匿名質問者
匿名質問者匿名質問者とは「匿名質問」を利用して質問した質問者。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら

自転車保険が話題です。そこで質問が湧きました。


【Ⅰ】自転車で転んだ場合、医者に行ったりして、健康保険は使えるのでしょうか。自分で、転んだ場合です。
そのほか、電柱にぶつかったり、塀にぶつかったりした場合です。

【Ⅱ】クルマとぶつかった場合は、健康保険は使えなさそうな気がします。
①止まっているクルマにぶつかった場合、②道路を走っていてクルマとぶつかった場合、③自転車に乗って止まっていた時にクルマにぶつけられた場合、など思い浮かびます。なんとなく健康保険は使えない気がします。しかし、①の場合は健康保険も使えるのかもしれないです。②と③は対象外な気がします。でも、②と③でも、相手のクルマがそのまま走り去ってしまう事もあります。
いままで考えたことありませんでした。
宜しくお願いします。

 *****
追記:事故証明を貰うべきか否かということもあるかもしれません。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2019/08/29 23:16:03
  • 終了:2019/09/05 23:20:04

回答(4件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答1号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2019/08/30 03:21:48

Ⅰ、Ⅱ
いずれのケースでもまずは健康保険で医療機関にかかるのが普通です
健康保険を使わなくても医療機関を利用できますが
その場合は医療費を全額支払う必要があります

自転車保険はそれとは別物で
支払った医療費が後から補填されるものだと思いますけれども
(医療保険なんかと一緒で)

私の場合は火災保険のオプションで生活全般の保証がついてるものに入っていて
自転車はそのオプションの中に含まれてますけれどもね

匿名質問者

ありがとうございました。

       **********

【Ⅱ】②③は、厳密には、警察から事故証明を貰うのかもしれないと感じました。
【Ⅱ】①は、やはり、厳密には、警察から事故証明を貰わないといけないと感じました。

       ************

>自転車保険はそれとは別物で

   自分が怪我した場合の医療費のことをおっしゃっている
   のでしょうか。たしかに、そんな気もします。
   健康保険で治療を受けるか、相手の負担
   (損保の保険かもしれないし、相手の財布かもしれない)
   で治療を受けるか、どちらにしても、
   あとから、自分の自転車保険から保険金が下りるのかも
   しれないですね。
   自転車保険での保険金が、
   保険事故の種別で定額で決まっているのであれば、
   そのような形がすっきりします。
   実際の損害額負担額を填補するタイプの保険金だとすると、
   謎が残ります。
   

2019/08/31 01:39:44
匿名回答2号 No.2

匿名回答2号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2019/08/30 07:07:43

Ⅱの場合は状況次第で、自損は別ですが、相手方に責任がある場合は第三者障害と呼び、基本的には自身の健保は使えません。あくまで相手方が補償すべき事なので、相手方の何らかの保険等を使う事になります。
ただ、最初は健保で医者にかかる事はできます。後に健保側が相手方へ請求するというような形になる場合が多いです。

自転車保険は健保とは直接の関係はありません。それ単独で、補償範囲であれば出ます。

他2件のコメントを見る
匿名回答2号

誤字です。失礼をば。
裁判ではないので、当人の申告と怪我の状態を見る事で判断できると思います。
過失割合を問題にされるとは思いません。全額が第三者傷害として扱われると思います。健保負担分の7割を相手(保険会社)へ請求する形になるかと。

2019/08/31 08:14:36
匿名質問者

 第三者傷害という整理ですね。ありがとうございます。

 >裁判ではないので、「当人の申告」と「怪我の状態を見る事」で
 >判断できると思います。

  そうですね。お医者様が、判断してくれるのだろうと思いました。
  その時、加害の人が3割をすんなり払ってくれれば、
  と思いました。病院についてくるような加害者は、
  良心的な人だと思います。
  仮に、加害者が納得しない場合、
  病院は「あなたが加害者です」と言うとか、
  そういった面倒なことには、関わってはくれないでしょうから、
  そういう場合についてどうしたらいいかは、
  小中学校の授業であつかってくれると、
  また、自動車免許更新の講義であつかってくれると、
  良いと思いました。
  
  加害の人がすでに不在、最初から逃走している、などの
  場合、自分が3割を負担することになると思いました。
  こればっかりは仕方ないと思います。
  意識を失い、第三者が119番をして、おかげで、
  救急車で病院に担ぎ込まれた場合もあると思います。
  3割7割を言っている場合ではないと感じます。

2019/08/31 23:16:55
匿名回答3号 No.3

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2019/08/30 07:21:43

Iは問題なく使えます。
IIは一応は使えますが、相手側に原因があればチクる義務があることになっています。そしてチクりに基づいて社会保険から加害者に請求という形になります。これは交通事故に限りませんが、実際上、死文化しています。もっとも、交通事故の場合は余り死文化してはいないようですが。河野太郎現外務大臣がSNSで改廃でなく厳守を主張したので、私が報復の危険をコメントしたら追い出されました。

他5件のコメントを見る
匿名質問者

ありがとうございます。

(あ)国保、共済、組合健保は、法律で決めているのですね。
     (協会けんぽは、協会の総本部が決めるわけでしょう)

(い)人事院規則は、規定がない、→なら、どうやって求償するつもりなのだろうと思いました。

(う)求償自体ないものもあるのですね。

2019/09/07 17:12:17
匿名回答3号

協会けんぽは健康保険法に基づくものなので、そちらになります。国政で○○法施行規則と称するのは慣例として省令です(○○法施行令は政令)。

2019/09/07 20:52:34
匿名質問者

質問者から

匿名質問者2019/08/31 01:57:18

質問文を編集しました。詳細はこちら

匿名回答3号 No.4

匿名回答3号「匿名質問」を利用した質問に回答すると「匿名回答○号」と匿名で表示されます。
「匿名質問」では、ユーザー名を公開せずに匿名の質問ができます。
詳しくはこちら
2019/09/01 07:11:52

(すみません、書く場所を間違いました。)

  • 匿名回答4号
    匿名回答4号 2019/08/30 21:55:29
    自転車保険は自動車の任意保険とセット販売されることが多い。
    ただし、自分の自転車に対する車両保険は通常付属しない。
    ぶつけた相手の車の修理費用になら使える。
    対人保証はこちらが加害者の場合の保証で、やはり医療費や最悪死亡保険金なども限度額の範囲で使える。
    自分のけがには使えないね。
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2019/08/31 02:03:33
    ありがとうございます。
    自動車保険の付帯保険という形で対応するのが、とりあえずよいかなぁ、と思いました。

    自分の自転車への車両保険が欲しい場合には、特別に何か探さないといけないですね。自分の怪我は、自分の健康保険で対応すればよいかなと思いました。自分でぶつかったのですから、第三者行為災害ではなく、健康保険の範囲と、一応、理解しました(今回のやりとり全体を通じて)
  • 匿名回答4号
    匿名回答4号 2019/08/31 02:27:02
    自分のけがは、通常は生命保険とセット販売される医療保険が対応しているね。
    手術費用とか後遺症に対する支給とか、入院日数に応じた給付金が支給される保険が多いが、何日以上入院した後の日数に対する支給とかでかなり削られる。

    もちろん死亡保険金も出るが、自分が死んだ後の保険だから、あまり嬉しくないと思う。
    それに生命保険の料率は最近下がり続けていて、保険金の額も上がり続けている。

    保険会社の資産運用が、つまり株とか国債とか買って集めた保険金を運用しているわけだが、昔ほど儲かっていない。

    自転車の車両保険なら損害保険になるが、免責金額の関係もあるし保険料率も高くなると思うのでお勧めできない。
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2019/09/05 01:18:55
    ありがとうございます。

    生命保険会社の医療保険がありました。健康保険で医療費を賄った(自己負担)とかに関わらず、生命保険会社から一定の要件に従い支給されるわけですから。
    なお、たしか損保で、交通傷害という名前の保険商品があったような記憶があり、昼間に自分で調べてみます。

    自転車の車両保険ですが、おっしゃる通りですね。自転車は、自動車に比べ、ふつうはそれほど高価なものではありませんから、免責金額など考えると、考えなくてよいかな、と思いました。
  • 匿名質問者
    匿名質問者 2019/09/07 17:05:58
    「傷害」というのは、自分サイド(自分自身、自分の同乗者」が怪我をした、その傷害を指すようでした。
    「人身傷害」として、次のサイトがありました。
    人の体(心も含む)への傷害です。逸失利益(休業補償)もカバーする概念のようです。

       https://hoken-kyokasho.com/personal-injury-insurance-car

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません