。

5年とか10年後に製造可能になる技術でないといけないと思います。

ですから、トリウム炉は次の原子炉には間に合わないと思いますよ。

実験炉原型炉実証炉実用炉という段階を踏まないといけないのですから。

インドでは実際に開発に着手しているそうです。 miharaseihyou2011/03/25 22:48:40ポイント2pt

 ウラニウム炉は核兵器の原料を製造できることもあって普及したような側面もあります。

トリウム炉の技術的な困難さも冶金工学などの進歩で乗り越えられる可能性が高いと思います。

ウラニウムの埋蔵量の問題もあります。

トリウムの方が地球上では埋蔵量が多いと言われています。

特許も絡むので、出来るだけ早く開発に参加するべきではあるのです。

研究する。将来方式を変更するというのは問題ないと思います。 pascal72011/03/26 21:48:52

トリウム炉の利点は十分評論できませんが。

研究する実験炉を作るというのでしたら賛成です。

<前のツリー | すべて | 次のツリー>

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません