aoi_ringo回答ポイント 280ptウォッチ 2

「ほんとにありがとね」その人はわたしに言う。残念ながら、「わたしがむすめ」だということはもう分からないらしい。何度も何度も頭をさげる。「本当にどこのどなたか知りませんが、ありがたいことで」「いえいえ、仕事ですから」その人の中では、わたしは、ヘルパーさんということになっている。「あんたも、おかあさん、いらはるんか」何度も質問された。「え、ええ。田舎で元気に暮らしています」「そっか、そりゃええ、わしみたいにならんうちに孝行しなはれや」「そうですね、山岡さん」。わたしは、わたしの旧姓を呼ぶ。「じゃあ、また来週きますね」「おおきにな。あんたの親御さんにもよろしゅうな」。わたしは、帰りの軽自動車の中でいつも涙が止まらない。「創作はてな」です。よろしければ、続きをお願いします。

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2006-11-03 17:33:49
終了日時
2006-11-05 18:37:54
回答条件
1人1回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

はてな5886軽自動車120ヘルパー68

人気の質問

メニュー

PC版