マッチ箱、ショップシールなどのスクラップブックについて


駅弁の掛け紙や喫茶店のマッチ箱、ショップシールなどのような、特定のテーマに絞って長期的に収集したスクラップブックは、学問として分類するのであればどういったものが近いのでしょうか。

考現学はもっと風俗的な方向に寄っている感じがしますし、路上観察学も違うなぁと思います。
スクラップブックですとみうらじゅんさんを思い出すのですが、あれは「ブーム」であって○○学のような名前はなかった気がします。

興味のない人からすれば全く意味のないただの収集癖に見えるかもしれませんが、「特定のテーマについて長期的に収集したもの」に価値を見出している学問、あるいはそういったコミュニティのようなものはあるのでしょうか。
ヒントでも構いませんので、何かご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください。どうぞよろしくお願いいたします。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2020/02/05 07:25:06

回答1件)

id:bunkerhaus No.1

回答回数2ベストアンサー獲得回数0

集めただけじゃ学問にならないよ、考える、がないもの

  • id:miharaseihyou
    とりあえずは民俗学かなぁ?

    レトロなコレクションもそのうち歴史上の遺物になるんだけどね。
    通常は数百年ほどで歴史資料館クラスにランクアップする。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません