匿名質問者

企業で3Dプリンターはどのような用途に使われているのでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 登録:
  • 終了:2014/06/04 17:07:26

ベストアンサー

匿名回答1号 No.1

新製品を開発する際に、部品の模型を作って、シミュレーションすることが多いそうです。
例えば現場で幾つか組み合わせて動かしてみて動きを見るとかです。
仮想空間でもできますが、現物に合わせて仮の模型を取り付けてみるというのは意外に有力な手法なんだそうです。

部品そのものの製作で、型取りに使って、鋳型の原形にすると言うのもある。
今までは粘土や削り出しで立体的な部品の原形を作って、それから鋳型を製造していたんですが、元になる原形を簡単に製作できるので多品種対応も比較的短時間で可能だとか。

他にも、製作した部品をそのまま現場で使う例もあります。
もっとも有名なのは歯列矯正に使う方法です。
患者の歯に合わせて製作した矯正用の型を少しずつ変化させることで歯列矯正を行います。
ブラケットを使う従来の手法よりも患者の負担が小さく、短い期間で矯正が完了し、今まで難しかった方向にも歯を動かせる上に成功率が高いそうです。
ただし、アメリカの特許なんだそうで、お値段はかなり高めで対応できる矯正歯科医も少ない。

匿名質問者

なるほど、新製品開発の模型なんですね。どうも大量生産には、コストや時間という意味では使われないようですね。
有難うございました。

2014/06/04 17:05:08

その他の回答1件)

匿名回答1号 No.1

ここでベストアンサー

新製品を開発する際に、部品の模型を作って、シミュレーションすることが多いそうです。
例えば現場で幾つか組み合わせて動かしてみて動きを見るとかです。
仮想空間でもできますが、現物に合わせて仮の模型を取り付けてみるというのは意外に有力な手法なんだそうです。

部品そのものの製作で、型取りに使って、鋳型の原形にすると言うのもある。
今までは粘土や削り出しで立体的な部品の原形を作って、それから鋳型を製造していたんですが、元になる原形を簡単に製作できるので多品種対応も比較的短時間で可能だとか。

他にも、製作した部品をそのまま現場で使う例もあります。
もっとも有名なのは歯列矯正に使う方法です。
患者の歯に合わせて製作した矯正用の型を少しずつ変化させることで歯列矯正を行います。
ブラケットを使う従来の手法よりも患者の負担が小さく、短い期間で矯正が完了し、今まで難しかった方向にも歯を動かせる上に成功率が高いそうです。
ただし、アメリカの特許なんだそうで、お値段はかなり高めで対応できる矯正歯科医も少ない。

匿名質問者

なるほど、新製品開発の模型なんですね。どうも大量生産には、コストや時間という意味では使われないようですね。
有難うございました。

2014/06/04 17:05:08
匿名回答2号 No.2

このような用途で使われるようです。

形状参照、プレゼンテーションモデル、嵌合/組立て、試作モデル、金型/鋳造、ツール/部品、機能パーツ、教育/調査

具体的な比率はこちら

業界別ではこのようになります

匿名質問者

有難うございました。

2014/06/04 17:05:34

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません