【無限ループの果て】【ゲーム】

わたしは自分で調べたらわかりそうなことを、安易に無料で聞くタイプの人力検索erなのですが、また、お世話になりたく。

長くなったので補足を参照ください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2020/07/11 13:07:46
id:grankoyan2

エンディングがない、あるいは、エンディング後もまたゲームが続く系のあるじゃないですか? 特に、アクションとかシューティングで、1面に戻るけど、難易度が上がってる、それが何ループも続くというタイプです。

あれって、最終どうなるんでしょうか?
まあ普通に考えて、敵だったり弾幕だったりで、人間の能力を凌駕してきて、ミスって終わるのがスタンダードなのかと思うのですが。
出来れば、ランダム性の少ないゲームでの最後の最後にどうなるが知りたいと思いました。ランダム性が少ないというのは、敵の動きがランダムではないということです。こちらの動きに対応するのはここでいうランダム性ではありません。追尾弾とかも大丈夫です。要は、ある面で、運が悪ければどうしようもない敵配置になるが、運が良ければクリア可能になっているみたいなのであれば、それはそれでひとつの答えなのかな、と。

今だと、TASとかもあって、ランダム要素がないのであれば、フレーム単位でやりくりできると思うんですが、最後の最後のパターンが載ってる記事などありましたら、教えてください。英語は読めないので、英語記事でしたら、ざっくり意訳していただけますと幸いです。

AIとかでゲームをクリアしていく試みとか何度か見てるのですが、
・最後の最後はどうあがいてもやられる面がある(n周目のmステージ)
・実は回避の余地が残されており、十分に試行(学習?)を重ねたら、無限ループに陥る
・そもそも、人間でも無限ループになって、体力勝負になる
のような、どれかひとつでも発見できたら、ご回答いただければと。
もちろん、AIやツールに頼らず検討できていたら、そういう情報も欲しいです。

無料質問なので、質問の回答ではなくても、思ったこと書いていただいても問題ありません。
まったく関連のない話題についてはあれですが。
以上、よろしくお願いします。

回答2件)

id:grankoyan2

質問文を編集しました。詳細はこちら

id:adlib No.1

回答回数2588ベストアンサー獲得回数192

 
https://tx696ditjpdl.blog.fc2.com/blog-entry-1217.html
 ハーメルン ~ はてしない物語 ~
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=20040229
 
…… この創作童話“無限伝説”は、与太郎の処女童話である。
(20040229 初稿 0320 改稿)
 

id:a-kuma3 No.2

回答回数4848ベストアンサー獲得回数2090

想定しているゲームの例でもあれば回答もぶれないような気もするのだけれど、縛りを入れたくないということなのかもしれないと思って、書きたいことを書きます。


アーケードゲームで、二周目って出てきたのは、ぼくの経験ではゼビウスが最初。
背景が横に何ドットかずれて、十何周かすると元に戻るという噂。
地面の敵が多少横にずれても難易度はさして変わらず。というか、元々むずい。
二周目が難易度アップという感じはなかった気がする。
三周目まで行ったことはない。
高校のときに学校の近くのゲーセンで、顔とハイスコアの三文字のアルファベットだけをお互いに認識していたけど声をかわしたことがなかった中学生の彼は、今、どこで何をやっているんだろうか。


エンディングがありつつの二周目があったのは、魔界村。
ゲーセンでは二周目のクリアまでは行けなかった。
ファミコンで雪辱はしたものの、アーケードの本家は二周目で真のエンディングを迎えられたのかどうかは経験できなかった。


暇つぶしに最適だったバンクパニック。
基本的にランダムな敵の出現なのだけれど、ランダムさが雑なので、割りと楽にパターンにはまることができて、100円で延々とできたゲーム。
一応ステージはあるのだけれど、3ステージ目くらいから難易度はあまり変わらず。
大脳よりは延髄でやるゲームだった。


シューティングだと、ダーウィン4078 も延々と繰り返すやつだった。
ステージは、十数個くらいあって、終わると最初に戻って繰り返し。
二周目はちょっとだけ敵と弾が多くなる程度。

それよりは、どこで進化を一段階落とすか、とか、わざと敵の弾に当たるとかの要素の方がクリアに重要だった。
きっと終わりがないやつ。



やっぱり、アーケードはお金をつぎ込んでもらう、という要素があるから、終わりはないけれど適当なところで続けられなくなる、というチューニングをしていたとは思います。

筐体もののはしりのスペースハリアーでクリアしちゃったら、そこでお終いという、なんか残念な体験をした記憶がよみがえる。

二周目で終わりというか、クリアした後の裏面で印象に残ってるのは、やっぱりゼルダの伝説(ディスクのやつ)。
きっちりマップも変わるし、使い慣れたアイテムも、クリアするためには表と違った使い方をしなくちゃいけなかったし。
今、思うと、あれは没ネタ集だったんだろうなあ、と思ったり。



# 古いやつばっかりでごめんね m(_ _)m

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません