tsubasa回答ポイント 60ptウォッチ 2

【消滅時効:実体法説と訴訟法説】裁判上消滅時効を援用した債務者が、その債務を弁済したとき、その弁済は{「非債弁済」となる(実体法説)|「自然債務」となる(訴訟法説)}ため、もはや債権者に弁済の返還を求めることはできない、という見解があります。この区別がよく分かりません。分かりやすくこの 2 説の比較をしている Website をお教えください。なお、内田貴『民法 I 』(第 3 版)の「時効の援用」「援用の場所」、伊藤真『民法総則』(第 2 版補正 3 版)の「時効の効果と援用・放棄」Wikipedia の「消滅時効」、「時効」は参照済みです。無関係な URL、匿名掲示板の投稿のみに依拠する情報やご自身のご感想・ご意見はご遠慮ください。

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2006-10-18 11:10:35
終了日時
2006-10-23 10:23:22
回答条件
回答にURL必須 1人2回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

消滅時効10Wikipedia596民法134債務者46債権者52債務87裁判447時効61訴訟246URL11376匿名掲示板35

人気の質問

メニュー

PC版