匿名質問者

例えばこんな新聞の購読者は恥ずかしくないんですか?


仮の話ですが、とある新聞社が情報を取るために女性記者をスケベおやじな役人の元へ派遣し続けていたことが明らかになったとします。
新聞社にとって情報=金であり利益です。派遣するのは男性記者でもいいのに、スケベおやじであることが分かった後も情報の取りやすさを優先し嫌がる女性を派遣し続けました。
つまり女を差し出して情報=金を得ようとしていたわけです。
もしもスケベおやじと女性記者が性行為に及んでいたら、慰安婦を派遣し売春させたということになります。
性行為がなくてもパパ活と同等の行為、ソフト慰安婦と言えると思います。

さて、そんな新聞社があったとして、それを支えてるのは新聞の購読者です。
もしも仮に万が一そんな新聞社があったとして、購読を続ける読者は恥ずかしくないんですか?購読を打ち切らないんですか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2018/05/03 15:35:06

回答4件)

匿名回答1号 No.1

地位のある役人は、たとえ触れなば落ちんという状況であっても手を出してはいけないのです。そんなのに簡単に引っ掛かるようじゃ国政を任せる事はできません。
新聞記者程度だったから良かったものの、これが北のスパイだったらどうするんです?
情報はダダ漏れ、政策も北の思うままにされちゃうかもね?

ある漫画
某国、国務大臣。
独身だもんでやりたいが、と言って大臣なんだからその辺でナンパなんて問題外。
で、秘密厳守を謳う高級コールガールを呼びました。
事が終わってぐっすり眠ってしまい、目が覚めると血だらけのナイフを握っており、隣のガールも血だらけで息絶えて、、
そこへガールの元締めが乱入、ばっちり写真を撮られてしまう。
「旦那、こりゃマズイでっせ、うちの女をこんな目に遭わせて」
大臣は何が何だか分からないが、血だらけのナイフを握っていて記憶が無い、、マズイ状況なのははっきり分かる。死刑台のエレベーターが目に浮かぶ。
「あれ?もしかして大臣?いや~これはこれは、、、どうしたもんですかねぇ。おっし、ワシに任せて下さい。うまい事処理しますんで」
真っ青の大臣、まだまともに考える事すらできないところへ逃げ道を与えられ、そこへ飛び付いてしまう。
「頼む、何とかしてくれ」
で、ポン引きの元締めは死体を運び出し、血の跡も全部始末。大臣にはサングラスその他で変装させて車のトランクに死体と一緒に隠れて逃げ出す・・・やっぱりブルブル。
さて、数ヶ月後、マフィア撲滅の重要な法案が提出される事に。もちろん大臣が前々から音頭を取っていた肝いり。
と、例の元締めが訪ねてくる。来た早々、写真を見せる。何かと思えば自分が血だらけのナイフを握って血だらけの死体の隣に呆然と突っ立っている。どう見たって、今やっちゃった、という感じ。
「大臣、今度の法案は気に入らないんですよ、分かりますよね?」
そう、もちろん震えがくるぐらいよく分かる。で、法案は提出すらされずに闇へ・・・
で、次は国防会議。
元締めは某国から援助を受けていて・・・
分かるよね?
責任ある人間はそれだけ慎重に行動せにゃあかんのよ。
誘惑された程度でバカな発言するようじゃ、お話にならん。

匿名回答2号 No.2

新聞社の社員など関係者は恥ずかしいだろうね
でも社員全員の責任じゃないのは明らかで
事情を知ってた上司とかそのへんの首切って
あと社長あたりも連座になるかもだけど
せいぜいその程度で終わりじゃない?
それ以上を追求するのはなんつーか
思考が民主的っていうよりも封建的なんじゃねーのかと思うよ

購読を打ち切る購読者もいるかもしれないけど
恥ずかしいからじゃなく呆れたからだと思う

匿名回答3号 No.3

新聞社のスポンサーは最近では外国の政府関係とかが増えています。
日本のメディアは商売人ですから、スポンサーの意向に沿って記事を作成します。
やらせも偏向も、証明は難しく、たとえ証明されたとしても現場責任者の首を挿げ替えるだけで済みます。
彼らは目一杯頑張っているだけなんです。

匿名回答4号 No.4

枕営業を肯定する気はまったくないが、
顧客に合わせて担当を替えるのはよくある話。
人間同士である以上、どうやっても相性ってもんがあるから。

記者に限らず、一般の営業なんかでも同じことで
若者や女性の話を聞いてくれない客や、しゃべる過ぎる男を嫌う客もいる。
普段の生活でも、しゃべりやすい人や馬の合う人ってのは、
個々で違うでしょ?

客は店を選べるけど、店は客を選べないので、
どうしても人員的な工夫が必要になる。

派遣するのは男性社員でもいい、っていう考えは、
ある種、取材対象も記者側も感情を持った人間ではなく、
一つのコマとしか考えていない考え方ととることもできる。


問題は、行き過ぎた行為を取り締まるチェック機構が社内にあるかどうかだろうね。
なぁなぁな関係が過ぎて癒着状態になってもいけないし、
全社一丸となって枕営業まで行き着くような会社であれば、
まぁ、付き合いたくなくなるわね。


ただし、そこでただ単に購読をやめる(付き合いをやめる)か、
一読者として改善を求めて応援し続けるかは別の話。

すぐ乗り換えればいい、切り捨てればいい、やめればいいっていうのは
短絡的で、これも相手を一つのコマとしてしか考えていない
人間味のない考え方だよなぁと思う。

今時分、なにあってもやめろコールの嵐だもんだぁ。
改善するより、リセット。改善するより、首の挿げ替え。
改善するより、臭いものには蓋をして、出るくいを寄ってたかって打つ。

まったくセチ辛い世の中だよねぇ。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません