【高校時代に国語のテストで見た小説のタイトルが知りたい】

 舞台はたぶん近代(書かれた時は「現代」だったのかな?)の日本です。
 
 ある老人が、大切にしている掛け軸(水墨画だったか書だったか)があり、時々取り出す時以外は大切に箱にしまい込んでいたのだが、ある時縁あって(詳しい事情は忘れました)他人に売ることになり。
 手放した後、大切な掛け軸がどうなったか心配していたものの、譲った先の家を訪ねたところ、綺麗に床の間に飾られていて、自分が持っていた時よりむしろ見栄えがするように感じられ、帰宅して息子に
「かえってこれで良かったのかも知れないなあ」
 的に述懐する、という話でした。
 
 もう一人の登場人物として孫がいて、老人が帰宅する時、孫への土産として「鉄砲玉」という飴玉を買ってくる描写があるのを覚えています。
 
 タイトルがわかる方がいらしたらご教示下さい。よろしくお願いします。

回答の条件
  • 1人1回まで
  • 13歳以上
  • 登録:2019/09/07 14:48:40
  • 終了:2019/09/07 18:45:44

ベストアンサー

id:demot No.1

タヌキノチエブクロ回答回数16ベストアンサー獲得回数52019/09/07 15:43:10

ポイント100pt

夏目漱石の永日小品にある「懸物」でしょう。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/758_14936.html

id:filinion

早い!
っていうか漱石だったとは……。教養がないのが丸わかりでお恥ずかしい。
大変ありがとうございました。

2019/09/07 19:00:29

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません