松永英明@ことのは回答ポイント 70ptウォッチ 3

現在の国家観すなわち「ネーションとしての国家」という枠組みを基準として考える「ナショナリズム」という概念が生まれたのは近代以降のことであり、歴史の浅い新しい考え方ですが、以下のことについて正確でわかりやすい資料等をご教示ください。サイト以外にも書籍・論文等でも結構です。

・近代の「ネーション」という発想、ナショナリズムという思考回路が生まれた歴史的経緯
・近代の「ネーション」という発想、ナショナリズムの日本における受容の経緯
・ナショナリズムの誕生と「国境」の誕生についての歴史的経緯
・「ネーション」的な国家観が生まれる以前の国家観そのものの歴史
※ここでいう「ナショナリズム」とは、いわゆる右翼民族派的な偏狭なものに限らず、ネーションとしての「国家」という概念をもとに考えることととらえてください。たとえば「和語・外語」ではなく「国語・外国語」というふうに「国」という単位・枠組みを基準にして考える思考がどのようにして生まれ、定着してきたかということを知りたいのです。

※ 有料アンケート・ポイント付き質問機能は2023年2月28日に終了しました。
ログインして回答する

ベストアンサー

その他の回答

この質問へのコメント

コメントはありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

質問の情報

登録日時
2009-04-16 10:24:12
終了日時
2009-04-21 09:16:59
回答条件
回答にURL必須 1人5回まで

この質問のカテゴリ

この質問に含まれるキーワード

ナショナリズム8右翼62外国語242論文841

人気の質問

メニュー

PC版