人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: teramonyo
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:URL サイト 中小企業 会社 倒産
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

6 ● winbd
●17ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%B...

会社は、自然人と同様、それ自体が権利・義務の主体となることができる権利能力を有している。すなわち、会社はその構成員とは区別された法人格 (legal personality) を有する[3]。これにより、会社は自己の名において事業を行い、財産を取得・処分し、契約を締結し、借入れを行うことができる。そして、経営者や株主に対して債権を有する債権者も、別人格である会社の財産に対しては債権を行使することができない[4]。

法人格というのは独立して財産を保有するという決まりがありまして、法人の持つ債権や債務を個人間に移行させることは出来ません。

よって、倒産した場合は会社とともに負債も無くなります。


当然、銀行は大損することなりますが、だからこそ銀行は中小企業に対して信用を担保に貸し出しすることは非常に少ないです。

ビルや土地など現金価値のあるものを保有していればそれを担保にして貸すことはありますが、その場合は倒産してもビルや土地を回収して被害を最小限にすることが出来ます。


7 ● nekomanbo56
●17ポイント

民事再生法が認められれば

一般債権(再生債権といいます)のみ減免となる。

再建計画により異なリますが、70%前後の債権カットを受け、

残債は最長10年の返済です。


企業存続の可能性ない場合

中小企業の企業倒産の90%以上が私的整理であり、

清算型がその90%以上を占めています。

中小企業の法的整理はと言うと、その殆どは破産です。

私的整理の場合、法律上の制限が無く手続きは多様化しています。

債権者も取引先以外の金融業者や、債権譲受人など

怪しい人達もいます。

この人たちが経営者個人を攻め立て、債権者平等の原則を

無視した取立てを行ないます。

http://members.jcom.home.ne.jp/united/no6.html


6-7件表示/7件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ