匿名質問者

高齢になると睡眠時無呼吸症候群になる可能性が高まるという話を聞いております。病院には、CPACの掲示があります。侵襲性の高い手術なら若いうちに受けたいと思います。扁桃は成人すると不要という話もあり、気道の大きさ確保という効果との比較問題だと思いますが、「咽頭扁桃」と「左右の耳管扁桃」と「左右の口蓋扁桃」と「舌扁桃」を全部かどれかを除去してしまってはどうかと思っています。


●扁桃はよほど肥大していなければ、除去しても変化は僅少である、というならば、
 侵襲性の高い手術はさけるべきと思いますが、いかがなのでしょう。
 ご意見お聞かせください。

★解剖図をみたところ、舌扁桃は、あまり影響はないのかもしれないと思っています。
 耳管扁桃は、耳のことを考えると残すべきかもしれないです。

なお、扁桃は表面に腺窩という孔が多数あり、ゴミが溜まって細菌が棲む可能性もあり、成人してからは、却って不要という意見もあるようです(ネットを見ての感想)。

回答の条件
  • 1人20回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2022/12/26 22:35:05

回答0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません