匿名質問者

昔読んだ本(ラブパワー、輪廻転生の出てくる)を知っている人


今から10年ほど前に図書館で偶然読んだ本が忘れられず、読みたいと思っているのですが、タイトルが思い出せません。
(ちょっとウサンくさい本です)

最初は人が死んだらどうなるのか、輪廻転生的な死生観をもとに展開。
・現代人が死んだとして、必ずしも未来の生き物に生まれ変わるわけではない
・現代人→平安時代の人→ローマ王朝の人→縄文時代の人→江戸時代の人のような感じで時代や国を行ったり来たり
といったような話。

全てのパワーはラブパワーに繋がっているという突拍子もない展開に驚いた記憶があり。

「〜〜研究所」のような作者だったと思います。研究所名はカタカナで、当時アメリカの人が書いたのか!と思った記憶がありますが、翻訳者の名前は書いていなかったので、日本人の書いた本かと。

本は物語などの並びではなく、研究書系?の並び。
10年前当時、まだ小学生で記憶違いの部分あるかも。

どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、タイトルを教えてください。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2020/07/03 21:25:07

回答0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません