匿名質問者

筆算で、割り算はできますけど・・・「筆算で、平方根を開くこと」、「筆算で、立方根を開くこと」、「筆算で、5乗根を開くこと」、「筆算で6乗根を開くこと」、「筆算で、7乗根を開くこと」といった解法はあるのでしょうか。

学生のころですが、「筆算で、平方根を開くこと」は学校で習ったので出来ました。割り算みたいな感じのやり方でした。「立法根を開くこと」などは、筆算で出来るのでしょうか。できるのであれば、それが書いてあるサイトや、書籍をご紹介頂けると嬉しいです。

昔の数学者は、立方根くらいなら、紙と鉛筆で解いたのではないだろうか、と思っており、こんな質問を投稿させていただきました。ひょっとすると、「計算尺」かもしれないですけどね。
(今は、関数電卓や、PCで(エクセルなど)で、簡単に解けるわけですけれど、紙と鉛筆での、【筆算】でのやり方が知りたく、質問を投稿しました)

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2019/05/17 02:40:06

回答3件)

匿名回答1号 No.1

立方根はこちら
http://sirius.la.coocan.jp/sansu/6/heihoukon/kon02.htm

5乗根以上もやればでいるでしょうけど、複雑になるはずです。

昔なら常用対数表でしょう。計算尺はその原理で作られたものです。

匿名質問者

ありがとうございます。
4乗根は、平方根の解法を2回やればよさそうですが、5乗根は難しいですね。ガウスとか、コンピューター出現前の学者はどうしていたのだろう、と思いました。

対数表はそういうふうに使うのですね。ありがとうございました。

2019/05/11 19:00:23
匿名回答2号 No.2

匿名回答3号 No.3

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません