人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: Gaooo
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:人間 想像 病気 精神科医 美術
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 17/17件

▽最新の回答へ

6 ● fumikef
●28ポイント

病気の改善方法として、素人判断でこの方法が良いと思い込むことは危険なので、質問に答える前に確認させていただきますが、担当された精神科医から「想像力を養うような事をする」ように勧められているということでよろしいですか?

(うつ病などの場合、無理に元気に振舞おうとしたり、励ましなどを受けると、悪化すると聞きます。)


以上の点だけ気をつけていただいた上で、ご質問に答えますが、あくまでも、私の考えです。


想像力を養には人間の観察だけでなく、そこらにある物を観察するだけでも良いです。


例えば、かっこいい自転車が置いてある、誰がどんな目的で置いてるのか、普段からおいてるのか、一時的においてるだけなのか、ロック(鍵)が厳重にかけてあるとしたら何故なのか。


妄想の類の想像力の場合、それは1つの方向についてだけ深く考えるということになるように思います。

つまり、上の例ですと、「普段はみかけないから、仕事かなにかでココに止めてるのかな、かっこいい自転車だから、持ち主が慎重にロックをいっぱいかけてるのかな」など。思い込みから想像を深くしていく方向が妄想だと思います。


想像力を養うには、ここでちょっと思いとどまり、「いや、もしかしたら・・・」と思い直すこと。そして色々な可能性を考えること。


実は「近居に住んでる人が前の自転車が古くなったから買い換えただけ」かもしれませんし、ロックが厳重なのだって、「近所の悪ガキがイタズラでやった」かもしれませんし「ロックが古くなったから新しいのと併用中」で厳重に鍵がかけてあるように見えるだけということも考えられます。


要は、1つの可能性だけを考えてしまわず、最初に思いついたことに対して、「こういう可能性もあるかな」と思いとどまることが重要だと思います。対人で相手と接しながらだと、この『思いとどまり』が難しいですが、この場合、相手は物ですからいくらでも思いとどまれます。


1つの物、1つの事象、人間相手であれば相手の反応から様々な可能性を考えることが、想像力を養うことになるのではないかと私は思います。

◎質問者からの返答

医者に勧められた訳ではありません。

医者には「薬で症状は改善するが、自分を客観視して死にたくなる人もいるので勧められない」と言われました。しかし、想像力を多少やしなったくらいで死にたくはならないと思っています。

素人考えですが、一応危険性も分かっている事からも大丈夫だと思います。

人だけではなく物も観察すると言うのは良いですね。

また、多角的に考えると言うのも「なるほど」と思いました。

参考にさせていただきます。


7 ● SALINGER
●15ポイント

人の立場にたって物事を考えられるようになるには根本的に他人が自分と同じであるということを理解しなければなりません。

他人と自分が同じということは言葉では簡単ですが、深層心理ではどうしても自分が特別な存在であると考えがちです。

一人っ子の場合特にそういう部分が欠落した人が多いような気がします。

身近な兄弟、そっくりな考え方をするもう一人の人間が近くにいると、

他人といっても同じように考え、同じように笑い怒るということが自然と理解できるからです。

他人も同じであるということを理解できたら、次の段階で自分自身をより深く知る作業に入ります。

他人と自分が同じだから、自分をより知ることで他の人がどういう風に考えるかを知ることができるからです。

自分はどういうことで喜び、怒り、感動するのか自分を深く知ることで他人が、どういうことで喜び、怒り、感動するのかがわかります。

人の立場で考えられる人というのは、自分を通して他人を理解しているんです。

人間観察もいいかもしれませんが、まず、他人が自分と同じであると理解すること。そして、自分を知ることです。

◎質問者からの返答

なるほど。

参考にさせていただきます。

PS.世間一般に“想像力が無い人”に対する誤解を生じてしまうのではと気になったので補足します。

他の想像力が無い人の事は分かりませんが、想像力が無い私が“他人と自分が同じである”と考えると1つの弊害が有ります。

それは“私が考えるように他の人も考えるだろう”と考え、人の気持ちが分からなくなる事です。むしろ“他の人の気持ち”と言う事は一切考慮に入りません。何故なら“人にも気持が有る”事が想像できないからです。

本来、自分とは異なる背景・人格の持ち主なのですから例え一緒に話をしていても自分だけは面白く相手はつまらないと感じる事は普通に有りえる事だと思います。しかし私は以前“自分が面白いと思っているのだからこの話題を続けて良い”としか考えていませんでした。

また、自分が楽しい話をする事だけが重要なので、結果として同席する人を傷つけても、空気を白けさせても原因が自分に有ると言う事が分からないのです。何故なら人の気持ちが“想像できない(思いつかない)”からです。


8 ● なぽりん
●15ポイント

「病気の改善方法として、素人判断でこの方法が良いと思い込むことは危険なので、質問に答える前に確認させていただきますが、担当された精神科医から「想像力を養うような事をする」ように勧められているということでよろしいですか?

(うつ病などの場合、無理に元気に振舞おうとしたり、励ましなどを受けると、悪化すると聞きます。)」

という方がいらっしゃいましたが、私もまず↑のとおりお答えしたいと思います。実際にあなたと会っているお医者さんよりも良い案を提出できる自信など、私にはありません。病気の症状が「想像力がない」のですから、原因は病気なのです。

でも普通に想像する力が失せてしまうことはあるようですね。

そういうときは私なら

* 余計なことをかんぐらないようにする(小説だとここでこうなる・・・などの余計な想像は無駄に疲れるから辞める)。一般的世間というものは、小説を年に2冊以下しか読まない人が8割くらいでできています(ミリオンセラーの小説は100万冊売れたのですが、日本の人口は1億3千万人。100人に1人が買っただけで「とても良く売れた小説」ということになるわけ)。そういう人たちのつくりだす常識というものを理解しましょう。なにも起こらなくてあたりまえ、なにも起こらない日々が大切、というような感じでみんな生きています。

なお、だからといって小説を読むのを辞めろという気はありません。むしろ2次創作を手がかりに小説への愛情を理解してくれる仲間を探して、小説をネタにして盛り上がれる相手とはどんどん盛り上がることで、うまく発散させたほうがいいかもと思うくらいです。ただ、日常と架空は別の世界だとしっかり理解するためには、本・ゲーム・動画から遠ざかって旅行などすることも検討したほうがいいです。

* 人をすぐキャラづけしない。 人のやることは千差万別です。架空の小説に出てくる一般人は、一万円が道に落ちていたら必ずすぐ拾おうとしますが、現実ではそうではありません。車で踏みつけて気がつかない人とか、直接触るのもちょっと怖いので警官に拾わせようと通報する人、別のことに気を取られてて全く気がつかない人など。日本人の中だけでも対応は千差万別ですし、全世界の人でいうと、落ちている一万円札の価値が全く理解できない人のほうが多いわけです。だからちょっと会っただけの相手の考えをすべて想像しようとしても、すぐには無理です(普段あったことのない人ほど、自分の理解の及ばないことを考えている可能性が高い)。

* コミュニケーションの経験をつむ。 普段会ったことのない人でも全世界的に通用する「笑顔」「顔をしかめる」などは一番根本的な手がかりです。次に使える手がかりはやはり言葉です。「どうしたの?(どうなさいましたか?)」「いま、どんなことを考えてたの?」などを沢山挟んで、聞き上手な会話ができるようになりましょう。返事が返ってきたらしっかり理解します(わからない点は控えめにたずねるなど)。

*気力を挙げすぎず下げすぎず 「どうしたの」という質問に返事がもどってきても、気力が適度なレベルでないと、相手のことを理解したり、適切な対応をして次を想像することもできません。(気力がありすぎてもなさ過ぎてもうまく相手の立場を想像できません)。ですから、もしお医者さんにかかっているのであれば、無理せず、まずは治療に専念してください。

◎質問者からの返答

No6の回答につい先ほど書いたのですが、医者に勧められた訳ではありません。

症状が治る事による危険性も承知していますので、回答をお願いします。

本・ゲーム・動画から遠ざかるのは良いですね。

機会を見てやってみるかもしれません。

また、人をすぐキャラづけしないと言うのも私に欠けている所ですので参考にさせて頂きます。

コミュニケーションの経験ですが、確かに私に欠けています。職場や友人との会話の中で修行中です。経験を積むべきだと言うのは、ごもっともです。

気力を上げすぎず下げすぎず、と言うのも実は気をつけています。私は以前、早口の傾向が有ったのですが、敢えてゆったりした口調に切り替えました。それにより、相手への過度な反応を抑えたり心境をゆったりさせるようにしています。最初は違和感を持つ知人もいたようですが、今では馴れて貰ったようです。


9 ● kaori-t
●15ポイント

病気の名前が具体的に書かれていないので、勝手に想像して回答させていただきたいと思いますので、もし見当違いでしたらごめんなさい。

精神科医から診断を受けた疾患が、もし先天的な脳の発達障がいだとしたら、それは、治療するとか、克服するという病気とは少し違うと思います。

まず、自分の想像力を育てるために努力をする前に、身近な人たちに、自分の病気について知ってもらうことのほうが効果的なのではないかと思います。

自分にはこのような特徴があるのだということを知ってもらい、少しでも問題を少なくするために努力したいと思っていること、そのために、周りの人にも協力してもらいたいということを伝えるのです。

自分と接しているときに、感じたことをそのまま伝えてもらえれば、自分の次の言動に気をつけることが出来ると思うのです。

たとえば、「あなたはどうして太っているの?」と相手の気にしていることを悪気もなく聞いてしまったとしても、そういう特徴を持った病気だと知らなければ、相手は不快に思い、離れていってしまうかもしれませんが、特徴を知っていれば、「私はそのことを言われると、あまり気分がよくないからもう言わないでね。」とアドバイスがもらえるかもしれません。

また、普段は表情だけで伝えるような「こうしてくれたことがうれしかったよ。」という肯定的な気持ちも、具体的に言葉に出して教えてもらえるかもしれません。

そういうことを繰り返していくうちに、経験として言ってはいけないこと、相手が喜ぶことなどがわかってくると、社会生活における支障も少なくなってくるのではないでしょうか?

知的障がいなど、目に見える症状がないとすると、周りからは「病気」ではなく「性格」として捉えられてしまうために、問題が生じるのだと思うのです。

足が不自由な人は、見た目で理解してもらえるので、周りからサポートも得やすいのです。

精神的な症状も、自分から周りの人にわかってもらうようにすれば、サポートしてもらいやすくなると思います。

以下のサイトは、私の思いついたそのような疾患の一例です。

周りの人にも、文章で伝えると、理解してもらいやすいのではないかと思います。

参考になれば幸いです。

http://www.autism.jp/asp/

http://hb8.seikyou.ne.jp/home/shimauma-e/discpcy_asd-yoshida1-1-...

◎質問者からの返答

実のところ、先天なのか後天なのか分かりません。

次回の診断時に聞いてみようと思いますが、子供の頃の情報が不足しているせいで診断が下せない部分もあるそうですので、結局わからないかもしれません。

なお、周りの人に知ってもらうと言う事は、私の今後の課題です。

重要な問題だとは思っていますが、今のところ答えが出せていません。


10 ● AZUY
●15ポイント

こんにちは。

質問文の想像力は常識とかそういう類のことだと思います。

「通常、普通の人はこう感じるでしょう」という部分が想像できないと

言うことだと解釈しました。

小説、漫画、ドラマ、アニメ、新聞記事なんでも良いですが、

それに関して、周りの人はどう感じてるのか、なぜそう感じたのかを

を丹念に考えるしかありません。

美術・音楽・人間観察は無駄だとは思いませんが、

そのことに関して、ほかの人と意見交換したりしない限りは、

効果が薄いと思います。

◎質問者からの返答

>小説、漫画、ドラマ、アニメ、新聞記事なんでも良いですが、

>それに関して、周りの人はどう感じてるのか、なぜそう感じたのかを

>を丹念に考えるしかありません。

分からないので教えて下さい。

具体的な例を挙げるなどして、補足して頂けませんか?


6-10件表示/17件
4.前5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ