「引き止められる人」って、社長や上使に気に入られてる人ですか。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2021/07/16 02:25:06

回答4件)

id:adlib No.1

回答回数2964ベストアンサー獲得回数218

 

 上司(=正/誤=)上使。社内では上役、社外には上長とも。

 

 わたしは、初めて勤めた会社を、辞めるとき、誰からも引き止められ

なかった。なにしろ、社長には「きみなんか、仕事しなくていいから、

遅刻だけはしないでくれ」と言われていたからだ。

 

 しかし、年長の同僚には愛され、最後の一週間は、送別会が連日連夜

続いたほどだ。そのツケを、まとめて経理に回したら、すべてワリカン

で給料から差引かれたそうだ。数か月後には、同窓会にも招かれた。

 

 小さな会社でも、なにかのはずみで急成長することがある。すると、

社員の働き方が後ろ向きになるはずだ。顧客と目を合わさずに、背後の

上司の顔色を上目遣いする。いわゆる“大企業病”症候群だ。

 

 無能な上司が、有能な部下を疎んじるのは、バカにされないためだ。

 もちろん、顧客だけに愛想よく、お世辞たらたらも不快きわまる。

 その結果、無用な摩擦が日常化して、社内が冷戦状態になる。

 

 一昨年来の、新型コロナ禍で、日本の政財界は、立往生してしまった。

 みんなが互いの失策を指さす“ザマーミロ旋風”が吹きはじめた。

 はるか離れて、ノーマスク、ノーリスクのヒーローも、安心できない。

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Shohei_Ohtani

 

id:deep_one No.2

回答回数137ベストアンサー獲得回数13

いないと仕事が回らなくなる人。

資格持ちでいないと業務が違法になる人。

id:outofjis No.3

回答回数156ベストアンサー獲得回数34

引き止められない人は、存在が周りに悪影響を与える人だと思います。


程度の差こそあれ、どんなことでも変化することには反発を伴います。

(変化し続けている事の場合は、変化を止めるような行為に反発が生じます)

変わらないこと、惰性に従うことが一番楽だからです。


だから、変化(この場合は辞めることでしょうか)に対しては

よほどでない限り、何らかの抵抗が示されるはずなのです。


まったく引き止められないというのは、よほどのことのはずです。

id:Gleam No.4

回答回数2897ベストアンサー獲得回数317

以前、私が働いていた店の店長は、社長や社長の奥さんの前では、よく働く社員のように見せかけるのが上手でした。元々、デパートの社員でしたから、そういう点は長けていたのでしょう。

ところが、裏の顔がその人にはあり、セクハラ、パワハラ行為を自分より下の立場の人には繰り返していました。その人のせいでどれだけの従業員が辞めたかわかりません。

その人自身が店の最も忙しい時期の前に辞めると言い出したとき、社長や社長の奥さんには引き止められていましたが、その人以外の社員は安心していました。

つまり、社長や上使に気に入られてる人が「引き止められる人」というのは、少なからず当たっているといえますが、全部のケースに当てはまるとはいえないと思います。

私自身は上記の会社から離れて、別の会社で真面目に仕事をしていたため、社長や上司に嫌われていたわけではないのですが、病気のため辞めざるを得なくなりました。上司は「うちの会社は慈善事業でやっているわけではないから、辞めてもらうしかない」と言いました。そこの会社の仕事は非常にハードでありながら低い給料でした。

ちなみに、その会社は現在、存在しません。

  • id:minminjp2001
    創業社長はともかくとして、従業員たる部課長クラスによる「遺留交渉」は単なる「表面的社交辞令」的なものである場合もあると思います。
    「辞めます/あ、そうですか」で話が終わってしまっては体面・体裁重視型社風の組織においては、上申報告としては体裁が悪いのです。そのような上申報告では「どのような人材」が「どのような理由」で辞めて、そうならないよう今後「どうすればいいのか?」について空欄を埋めるよう求められますので、その時に「慰留しましたが、これこれこういう理由で本人意志固く翻意に至りませんでした」の話のネタが欲しいだけです。人生勉強だと思って軽く付き合ってあげましょう。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません