匿名質問者

給与自主返納や退職金(一時給付)自主返納の税務上の処理などについて質問です。たまたま、防衛省で、退職済みの自衛官(大幹部)に対しての処分として、戒告があり、また、減給相当額の自主返納要請がありました。

戒告って、どういう意味があるのか、将来の栄典(勲章など)に影響があるということか? どうでしょうか?
給与自主返納は、拒否すると、訴訟されるのでしょうか? 訴訟されれば、税務上の雑損控除にはいるでしょうか? 訴訟されない場合は、寄付金控除なんでしょうか? それとも、過去分についての確定申告(修正申告)の対象にできるのでしょうか?

回答の条件
  • 1人5回まで
  • 13歳以上
  • 登録:
  • 終了:2023/01/16 04:05:05

回答0件)

回答はまだありません

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

回答リクエストを送信したユーザーはいません