匿名質問者

特定商法取引法違反について

先日、家族が特定商法取引法違反で寝具の訪問販売で書面不交付と契約内容金額不一致で逮捕されました。
押収された、携帯には会話の録音と顧客情報があるみたいです。
余罪は3件ほどあるみたいです。
弁済はまだ済んでいません。
初犯で執行猶予つくのでしょうか?
詳しい方回答よろしくお願い致します。

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2022/11/14 23:50:06

回答2件)

匿名回答1号 No.1

前科の有る無しで量刑が変わる。

以前に確定判決で執行猶予が付いていれば、と言っても窃盗や傷害などの刑事犯罪とかだけど、その場合はおそらく実刑判決になる。

つまり初犯と言っても、特定商法取引法違反でなくても量刑には影響する。

 

また、以降は警察や金融業界などのブラックリストに載り、現在の職場も当然ながら解雇され、事件の終了後の再就職も困難になる。

弁済と言うけれど、3件で終わるわけはなく、個人で弁済して全て示談に持ち込むのは不可能に近い。

つまり、自己破産するしかなくなる可能性が高い。

経済的に困窮することから再犯の確率も高くなり、たとえ起訴猶予になったとしても、よほど頑張らないと苦しい。

 

警察の人手不足は深刻で、被害額が少なければ起訴猶予になる可能性は高い。

だけど、その手の犯罪に使われる寝具の多くは高額だから難しいかな。

最近は経済犯に対する評価が厳しくなり、確信犯でしかも主体的にやってるから、悪質だと判断される可能性も高い。

匿名回答2号 No.2

>初犯で執行猶予つくのでしょうか?

具体的な事情によります。

「契約内容金額不一致」というのが何のことかわかりません。身柄をとられているということは、単なる書類の不備ではなく、組織的な詐欺を疑われているのでしょうか。その場合は、被害額が高額であれば初犯で実刑もあり得ます。

弁護人がつかれているでしょうから、匿名で掲示板で聞くのではなく、弁護人に相談なさったほうがよいです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません