匿名質問者

警察は猟師を書類送検すると何らかの報酬をもらえるのですか?

「頼まれヒグマ駆除したのに…猟銃所持許可取り消しhttps://bit.ly/3bP93Nt」をみて昔、祖父母の家に猪が現れたのを思い出しました。その時は、祖父が警察には連絡するなと言って役場に連絡しました。すると、職員と猟師?らしき人物があらわれ現場を見て、職員が「駆除しますが、民地内なので本来、銃は使えません、でも危険なので使います、だれにも言わないでください。」と周辺の住民に口止めを始めました。それは違法行為ではないかと言うと、「仮に猪に接近して、猟師さんがけがをした場合、あなたは責任をとれるんですか?」的なことを言われました。祖父も「警察もこの程度のことで仕事をするのは面倒、警察も知らせない方がありがたい。」と言っており、よそ者の私は納得しました。しかし、今回のニュースを見てあの時のことはやはり警察に連絡すべきだったのか悩み始めました。実際どうなんでしょう。警察は連絡を受けた方がよかったのですか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2020/04/11 11:35:06

回答1件)

匿名回答1号 No.1

https://srad.jp/comment/3634866

駆除の依頼は出ていましたが、発砲の許可が出ていないことについて争いはありません。

警察庁の丁保発第43号等に基づき、現場の警察官に発砲許可を出す権限があります。


おおお。ホントだ。
https://www.npa.go.jp/pdc/notification/seian/hoan/hoan20120412.pdf [npa.go.jp]


https://srad.jp/comment/3634958

警官の安全確認が終わって無いのに撃ったから怒られた


https://srad.jp/comment/3634816

今回、警官は発砲に向けた避難誘導の最中であり、明示的な発砲許可は出していなかった。市も駆除は依頼したが、違法な発砲まで包括的に許可したとは考えづらい。

このような住宅集合地域での発砲は跳弾等で市民を巻き込む恐れが高いことから本来は鳥獣保護法違反となるが、市民のためであるから皆目を瞑ってきた。ところが今回、跳弾が他のハンターに当たったとか当たってないとかで軽くトラブルとなり、公安委員会も無視できなくなり、書類送検に至った。


こういった情報が見つかる

祖父母の家に猪が現れた~は法的には警察呼ばんとあかんケースやと思う
だって猟師が狩猟免許と一緒に発砲許可まで持ってるわけじゃなさそうだもの
「跳弾が市民に当たったらあなた責任取れるんですか?」と職員に反論すべき?

警察官の意思は関係ない、それが彼らの仕事なのだよ

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません