匿名質問者

補欠監査役という制度があり、使っても使わなくても良いと思いますが、上場会社の場合は、使わなくてはいけないというルールがあるんですか。それとも、現在、業界常識になっているんでしょうか。 

 ● 僕が見た有価証券報告書では、いずれも補欠監査役が選任されていました。
   選任されていない実例があれば、教えてもらえればと思ってます。

取締役でも、補欠取締役というものが使えると思うのですが、僕は実例を見たことがありません。①監査役会設置会社、②委員会設置会社(監査等委員会設置会社、指名委員会等設置会社)の2タイプ、それぞれ、実例などあるでしょうか。あれば知りたいのですけれども。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2016/04/02 15:55:03

回答0件)

回答はまだありません

  • 匿名回答1号
    匿名回答1号 2016/03/26 22:29:28
    まあ、つまり、先任者が病気とか多忙とかでも、必ず監査はやったことにしないと・・だろうね。
    将軍に血統のスペアがあったのと似たような事情か・・ちょっと違うか?

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません