くたくた回答ポイント 165ptウォッチ 2

2000万の連帯保証人になってしまい、債務者(A)に返済能力がない事から金融機関から連帯保証人に返済を求められています。連帯保証人は2名(BとC)。

Aに田畑があった事から、それを売って1000万になり、返済額は1000万に減りました。その後、金融機関との話し合いで、延滞料等をまけてもらい返済額は600万円になりました。
この600万円をBCで金融機関へ一括返済し、今後はAからBCに毎月返済をしてもらおうと考えています(AとBCの貸借関係)。
Aはすでに年金生活になっていて、Aの年金が入金されたらそれをすぐにBCの口座に振り込みするされるように銀行にお願いしようと考えています(Aの生活費は、Aの妻が支出)。
それと、Aには土地付きの家があり、その権利書を担保として預かろうと考えています(この土地付きの家は、家の解体費用などを考えると価値としては0だそうで、返済の原資にはできませんでした)。
以上の2点を考えているのですが、法的に問題ないのか、またこの他に良い方法があるのかお訪ねします。
また、不明点があってそれが分からないと回答できない場合は、ご質問下さい。

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

みんなの回答

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2007-05-30 10:32:31
終了日時
2007-06-04 17:48:34
回答条件
1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

年金生活27債務者46年金471金融機関220連帯保証人62支出107

人気の質問

メニュー

PC版