私の自己PRで改善したほうが良い箇所があれば教えて下さい。よろしくお願いいたします。


◎私は分析力に自信があります。現状の課題を分析し、解決し、実行することができます。
その力を最も発揮したのが、「管球使用場所リスト」を作成した経験です。
今の配属先には、どの場所でどの管球を使用しているのかを書いたリストが存在しなかったので、わざわざ電気図面で確認しないといけませんでした。
そのため、入社当時に管球交換の依頼がありましても、まず現場でどの管球を使用しているのか確認するといった余計な時間が発生してしまいます。
そこで、私は上司に管球の情報をまとめた「管球使用場所リスト」を作成を提案しました。
日誌に書かれた過去4年間の管球使用履歴を参考に、Excelで作成。場所とそこで使用されている管球、点灯管を記入しました。同じ場所であるのに使用する管球が統一されていない時には、電気図面できちんと確認するようにしました。
その結果、私が作成したリストがあれば、迅速に作業にうつることができます。
この能力は、貴社に入社できた際にも必ずお役に立てると自負しております。

回答の条件
  • 1人3回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2015/07/20 18:05:04

ベストアンサー

id:jwrekitan No.2

回答回数313ベストアンサー獲得回数118

ポイント20pt

「分析らしいことをしたことが書かれていません」というalfa-gadgetさんの意見に同意します。やはり全面的な修正が必要になるのではないかと。



実は私も似たような事が得意で、あれば便利だけど、まだ存在しない・あっても普及していない索引を作っては、他の人が利用できるようにした事が何度かありました。ただ、そういうのって「かゆい所に手が届く」的なものなので、作れば皆から感謝はされるんだけれども、無ければ無いで今までも何も問題なかったし、「それができたからといってどうなのよ?」って程度の事なんですね。

そうしたリストは無ければば無いで問題ない。しかしあれば確かに便利である。頭では分かっていても、余分な仕事を抱える事になりますので、自ら進んで実行に移そうと考える人はそう多くはありません。しかし、面倒だからといって後回しにするよりは、さっさと作成してしまったほうが生産性の向上に繋がるでしょう。やはり作成する余裕があるのであれば作成してしまった方がいいのです。またこれは、裏を返せば、献身的な働きを自ら進んで行える事の証ともなります。

さらにもし、誰でも気がつくようなリストの枠を超えて、誰も考え付かなかったようなリストをも当たり前のように生み出せるのであれば、アイデアマンとしての素質があるのでしょう。であるならば、停滞した状況を打破するような発想をひねり出す事ができるかもしれません。そのへんの実情がどうなのかについては、ご自身がよく知っているのだろうとは思いますが。



と、自分と似たような人がいると知って、嬉しくてついつい脱線してしまいましたが、中段部分を多少アレンジすれば、そのままアピールに使えるのではないかと思いますよ。

id:kyouryukun

ご回答していただきありがとうございます。
椶櫚さんも私と同じ考えの持ち主のようで嬉しいです。

確かに分析力について書いていないので、この路線がいくかどうかもう一度練り直してみます。ですので、またアドバイスをいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

2015/07/13 22:29:27

その他の回答4件)

id:alfa-gadget No.1

回答回数254ベストアンサー獲得回数50

ポイント20pt

分析力をアピールしているのに分析らしいことをしたことが書かれていません。
文面からは分かりませんが「日誌に書かれた過去4年間の管球使用履歴を参考に」というところが実は簡単ではなく整理・分析が必要だったのかもしれません。
もしそうであれば、どのような分析を行ったかを伝えないと分析力のアピールにはなりません。

それまで4年以上もリストが無いというところで一からリストを作成した行動力や四年分の嫉視というと1000枚以上の日誌からこつこつとデータを拾い出した忍耐力のアピールにはなっていると思います。
その面をアピールするのであれば、どれくらい大変だったのかというような数量を示した方が良いと思います。

他1件のコメントを見る
id:alfa-gadget

「忍耐力」と書いたのはあくまでも例であって、このままではやはりアピールが弱いです。
できる人は少ないだろうが私にはできるということをアピールするわけですから、「忍耐力」をアピールするとしても普通の人であればこれは耐えられる人は相違ないだろうというエピソードが必要です。

回答では「忍耐力」という単語を使ってしまいましたが、単語の意味的には「分析力」に比べるとアピール度はかなり弱いです。
耐えているだけで何もしなくても忍耐していると捕らえられる可能性があるからです。
普通に考えるとメンテナンスのためのリストが無いというのはかなり異常なことなので、実はリストが作られなかった事情があるのかもしれません。
そういったあたりがアピールになるのではないかと思います。

2015/07/13 22:02:09
id:kyouryukun

確かに「忍耐力」はあまり伝わりにくですね。人によって感じ方が違うからでしょう。
「電球交換場所リスト」を作成した時を思い出したので、あまり分析をした覚えがありませんでした。地道にデータを抜き出してまとめていっただけです。
やはり、「忍耐力」「分析力」以外のアピールで攻めたほうが良さそうです。

アドバイスありがとうございました。

2015/07/15 19:38:25
id:jwrekitan No.2

回答回数313ベストアンサー獲得回数118ここでベストアンサー

ポイント20pt

「分析らしいことをしたことが書かれていません」というalfa-gadgetさんの意見に同意します。やはり全面的な修正が必要になるのではないかと。



実は私も似たような事が得意で、あれば便利だけど、まだ存在しない・あっても普及していない索引を作っては、他の人が利用できるようにした事が何度かありました。ただ、そういうのって「かゆい所に手が届く」的なものなので、作れば皆から感謝はされるんだけれども、無ければ無いで今までも何も問題なかったし、「それができたからといってどうなのよ?」って程度の事なんですね。

そうしたリストは無ければば無いで問題ない。しかしあれば確かに便利である。頭では分かっていても、余分な仕事を抱える事になりますので、自ら進んで実行に移そうと考える人はそう多くはありません。しかし、面倒だからといって後回しにするよりは、さっさと作成してしまったほうが生産性の向上に繋がるでしょう。やはり作成する余裕があるのであれば作成してしまった方がいいのです。またこれは、裏を返せば、献身的な働きを自ら進んで行える事の証ともなります。

さらにもし、誰でも気がつくようなリストの枠を超えて、誰も考え付かなかったようなリストをも当たり前のように生み出せるのであれば、アイデアマンとしての素質があるのでしょう。であるならば、停滞した状況を打破するような発想をひねり出す事ができるかもしれません。そのへんの実情がどうなのかについては、ご自身がよく知っているのだろうとは思いますが。



と、自分と似たような人がいると知って、嬉しくてついつい脱線してしまいましたが、中段部分を多少アレンジすれば、そのままアピールに使えるのではないかと思いますよ。

id:kyouryukun

ご回答していただきありがとうございます。
椶櫚さんも私と同じ考えの持ち主のようで嬉しいです。

確かに分析力について書いていないので、この路線がいくかどうかもう一度練り直してみます。ですので、またアドバイスをいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

2015/07/13 22:29:27
id:dev2 No.3

回答回数67ベストアンサー獲得回数26

ポイント20pt

お勤めの職場の事情のことは私には分かりませんが、
一般的な面接(するものと想定しました)の傾向と対策として、
質問を拝見して気づいたことがいくつかあります。

ひとつは、もし他業種へ転職される場合、
面接官が理解できなければアピールしても意味がないので、
管球がどのようなものか、リスト化でどのくらい作業時間を削減できるのか、
など専門外の人でも分かるやさしい説明が必要だと思います。

これは説明自体はやさしくても、やさしく説明するのは難しいです。
面接は時間が限られているため、ますます難しいです。
「それは本番でするつもり」だと、面接慣れしている人以外は
失敗の元なので、いつでも(ここでも)説明できるほうが良いです。

もうひとつは、「分析力に自信があります」ということですが、
リスト作成を提案すること自体に分析力が必要なのか、
作成をすることに分析力が必要なのか、両方なのか、
とくにやはり他業種の場合、面接官が理解できないといけないので、
想像しやすい説明が必要だと思います。
面接官が腑に落ちない感じの反応だとまずいでしょう。

みっつめは、もし同業種への就転職で管球が面接官にとって自明という場合でも、
上司、同僚、前任者らはなぜリストを作成しようと思わなかったのか、
などギャップは残るはずです。たとえば履歴の整理が面倒だと思っていたとか。

もし逆にギャップがまったくなければ、面接官が「ああ管球のリスト化ね」と
スッと通じてしまうようであれば、そもそも面接で紹介するエピソードとしては弱い可能性があります。

だから分析の過程を説明することはできる、というかすべきだと思います。
またアピールの仕方として、上司への「提案力」といった切り口もあるでしょう。
なお、どの力をアピールすべきかは、ご本人の特性や、
求める企業側の業種や職種によるので、私からは決められません。

最後にまとめると、面接とは、ほかの人にはできない問題解決が自分にはできる、というストーリーを伝える場ですが、
自分が主人公の話だから、自分が勝つ=問題解決に成功する、のは当然です。勝つ話を選ぶから。

でも、たんに問題解決に成功するだけでは、そういう話を毎回聞く面接官にとって驚きはないわけです。
そこで言葉で自分を高めようとすると、自画自賛の方向、嘘くさい方向、に行きがちだと思います。
だから、会社の敵となる問題がなぜ難しいのか、リアルに実感できるよう伝える方向がおすすめです。

id:kyouryukun

ご回答していただきありがとうございます。
椶櫚さんも私と同じ考えの持ち主のようで嬉しいです。

確かに分析力について書かれていません。よく考えますと、この仕事には分析力は必要ないと思います。ただ、電球の情報をまとめただけですし・・・。
分析力を押していくのかどうかもう一度練り直してみます。ですので、またアドバイスをいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

2015/07/13 22:33:49
id:Baku7770 No.4

回答回数2832ベストアンサー獲得回数181

ポイント20pt

転職のための自己アピールとして評価するなら、私が担当の一人であれば、修正前も修正後も不採用に投票する内容です。

『アメリカ海軍に学ぶ「最強のチーム」のつくり方』って本が最近出ていますので一読してみると良いでしょう。

まず、思ったのが自己アピールというより単なる自慢話なんですよ。だから共感を得られません。そのような話しを面接官は仕事だから聞きますよ。でも内心嫌悪感を抱くようになってきます。

実際、既に回答している他の三人への批判にもなるんですが、転職として、その転職先の会社はどういった人材を求めているか説明もしていませんね。
本当はそれがあって、それへのぱんたまさんとしてのアピールをこう言いたいんだけれどという質問なら回答できるんです。
まずそれがありません。

で、現場の使い捨て作業員、期限付きの契約社員としてならこの内容でも構わないでしょう。そうじゃなくて、長期的な正社員としての採用なら、経営的な視点が完全に抜け落ちています。
例えば、何故10年近くそのようなリストを作らずにいたのでしょう。まっとうな企業なら上司の怠慢として処理します。
オープン直後なら、電気工事を行った業者に命じて、リストを作成させますし、工事図面から作るなんて方法もあったでしょう。
どちらにしろ、工事図面について言及していますね。何故それじゃ駄目なのでしょう?どこが優れているのでしょう?
さらに加えると、入社して間もないぱんたまさんが思いついたとしても許可を受けてから作業をどのように進めたのか。普通の企業ならそういった過程を気にするものです。そこら辺が完全に抜け落ちています。
例えば上司がそんなの必要ないと言っているのに、反発し、上司の目を盗んで作った。そういった人物を嫌う企業は沢山あります。

他2件のコメントを見る
id:kyouryukun

本の内容を教えていただきまして、ありがとうございます。
なかなか興味深い内容ですね。ユーモアのようなものを感じます。

また、機会があれば読んでみようと思います。

2015/07/15 19:40:29
id:Baku7770

採用への応募の中での自己PRで難しいのは全くの同業他社であれば、経験を自分の手柄として語るのもいいのですが、類似業者程度であれば、多くの場合でそれはマイナスなんですね。
転職だと、こいつは何でそれまでの勤務先を辞めた、あるいは辞めようとしているんだろう。
人間関係が構築できない、忍耐力がない最初からそういった疑いを持たれていると考えてください。
その中で自慢話に終始してしまうと、これじゃぁ上手な人間関係を構築できないとなります。
で、お客様から褒められた。それも場合によっては少し脚色して、上司(あるいは先輩)から「お客様から対応が早くなったと褒められた」と喜んでもらえた。仲間が喜んでくれたのが嬉しいとするとそういった疑念が払拭されます。

2015/07/18 16:35:29
id:kyouryukun

転職先は同じ設備管理の業界で「真面目にコツコツと仕事に取り組める方、ゼロから新しい技術を身につけたい方、好奇心旺盛でアイデアをどんどん発信したい方、誰とでもコミニケーションを図る意欲がある方」を求めています。

みなさまから意見を元にして完成させました。この自己PRで企業様にアピールしていきたいと思います。また何か納得できない箇所がありましたら、遠慮なく教えてくださると嬉しいです。


私の強みは、成長のために貪欲に学んでいくことです。

その強みを活かした経験は、早く戦力になりたいという思いでした。

私の配属先には未経験者へのマニュアルや研修などなく、そのうえ1人勤務が多いのでトラブルにも1人で対応する能力が求められます。

勤務したての頃はトラブルが発生しましても、迅速な対応ができずお客様にご迷惑をお掛けする日々でした。

このままでは何の役にも立てないと思い、上司にトラブルに対する仮想訓練をお願いしました。

停電や機械の故障等のトラブルへの対応策を図面や実務で指導していただくことによって知識を深めていきました。

また、図面を片手に歩き回ることで建物や設備の知識を深めていきました。

その結果、機械の故障といった大きいトラブルから扉の開閉不良や電球切れ、洗面台の石鹸が出ない等の小さな異変にも対応できるようになりました。配属されて3年経った現在では、毎日建物内を巡回し不具合を修理する時間を設けています。

このような努力する姿勢を貴社の仕事でも発揮し、1日でも早く戦力として活躍していきたいです。

id:alfa-gadget No.5

回答回数254ベストアンサー獲得回数50

ポイント20pt

補足でのアピールの文章を読まさせていただきました。

勝手に想像しましたが、現在の職場ではマニュアルに類するものがほとんどないのだと想像されます。
「マニュアル化」というとサービスの均一化というマイナスのイメージを持って語られることが多いですが、スキルがばらばらなところを最低限のレベルを引き上げるという意味ではとても大切なことだと思います。

現在の職場でろくなマニュアルもないところでご自分に求められている成果を想像して、巡回時の注意点を増やしていくのは創意工夫として十分にアピールできると思います。
管球使用リストもきちんと背景が説明できれば、ちゃんとした成果としてアピールできると思います。

そのうえで重箱の隅かもしれませんがきになったところ

・「その過程で見つけた扉の開閉不良や電球切れ、洗面台の石鹸が出ない等の不具合にはすぐに修理するなどして技術を磨いていきました」
それは「技術」ではありません。
もしかすると採用時の職務範囲を超えていることなのかもしれません。
であれば、顧客目線での対応という実行力がアピールのポイントなのではないかと思います。

・「どんなトラブルにも迅速な対応ができるようになり、」
コツコツと仕事をこなしていくところから、論理の飛躍があると思います。
そこまでに書かれていたことは、仕事が早いということにはつながらないと思いますので。
元々いわれている仕事の範囲を超えて気を利かせた結果であれば「仕事が早いね」という評価ではないと思います。
逆に「仕事が早いね」という評価をいただいているのであれば、なにかそこにつながるものがあるはずです。

お客様から大きな評価をいただいているようですので、そのあたりをつじつまがあった文章で語ることができればよろしいのではないかと思います。

id:kyouryukun

アドバイスをいただきまして、ありがとうございます。

そうですね。現場にはトラブルへのマニュアルがなく、経験して覚えていくといった研修?でした。一人での勤務がほとんどですから、勤務したての頃はトラブルが発生しましても何をしたらいいのかわからなかったですね。

そのうえ、機械が故障した際の緊急連絡先リストもなかったので、とてもびっくりしましたね。未経験者なのでよく分からないですが、業界にとっては当たり前のことなのかな?と考えたりしたのですが、そんなわけないでしょう。

未経験から自分で学び理解を深めていったことをアピールしたいと思っています。当たり前のことなんですけどね。

alfa-gadget さんからも好印象をいただいたので、この自己PRをさらに練って企業様に提出したいと思います。
また、練った自己PRをこのサイトに載せましたので、またアドバイスをいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

2015/07/15 20:00:08
  • id:kyouryukun
    自己PRを書き直しましたので、またアドバイスをいただけたら幸いです。


    私はコツコツと地道な努力を積み上げる力に自信があります。
    その力を最も発揮したのが、「電球使用場所リスト」を作成した経験です。
    入社当時は管球交換の依頼がありましても、まず現場でどの管球を使用しているのか確認するか電気図面で確認する方法しかありませんでした。
    私の現場は、2003年のオープン当初から電球交換の作業をしながら、使用する電球の場所を覚えていく手法をとっているようでした。今後、働く人が入れ替わる可能性が高い現場ですので、引き継ぎの時に問題では?と感じたこと、なによりお客様に役立つモノを作りたいと思いました。
    そこで、私は上司に電球の情報をまとめたリストの作成を提案しました。
    過去4年間、1000枚以上の日誌の電球交換に関するデータ(電球の種類と交換した場所)を元に「電球使用場所リスト」を作成しました。
    その結果、迅速に交換作業をすることができるようになり、お客様から「早いですね。」とお褒めの言葉をいただきます。
    貴社においても、この姿勢を活かし、設備管理員としてお客様の問題を理解し、お客様の課題を解決するための地道に努力をしていきます。
  • id:NAPORIN
    うちは全部同じ規格のLEDですっていわれたらおわりじゃないのかなあ…
    それより人間関係とか長く働けるとかいうところをアピールしたほうが一般的には…
  • id:jwrekitan
    「コメント欄」のような内容だと、真面目さというものが伝わってきます。
    履歴書右下の空欄に記述するようなアピール文のようにも見えます。

    一方、「質問者から」のような論調だと、熱意が伝わってきますね。
    面接官相手にスピーチする文面のようにも見えます。

    実際のところ、想定しているのは文章でのアピールでしょうか?
    それとも口頭でのアピールなのでしょうか?
    例えば、「貴社」というフレーズ1つをとっても、
    口頭か文面かで「御社」と「貴社」を使い分ける必要があったりします。
    http://www.enjapan.com/tenshoku-daijiten/9178/


    僭越ながら、コメント欄側をベースにする場合、
    私の感性で添削してしまいますと、以下のような感じとなります。


    私の長所は、小さな気配りができる点です。
    一例として、以前の職場で「電球使用場所リスト」を作成した経験からご説明したいと思います。
    その会社に入社した当初は…
    (「小さな」は謙遜の意味を込めて、「気配り」は引継ぎ等を念頭に選んだ言葉です)


    役立つモノを作りたいと思ったからです。


    そこで、上司に電球の情報をまとめたリストの作成を提案したところ、
    それは了承され、私がリストの作成を担当する事になりました。
    (作成を許可されたのかどうかが不明ですが、たぶん許可されたんですよね?^^;)


    過去4年間の1000枚以上の日誌から、電球の種類と交換した場所の情報を拾い出し、
    Excelで「電球使用場所リスト」を作成しました。
    私はこうしたコツコツと地道な努力を積み重ねる作業にも自信があります。
    (最初の1行をここで再利用、Excelについても何気にアピール)


    お褒めの言葉をいただく事にも繋がりました。


    地道な努力をしてまいりたいと思っております。
    (参る所存です/参る所存にございます などでも意味は同じ)


    「質問者からについて」の方については、
    先の「貴社」の部分が気になるほかは、特に手入れをする必要性を感じません。
    話し言葉ですから、変にかしこまった口調だとかえって不自然ですからね。
    もし両方用いるというのであれば、
    重複部分や双方の矛盾点が出ないよう、上手く調整すると良いと思います。

    アピール力はどうかという点につきましては、ちょっと私の判断に余ります。
  • id:kyouryukun
    椶櫚さん的確なアドバイスをしていただきありがとございます。
    「仕事を頑張った経験」の自己PRをメインに考えており、面接のときにもそれを話す予定です。

    「電球使用場所リストを作成した経験」については、サポート的な感じで考えております。
    メインの自己PRの補足としてアピールしたほうがいいのかなと。

    真剣に考えてくださって本当にありがとございます。
    自己PRって本当に難しいですね。

  • id:hotcake873
    分析力を発揮した他の例もあると説得力が増します!

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません