人族の 成長過程阻害!?



こんにちでは、

人族内では 失われて、
しまっている、
人族本来の 中期以降成長過程としての、

》次形態への 昇華が、
》ある、
と、

指し示した 場合。


其の、

次段への 架け橋となる、
可能性の 高い、
やっと ため得出した、
脳内アミロイドを 抑制するのは。


もしや、

拙いのでは ないか?


抑も、

乳酸が 目の敵に、
され続けてきて 尚、
実は 疲労回復物質だったように。


何故、

生理現象として アミロイドが、
貯められ出すのかが、
人族内で 判っってない、
内では、

目の敵に するのは、
早計では ないのか?


実際に、

脳の レビー小体形成変化による、
シャーマンのような 能力獲得事例が、
科学界で 症例として、
多数 認められて、
いて。


レビー小体には、

アミロイド関与が、
やっと 解ってきている、
段階なのだし。


抑も、

》老人が 最終形態だ、
と いうのは、

唯の 無根拠な、
思い込み的 決め付けなのだし。

https://www.hmp.or.jp/about/ad_media/file/215/hmp_report_ad-pet.pdf

https://www.amed.go.jp/news/release_20190820.html

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2021/06/16 10:55:06

回答0件)

回答はまだありません

  • id:Nouble
    もしかしたら程度だが、

    情報伝達主体が アミロイド繊維体へと、
    シフトする 遷移過程なのでは、
    ないのか?

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません