質問の編集履歴

< 前の版

編集後

2014/06/15 19:36:39

千島樺太交換条約のことで質問です。
ロシアは、千島を放棄して、樺太を得たというふうに思っていました。
カムチャッカ半島は、最初からロシア領と確定していたように感じます。
この条約以前は、カムチャッカ半島はどういう扱いだったのですか。
この条約を結ぶ前においては、
学校では、千島の扱いと樺太の扱いが曖昧だったのだ、この条約ですっきりしたのだ、
とは習いましたが、そのとき、
カムチャッカ半島のことは話題にもあがりませんでした。
カムチャッカ半島は条約を結ぶまでもなく、最初からロシア領だと明快な状態であったのでしょうか。

付け加えます。
松前藩が、
「1715年(正徳五年) - 幕府に対し、松前藩主は「十州島、唐太、千島列島、勘察加」は松前藩領と報告。」と・・・、
カムチャッカ(勘察加)は、松前藩領(つまり、日本の領土になってくる?)ような意味の報告をしていますから、
千島樺太交換条約の前は、
樺太と千島は曖昧だし、カムチャッカ半島も曖昧な状態の筈ではないか、と思ったので、
このような質問しました。

質問ページに戻る