匿名質問者

ドイツでは、第一次大戦後も、貴族を示すタイトルである次のもの、「von」「Freiherr von 」「Graf von」などは、使用してもOKだったそうですが、もともと、この称号になにか特権があったのでしょうか。第一次大戦の前では、なにかメリットがあったんでしょうか。例えば、税法上の有利なこと、外国滞在時や、国境での審査で有利なことがあったんでしょうか。また、犯罪を犯した時の取り扱いなど。

単に、名乗るとかっこいい?だけだったのでは、とも思えるので、実態はどうだったのか、質問を投稿いたします。

(なお、第二次大戦後の現在も、使うのは、OKだと思います。名刺に書いたり、書籍や論文の著者名に用いても、パスポートで使っても、OKだと思います。具体例をご存じであれば、ご紹介いただけると幸いです。)

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2015/07/19 21:45:03
匿名質問者

質問者から

匿名質問者2015/07/13 11:05:06

日本の第二次大戦前の貴族制度(華族制度)では、税法上で、違いがあったと聞いています。また、宮中での集まりの際の席次で配慮があったようです。

回答0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません