刑事事件で「凶悪犯」「粗暴犯」に分類される事件を出来るだけ漏れなく調べたいと思うのですが
どうすれば漏れなくカバーできるでしょうか?

https://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/search1
等でも
ほとんど調べられませんよね?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人3回まで
  • 登録:
  • 終了:2022/11/13 21:35:07

回答4件)

id:adlib No.1

回答回数3002ベストアンサー獲得回数219

ポイント25pt

 

「凶悪犯」と「粗暴犯」の分類は、あまりにも心証的です。

 凶悪で粗暴な事件もあれば、凶悪だが精緻な事例もあり、粗暴に見せ

かけた計画的偽装犯罪もあるからです。

 

 わたしは数千件の犯罪を、さまざまな手法でファイルしていますが、

動機や凶器よりも、絞殺・刺殺・殴殺など、手口や死因に注目します。

 

http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4062573091

── 東嶋 和子《死因事典 ~ 人はどのように死んでいくのか

20001120 20011019 講談社新書》

 

…… ニュースを読んでも、一向に理解できない事件がある。

 複雑な人間関係と、意外な事件性が、あまりに常識を超えている。

 以下は、個々の登場人物を特定するための抜き書きにすぎない。

http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=20121015

 謎の事件簿 ~ Murder can not understand ~

 

http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%B6%A7%B0...

 ↑ 凶悪 ↓ 粗暴

http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%C1%C6%CB...

 

id:nepia11 No.2

回答回数657ベストアンサー獲得回数136

ポイント25pt

凶悪犯、粗暴犯って、犯罪の分類なのですね。

初めて知りました。

https://www.npa.go.jp/hakusyo/h01/h01b.html

ア 凶悪犯………殺人、強盗、放火、強姦

イ 粗暴犯………暴行、傷害、脅迫、恐喝、凶器準備集合

・・・

判例はそもそも全ての裁判が取り上げられるわけではありませんし、そもそも裁判にならないものもありそうです。

あとは新聞記事検索くらいでしょうか。

https://database.yomiuri.co.jp/about/kensaku/

これは読売新聞ですが、新聞社によっては、地方版の記事も検索できるサービスもあります。

id:adlib No.3

回答回数3002ベストアンサー獲得回数219

ポイント25pt

 

 かつて、犯罪人名録をめざして Excel File に着手しましたが、現時

点では、公開・譲渡できる状態には至っていません。

 

 当時に比べて現在は Wikipedia の情報が充実して、予想以上の成果

が得られます。問題は、この分野を網羅する“情報処理法”が未熟で、

現在の出版業界の能力を超えてしまっています。

 

 たぶん、下記の原本の電子化が、世界中で着手されているはずです。

── 《MURDER CASEBOOK No.1-96 199510‥ 省心書房》

https://star-books.jp/879/

 |

── コリン・ウイルソン 責任監修/作田 明・日本語版監修

《週刊マーダー・ケースブック No.2 19951010 省心書房》

http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=20030611

 

https://booklog.jp/search?page=1&service_id=1&keyword=%E3%83%9E%...

── 《週刊マーダー・ケースブック No.2 19951010 省心書房》

https://booklog.jp/search?page=7&service_id=1&keyword=%E3%83%9E%...

 

http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=20221030

 覆水盆にモンドリアン ~ Do not return to the covered basin ~

 

id:MIYADO No.4

回答回数954ベストアンサー獲得回数170

ポイント25pt

判例はあくまで法解釈で揉めた場合であって、そういうことでなければ警察の方が把握しているはずです。

https://www.npa.go.jp/publications/statistics/sousa/year.html

 

しかしその警察も把握していないものもありますし。

  • id:miharaseihyou
    https://www.npa.go.jp/publications/statistics/sousa/statistics.html
     
    統計資料なら公開されているけど、個々の案件に関しては公開されていません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません