匿名質問者

世帯合併のことですが、2つある世帯を1つに合併することです。

こんなのは可能な例だと思いますがどうでしょうか。①単身赴任の夫(単身赴任に伴い世帯を分けた)が戻ってきたので、妻の世帯と合併した。②都市部の大学に進学した息子や娘が進学に伴い世帯を分離したが、戻ってきたので親の世帯と再び合併した。③結婚した息子や娘が離婚したので、再び親の世帯と合併した。④親世帯のうち、夫(妻)が死亡したので、息子(娘)の世帯と合併した。
以上の①と②と③と④は如何でしょう。

 ③の発展形ですが、離婚した息子や娘の世帯に子供(孫)がいた場合、
  その子供(孫)もまとめて合併できますか。
  それとも、子供がいたら合併できないでしょうか(子供は別世帯にするとか)。
  夫婦というのは、親夫婦のみになっています。

 ④の変化形ですが、夫も妻も健在のまま(親夫婦はともに健在のまま)、
  子供夫婦の世帯と合併できますか。つまり、一つの世帯に、ふたつの夫婦が存在する
  というのはOKですか。


回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2022/11/04 13:45:06

回答1件)

匿名回答1号 No.1

そもそも世帯の明確な定義は住民台帳基本法にないので(世帯合併届は一般的に使われていますが法的には世帯変更届の一種)、各自治体の判断になりますが、一般的には赤の他人でも同居の実態があれば認められるようです。

匿名質問者

ありがとうございます。生活費について別々であっても、同居の実態があればよさそうなのですね。

2022/10/30 22:43:06
  • 匿名回答2号
    匿名回答2号 2022/11/15 06:33:06
    似ていて非なる概念では「生計を一にする」という条件が行政とかで書かれることが多いですが、調べてみると必ずしも「同居」を意味するものではないようです。例えば単身赴任のお父さんとか施設に入ってるおじいちゃんとか、東京の大学そばに下宿している子どもとかも「生計を一にする」の範囲なんでしょうね。

    https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki2017/a/03/order3/yogo/3-3_y03.htm

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません