匿名質問者

ロングシート、クロスシートとは

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2020/06/02 11:25:06

ベストアンサー

匿名回答3号 No.3

では、質問時に、その内容を全て書いていただくのが必要だと考えます。

その他の回答2件)

匿名回答1号 No.1

匿名回答3号 No.2

ロングシート、クロスシートとは、鉄道車両の座席の形式です。
・ロングシート=レール(線路)に平行な長い座席
・クロスシート=レール(線路)に直角な(レールとクロスする)座席
という説明を、いつもはしてます。

匿名質問者

質問者から

匿名質問者2020/06/14 09:26:10

私の最初の質問 (2020/5/26 11:22のもの)に対し、何件かの回答を頂戴しました。回答者の皆様に深く感謝を申し上げます。回答の中には、「ロングシート : レール(線路)に平行な長い座席」、「クロスシート : レール(線路)に直角な(レールとクロスする)座席」というのがありましたが、これにつき、私なりの意見を述べさせていただきます。
①ロングシートは英語でlong seatと書かれるので、「長い座席」のように思われがちですが、そうではないと考えます。即ち、ロングシートはその設置方向から、本来、英語でlongitudinal seatと書かれるべきものと考えます。ちなみに、ロングシートの中には、例えば、旧国鉄の一次形クモハ43形や阪急電鉄の7300形において、乗務員用扉と乗客用扉の間に設けられたロングシート(いずれも長さが900mm程度)のように、一般の二人掛けクロスシートの、いわゆるcross方向の寸法900~990mmに比べ、決して長尺ではないものもあります。
②クロスシートが「レール(線路)に直角な(レールとクロスする)座席」とのことですが、「レールに直角な」と「レールとクロスする」という表現に問題があると思います。このような表現では「座席がレールに突き刺さってしまう」かのような印象を受けます。従って、「レール」」を「レールの長さ方向」とか「レールの長手方向」とかの表現にした方が、誤解を招かないように思います。なお、細かいことを言わせていただくと、「レールに直角な」の「直角な」は、crossの意味から逸脱していると考えられます。ここでいうcrossは、単に「交差する」、「長手方向(longitudinal direction)」を横切る」という意味であり、特に「直角に横切る」ということではないと思うからです。現に、一部の観光用車両などで、側窓と若干鋭角的に配置されたクロスシートも見掛ることですし・・・。
③上記において、「レール(線路)」とされていますが、これも問題です。なぜなら、「レール=線路」ではないからです。そもそも線路というものは、「列車又は車両を走らせるための通路であって、軌道及びこれを支持するために必要な路盤、構造物を包含する地帯」(JIS E1001:2001、鉄道ー線路用語)とされているからです。ちなみに、レールは、当該軌道の一部に含まれるものです。

備考:「鉄道車輛ー旅客用腰掛」に関するJIS E7104;2005では、クロスシートの定義が、「まくらぎ方向に座席を並べ・・・腰掛」となっていますが、そもそも「まくらぎ方向」とは何かと思います。まくらぎの解説もしている上記JIS E1001:2001においても、まくらぎの敷設方向は定められていないし、現に、レールの長手方向に斜めや平行に敷設された「まくらぎ」も存在するためです。
そのようなことで、JIS E7104;2005は一体何なんだという気がしますが、その辺のことにつき謎解きをして下さる方が居られれば幸いです。以上  (wasistdasse 生)

匿名回答3号 No.3

ここでベストアンサー

では、質問時に、その内容を全て書いていただくのが必要だと考えます。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません