匿名質問者

税金計算ですが、「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない場合は、確定申告で戻ることあるという話を聞きました。この確定申告というのは、サラリーマン時代に行っていた「所得税の確定申告」の中で、同じ申告書を用いて行えばよいのでしょうか。退職金の確定申告というのが、他にあるのであれば、書式や時期で注意が必要になってきますので。


また、これによって、退職金支給時に天引きされた所得税は還付されるのでしょうけど、天引きされた住民税も還付されるのでしょうか。住民税は還付されないと言う記事もありますが、すこし信じられません。「退職所得の受給に関する申告書」を役所に必ず出すように、退職前に会社の人事部や総務部に頼まないといけないことになります。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2022/10/14 21:00:12

回答1件)

匿名質問者

質問者から

匿名質問者2022/10/07 21:04:06

質問文を編集しました。詳細はこちら

匿名回答1号 No.1

住民税の還付がないと言っているのは、通常の給料の場合(これは前年の所得に対して「確定済みの」税金が天引きされるため)であって、退職金の場合は還付もあり得ます。それから退職金については特別な申告用紙を使います。詳しくは税務署に問い合わせましょう。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません